英語

一歩先を行く英語上達法、クロスワードや英語アプリの活用

一歩先をいく英語上級者に向けていくつかのポイントを上げてみたいと思います。

今はインターネットで簡単に海外のサイトにもアクセスできますし、英語のアプリをダウンロードすることも容易です。

そういった環境を有効に使うことでよりネイティブに近い英語に近づくころができると思います。

何でも読む あらゆる面で英語を上達させる

最善の方法は、積極的に読むことです。難しい本を読む、くだらない本を読む、長い本を読む、雑誌を読む、シリアルの箱、ビルボード、プログラムなど、何でも読んで、自分を言葉で囲い込んでください。いろいろな本をたくさん読めば、語彙力がアップするだけでなく、スペリングにも役立ちます。さらに、テレビを見る代わりに、素晴らしいエンターテイメントにもなります。
授業中など声に出すのが難しい場合は、家に帰って声に出して読んでみることが大事です。単語を読みこなすことに慣れれば慣れるほど、発音や話し方に自信が持てるようになります。また、本当に素晴らしい文章がどのように聞こえるかを聞くのも楽しいものです。好きな歌の歌詞をみながら歌を歌うというのもいいかもしれません。

口コミからECC外語学院の評判は?料金や教材費などもまとめてみた

スペルミスしやすい単語を覚えよう

英語には一貫性のないものも多く、すべてを音にして正しいスペルを書くことは困難です。"comb "の最後には音がないのになぜ "b "がつくのでしょうか?なぜ人々は「conch」を「konk」のように発音し、「church」を「churk」のように言わないのか?誰にもわからない。私たちは皆、自分を苦しめる言葉を持っているので、スペルを覚え、覚えるのに苦労する言葉を暗記するのが一番です。  一般的に、スペルを間違えたり、苦労する言葉には、次のようなものがあります。

  • definitely
  • beautiful
  • believe
  • library
  • nuclear
  • neighbor
  • ceiling
  • exercise
  • vacuum
  • villain
  • jewelry
  • license

これはもう数をこなすしかないというのが答えかもしれません。

受験英語的なテクニックも大人になってもう一度おさらいすると意外に役にたつことがあります。

口コミからトーキングマラソンの評判や効果をチェック!キャンペーンについても解説

トリッキーな単語を覚えるには、記憶術を使う

人が言葉を綴ってきたのと同じくらい長い間、人は言葉の綴りを間違えてきました。新しいことではありません。幸いなことに、昔からたくさんのちょっとしたコツが伝えられてきました。

  • You cut a piece of pie
  • You hear with your ear
  • Because Elephants Can Always Understand Small Elephants. Just because.
  • Never believe a lie.
  • An island is land.
  • Eee! A cemetery!

言葉遊びをする デジタルやアナログの言葉遊びがたくさんあります。宿題とは違い、楽しい方法で定期的に言葉に親しむことができます。Boggle、Scrabble、Bananagramsなどのボードゲームでスペリングの筋肉を鍛え、クロスワードパズルで語彙を増やすことができます。携帯電話では、Crosstix、Hangman、Word Scrambleが無料で遊べますし、人気のゲーム「Words with Friends」で友達に挑戦することもできます。ただ指を動かすだけのゲームよりは何倍もマシです。英語のアプリをダウンロードして遊んでみるのはおすすめです。

段階を踏んで、質問自体も英語のクロスワードパズルへ移行できれば最高だと思います。

スピークバディの口コミや評判、料金や無料じゃないの勘違いとは?

スペルチェッカーをオフにする

海外の調査では、 "definitely" のスペルを正しく書けないネイティブは多く、3分の2の人が "necessary" の正しいスペルを言えなかったという結果もあるようです。これを「オートコレクト」効果と呼んでいますが、スペルチェックは言葉を正しく綴る能力に悪影響を及ぼす可能性があるようです。スペルの友や松葉杖を取り除くことは、死よりも悪い運命に思えるかもしれませんが、言葉を覚えて正しく綴ることを自分に強いることは、良いことかもしれません。提出する前に、スペルチェッカーにかけることは可能です。とにかく練習しましょう。日本人でも感じの変換、予測変換などが原因で漢字能力が落ちているのと同じことです。

口コミから「bわたしの英会話」の評判を探ってみる【料金はどんな感じ?】

受動態ではなく能動態を使う

動詞には受動態と能動態があり、良い書き手は常に能動的です。受動態は、科学レポートや一部のテクニカルライティングに適しており、文章に距離を置いている感じです。一方、能動態は自ら認識を要求します。全く同じ動詞を使っても、文章はずっと活動的で生き生きとしたものになります。能動態の文章は良い文章です。
受動態:"The city has been scorched by the dragon's breath." ここでは、文の主語である都市が何か(竜の息)によって変化する行為であるため、文中の動詞は be動詞になります。
能動態: "The dragon's breath scorched the city." 竜の息が街を焦がした。ここでは、ドラゴンが文の主語であり、より強い動詞scorchが文の動詞として使われています。

受け身であることよりこちらから仕掛けている文章の方が評価されるというのは英語圏ならではの価値観かもしれません。

口コミからKimini英会話の効果や評判を検証!小学生から大人まで受けられるって本当?

-英語

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5