トレンド

オーディブルとは?アマゾンのAudbleの登録方法、使い方や返品回数を解説




アマゾンのオーディブルって何?

今、アマゾンのオーディブル(Audible)というサービスがじわじわ浸透してきています。英語のaudible、意味としては「聞こえる、聞き取れる」という訳になりますが、アマゾンのサービスとしてはオーディオブックをデータで買って、PCもしくはスマホやタブレットのアプリで聞くというサービスのことです。

以前は月額を払って聞き放題という内容だったのですが、現在は月額1500円でワンコイン付与というちょっとわかりにくい形になってしまったので、その概要をわかりやすくまとめてみました。

まずはアマゾンのAudbleに登録が必須

もちろんアマゾンのオーディブルに登録をしないで、オーディオデータを買うという選択肢もあるのですが、基本的にオーディオブックというのは高いです。本の作者、編集業務という通常の作業プラス声優さんの録音という手間がかかっているわけなので、本よりは高いというのが常識です。読まずに聞くことで知識を簡単に手に入れられる代償ということかと思います。

←オーディブルの無料キャンペーンへクリック

前置き長くなりましたが、オーディブルの月額は1500円、もし会員登録あしでデータを買おうとすると、大体2千円台、3千円台が主流なので登録なしで買うメリットはありません。

オーディオブックはそもそも高い

しかも登録すると最初の30日無料なので、オーディオブックが一冊タダ(このキャンペーンも永久ではないと思いますが)なので登録なしでは買わないようにしてください。もしそんなに年間に何冊も買わないという人がいても、すぐに解約すればいいだけなので、この手間ぐらいは我慢してください。

無料期間に手に入れたオーディオブックのデータは30日以内に解約してもそのまま貰えます。

オーディブルの仕組みは?

オーディブルのコインの仕組みがいまいちわかりにくいという声があります。まずはシンプルに箇条書きで説明します。

  • 毎月定額1500円を支払う
  • ひと月コインが一枚もらえる
  • そのコインでオーディオブックと交換(購入)ができる
  • 値段が1500円以上のものでもそのコインで買える(値段は関係なし)
  • どんな理由でも返品を受け付けてくれる
  • ひと月二冊目以降買う場合は定価の30%オフで買える
  • コインは翌月繰り越し可能

簡単に説明するとこんな感じです。

オーディブルで「世界一わかりやすいマーケティングの本」を読んでみた。ネタバレ注意

オーディブルで「世界一わかりやすいマーケティングの本」を読んでみた。ネタバレ注意 マーケティングとは?作者はこの根本的な質問に対し、「人と人とをつなぐあらゆる駆け引きを説明するもの」と定義しています。 ...

続きを見る

二冊目以降は別途現金が発生しますが、基本的に高いオーディオブックが毎月1500で最低1冊は読めますよというのがざっくりとした内容です。

しかしここにはお得な裏ワザが存在します。

↓↓↓↓↓↓↓

オーディブルの返品という裏ワザ(悪用は厳禁)

前述したようにオーディオブックというのは高いんです。

普通のCDなどの現物で買っても2,3千円、高いものだと1万円近くします。

それが1500円で買えるのですから基本お得なんですが、アマゾンはオーディブルで返品可能というあり得ない太っ腹なサービスを付随しているのです。

つまりオーディオブックを買いました、聞きました、気に入りませんでした、返品します、わかりました、という順番でコインが返ってくるんです!

で、返ってきたコインでまた別のタイトルを購入することができるというあり得ないサービスを提供しています。

ただこの返品の回数についてはネット上でも様々な情報が飛び交っていて、実質何回まで出来るんだという確かなものはありません。返品を受け付けるとはいえ、そこは常識の範囲内での返品に限るということです。
常識って何回まで?となるかと思いますが、参考までにツイッターなどで見られる生の声をいくつかピックアップしていきたいと思います。

↑バナークリックでオーディブルの無料キャンペーン↑

オーディブルで「嫌われる勇気」を聴いてみた

  オーディブル(Audible)で「嫌われる勇気」を聴いてみた 以前も紹介したアマゾンのオーディオブックのサービス、オーディブル(Audible)で「嫌われる勇気」をダウンロードして聴いて ...

続きを見る

オーディブルは返品可能ではあるんですが、度がすぎると返品不可の表示が出てきます。これは何回で不可になるかというのは、人によって違います。この違いはどのくらいの期間の間に何回返品を繰り返したかで変わってくるようです。短時間であれば18回成功したという実証レポートなどもあったりしますが、アマゾンのAIがどのように判定しているかはブラックボックス、不明です。
そして画面上で返品不可となってもカスタマーサービスに電話、もしくはメールで問い合わせすることで不可は解除され、コインが戻ってくるという報告も多数出ています。ただしこれも無限に許してくれることはないと思います。アマゾンは通常の商品でも返品に対してはカスタマーファーストで、寛大に返品を受け付けてくれます。しかし過度な返品の客に対しては、アカウント停止を容赦なくやってくるという怖い一面も併せ持っています。

あくまで返品は常識の範囲で、自己責任でお願いします。




-トレンド

© 2020 ザッタポ Powered by AFFINGER5