英語

英語の挨拶は簡単なようで奥が深い?コミュニケーションの基本は挨拶から!

英語挨拶

外国語を学ぶとき、挨拶の仕方は相手によって、またフォーマルかインフォーマルか、その地域や国で何が一般的かによって異なることが多く意外に難しいポイントかもしれません。

人との関係の中で挨拶が重要な役割を占めるのは世界共通です。

挨拶ができない人は日本に限らず人として大丈夫?と思われがちなので気を付けたいところです。

 

正式な行事や要人、権威のある人に挨拶するときは、フォーマルな挨拶をしましょう

例えば、ビジネスミーティングなど、肩書きや地位のある人、あるいは最大限の敬意を払わなければならない立場の人に会うときには、必ず挨拶をします。このような場面で使える挨拶としては、以下のようなものがあります。
「Good morning(おはようございます)」「Good afternoon(こんにちは)」「Good evening(こんばんは)」。これらは、挨拶する際に必ず使う丁寧な呼び方です。
「How do you do? ( はじめまして)」「I am very pleased to meet you.(お会いできて大変光栄です)」などもフォーマルな挨拶の一例です。

 

相手の地位や爵位などがわかる場合は名前にそれらをつけたすことが常識となってきます

"Good evening Lady Haversham. I am honored to meet you. (こんばんは、ハヴァシャム夫人。 お会いできて光栄です)
"Good afternoon King William. It is a pleasure to make your acquaintance. (こんにちは、ウィリアム国王様。お目にかかれて光栄です)

"Good morning Your Royal Highness.(おはようございます、妃殿下)

相手の身分がわからない場合は、SirまたはMadamと言い、正式な肩書きがわかるまで、敬意を表すのが一般的です。

 

 

挨拶を完成させるためのジェスチャーを考慮する

場合によっては、適切な儀礼にしたがって、以下のようなものが適切かもしれません。

  • 軽く、または深くお辞儀をすること。
  • 帽子を取る。
  • 握手が適切な場合はしっかりと手を握り、粗雑にせず長く握りすぎたりもせず、自信を持って握手をする。

 

知り合いや、カジュアルな場ではかしこまらず挨拶するようにしましょう

カジュアルな挨拶には以下のようなものがあります。

Hi"、"Hey"、"Hello "がまずは試しやすい例かと思います。"Hey "は "Y世代 "の間で最もよく聞かれるので、若い人たちに使うのがベストです(ただし、X世代も使っているのを見ることができるかもしれません)。"Hi "は通常多くの人に問題ありませんが、helloは、自信がないとき、相手が自分よりずっと年上であるとき、または自分にとって不慣れなときに非公式に挨拶するための標準的で丁寧な方法です。
greetings!" や "salutations" を試すのもアリかもしれません。これらはそれぞれ意味がありますが、多くの耳には少し古臭く聞こえ、あなたがかなり古い本から英語を学んだことを聞き手に気づかせるかもしれません。外国人だから許される古臭い表現を使ってちょっとした笑いをとることもできるかもしれませんが、現実的には使わなくてもいいかもしれません。相手が言ってきた時のために意味を知っておくぐらいでいいのではないでしょうか。
How are you?" や "Great to meet you/see you" 、これがもしかすると一番使いやすい表現かと思います。
単に"Hi"だけだろ素っ気ない感じもするので、文章という形の方が相手に与える印象はいいかもしれません。

『あいうえおフォニックスの英会話』はわかりやすい動画が多くおすすめです。

【2022年最新】口コミから30日間英語脳育成プログラムの評判をチェック!教材や料金など調べてみた

握手をすることは普通

初対面の相手に良い印象を与えたいのであれば、握手をした方が良いかもしれません。
日本人同士ではあまり初対面で握手というのは少ない気もします。
例えば芸能人がカメラの前で初対面で握手をするというのはよく見ますし、ファンの人が有名人に握手を求めるということも普通ですが、一般人の生活の中、会社やプライベートも含め握手をするというのは何か特別なシチュエーションに限定されると思います。
ただ欧米ではそこまで特別でもないので気軽に握手をしても問題はないでしょう。

口コミからトーキングマラソンの評判や効果をチェック!キャンペーンについても解説

臨機応変にグループに合わせる

もし、そのグループ独自の馴染みのある挨拶がある場合は、何を言っているのかを聞いて真似をするのもそのグループに溶け込む一つの手段です。例えば、次のような感じ、"Hey", "Whassup?", "What's crack-a-lackin'?" といった具合です。そのコミュニティや内輪独特の挨拶というのもあるので、外国人のあなたがその言い回しを使うことでグッと距離が近づく場合があります。自信がない場合は、友人に自分の言っていることが大丈夫なのか確認してもらうといいと思います。注意したいのは同じ人種間でしか通用しない表現などもあるので、そこは気をつけてください。ボコボコにされるケースもあると思います。

【2022年最新版】口コミからECC外語学院の評判は?料金や教材費などもまとめてみた

他言語で挨拶をする

アメリカなどメルティングポットと呼ばれる多くの国籍が入り混じる社会では、外国の挨拶も知られていたりします。ほとんどの人が "Hola", "Bonjour", "Namaste" などを理解しているので違う言語の挨拶を織り交ぜるのも効果的なケースがあります。ただ、やりすぎると逆に気を悪くする人もいるので時と場所を選ぶことが必要です。初心者の日本人は慣れるまでは使わない方がいいテクニックかもしれません。

英語以外の挨拶の幅を広げておくのも大切かもしれません。

CASEC(キャセック)の受験方法、申し込み方法、対策や口コミなどまとめてみた

-英語

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5