美容

アトピー性皮膚炎などの湿疹への対処法7選

湿疹はアトピー性皮膚炎とも呼ばれ、皮膚の乾燥、赤み、かゆみなどを特徴とする慢性疾患です。湿疹の正確な原因はまだ解明されていませんが、遺伝性のものと考えられており、特定の誘因を受けて発症する傾向があります。湿疹は、喘息やアレルギーの家系の人に多くみられます。これまでに蓄積された情報をもとに原因となるもとを避け、特定の治療法を用いることで病気をコントロールすることはできると言われています。

 

ステロイドクリームを使用する

クリームなどの外用薬は、湿疹を治療する際にまず試してほしい用法です。コルチコステロイドクリームは、湿疹から生じるかゆみを抑えるのに役立ちます。ある臨床研究では、回答者の80%が湿疹や皮膚炎にヒドロコルチゾンがよく効いたと答えています。湿疹の治療に、コルチコステロイドクリームまたは軟膏を使用すべきかどうかは医師に確認する必要があります。
医師の処方で得たコルチコステロイドクリーム、もしくは1%ヒドロコルチゾンクリームなど市販の製品を試してもいいと思います。
市販のヒドロコルチゾンクリームを使用する場合、1日2~3回、7日間使用する。7日間で改善またはかゆみの軽減が見られない場合は、使用を中止し、医師に相談する。
処方されたステロイドが必要かどうかは、医師に聞いてください。これらは、1%のヒドロコルチゾンよりはるかに強力で効果的です。
処方された局所用ステロイドで改善しない場合、医師は全身用コルチコステロイドを勧めることがあります。
市販のステロイド剤の量は少ないですが、パッケージや医師の指示通りに使用してください。副腎皮質ステロイドを使いすぎると、皮膚が薄くなったり、赤くなったり、にきびができるなどの副作用が出ることがあります。

 

抗生物質については、医師の確認が必要

湿疹はかゆみを引き起こすため、かゆみのある皮膚を掻いて傷つけてしまうと、細菌性の皮膚感染症にかかる危険性があります。医師は、感染症を治療するために、抗生物質の服用を勧めることがあります。
抗生物質は必ず医師の指示通りに服用し、感染が治まったように見えても、治療法に従うようにしてください。

 

カルシニューリン阻害剤を使用する必要がある場合は、医師に相談

これらのクリームは、かゆみを制御し、湿疹の悪化を抑えるのに役立ちます。しかし、処方箋のみのクリームは、他の薬剤が副作用のために失敗した場合にのみ使用されるべきです 。
カルシニューリン阻害剤には、タクロリムス(プロトピック)およびピメクロリムス(エリデル)が含まれます。

 

光線療法を試してみる

光線療法は、自然の太陽光や人工の紫外線を利用して、過剰な免疫系を抑制することで皮膚の炎症を抑えます。その結果、発疹やかゆみを和らげることができるのです。湿疹に用いられる最も一般的な光線療法は、ナローバンドUVBと呼ばれ、全体的に非常に安全で効果的な治療法です。
長期の光線療法には有害な影響(皮膚の老化やがんのリスクなど)があるため、光線療法を行う前に医師に相談してください。
光線療法は、日焼けサロンに行くのとは違い、医師の診察室でのみ実施するものです。
子どもがアトピー性皮膚炎である場合、ナローバンドUVBは安全であると考えられています。この治療法については、医師に相談してください。

 

漂白剤入りのお風呂に入る

漂白剤を薄めたお湯で入浴すると、皮膚の細菌感染を抑えることができます。週に2~3回、数週間、漂白剤風呂に入り、症状が緩和されるかどうか試してみてください。

ただしこれは海外の人がよく使う方法で、日本で推奨する人はほとんどいないそうです。
浴槽のお湯に1/2カップの漂白剤(濃縮漂白剤ではなく、家庭用漂白剤を使用)を入れます。患部の皮膚(顔ではない)だけを10分間浸します。ぬるま湯で洗い流し、保湿します。
オートミール風呂を試してみるという方法もあります。オートミールに含まれる成分には、抗炎症作用とかゆみ止め作用があり、肌をとても落ち着かせることができます。

肌の弱い人、皮膚炎、アレルギーなどで困っている人のためのヒント(オートミール風呂など)

冷湿布を使う

氷嚢を湿疹のできやすい場所に当てて、かゆみを和らげましょう。冷たい水に浸した清潔な濡れ手ぬぐいを使用することもできます。
冷湿布は、皮膚の保護にも役立ち、かゆみを伴う皮膚を掻くのを防ぐことができるかもしれません。

 

掻かないようにする努力

かゆみのある皮膚をかきむしりたくなることがありますが、できるだけ避けるようにしましょう。掻くことで皮膚が傷つき、細菌感染を引き起こす可能性があります。
皮膚の損傷を最小限に抑えるために、爪を短くしてください。
また、夜間は手袋をして、寝ている間に掻いてしまうのを防ぐとよいでしょう。
また、掻くことを防ぐために、皮膚を包むとよいでしょう。湿疹のできやすい部分の皮膚は、寝るときに包帯やガーゼで覆っておきましょう。

ユーチューブでの情報収集も今は欠かせないかと思います。

アトピー改善の方法を専門家が語る動画もたくさんさがすことができます。

口コミからアレルナイトプラスの効果なしの噂、評判を検証してみた

-美容

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5