英語

英語の勉強を毎日続けるためのコツ、英語脳を作るヒントなど

英語の勉強を日々続けていくためのコツ、ポイントについてこの記事では書いていきたいと思います。

嫌でも日本にいれば日本語に触れて日本語を喋る環境にいる中で、違う国の言葉をマスターしていくのはそう簡単ではありません。

毎日の積み重ねを続けていくヒントになればと思います。

 

モチベーションを保つこと

新しい言語を学ぶ場合、流暢に話すという目標をあきらめず、モチベーションを維持することが重要です。

語学学習の目標を達成するために、自分がどれだけ努力しているかを思い出しましょう。

英語をマスターしたら、どんな素晴らしい体験や機会が待っているか考えてみてください。

世界中の英語圏の人々と会話し、新しい刺激的な関係を築き、これまでにないほど英語圏の文化に触れ、新しい語学力の結果、キャリアアップにつながる可能性もあります。

 

毎日の練習

早く流暢に話せるようになりたいなら、毎日練習することが必要です。

新しい言語の学習は繰り返しが基本なので、勉強の間隔が空きすぎると以前に学んだことをすべて忘れてしまい、また最初からやり直さなければならなくなり、貴重な時間を浪費してしまいます。

しかし、英語が嫌になるほど勉強する必要はないと思います。

日によって読解、聴解、作文練習、文法の勉強など、毎日異なる課題をこなすことでモチベーションを維持するようにしてください。

とにかく英語に触れる時間を絶やさないのがポイント。

日本にいながら英語を流暢に話せるようになるためには、自ら英語に囲まれた環境を作るしか方法はありません。

YouTubeにも英語上達のヒントはたくさん隠れています。

スピークバディの口コミや評判、料金や無料じゃないの勘違いとは?

英語で考えるクセを身につける

英語が得意な人から流暢な人になるための1つの方法は、実際に英語で考えるように脳をトレーニングすることです。

頭の中で常に母国語から英語に翻訳し、また元に戻すことは、時間とエネルギーを消費します。

どの言語にもニュアンスや癖があり、ある言語から別の言語へ正確に翻訳することは不可能な場合があります。

そのため、英語で考えるように脳をトレーニングすれば話すときも書くときも、より自然で流暢な英語が話せるようになります。

英語でコミュニケーションするときは英語脳をオンにして、母国語脳をオフにする必要があるのです!

これは、スイッチのようなものだと考えてください。

英語脳を作るコツとして、少しハードなやり方ですが丸一日英語漬けの生活を送ってみるというのがあります。

部屋に缶詰めになってトイレやシャワー、ご飯以外はひたすら英語の勉強をする。

おすすめは新聞でも小説でもなんでもいいのでとにかくひたすら翻訳を続ける、慣れないうちは英和辞書でいいのですが理想としては英英辞書を使って、ひたすら頭がボーっとするまで英語、英語、を脳に送り込むことです。

意味を調べる時も「What does this mean?」とか「What's this?」など独り言も英語でつぶやくようにしていくと、ある時ふと自然に英語で考えている瞬間を感じられる時がやってきます。

ただこれはかなりの荒行覚悟で自分を追い込まないと脳が切り替わらないので難しいですが、成人まで日本語で出来上がった頭を英語バージョンにするにはそれぐらやらないと無理ということでもあります。

口コミからトーキングマラソンの評判や効果をチェック!キャンペーンについても解説

英語を話す人と友達になる

第二言語の流暢さを測る最大のテストは、その人を大勢のネイティブスピーカーと一緒に部屋に入れ会話についていけるか、会話に参加できるかどうかを見ることです。

このレベルの流暢さを達成する最善の方法は、英語を話す友達を作り、カフェやバーなどの社交場で彼らと一緒に過ごすことです。

そうすれば、仲間と交流しようと思えば英語で話さざるを得なくなりますが、とても楽しいので、仕事や勉強とは感じなくなるでしょう。

日本でも外国人が集まるバーなど検索すれば出てきます。

思い切ってそういう未知の世界の扉を開けることも大事かと思います。

また日本語学校に通う英語ネイティブの人をさがして、友達になるというのも一つの方法かと思います。

互いに日本語、英語の会話の練習をギブアンドテイクで行うことができて理想的です。

今の時代SNSでそういう留学生を探すのも難しくないと思うのでぜひチャレンジしてみてください。

SMART Method(スマートメソッド)の実際の評判と口コミ、レベルアップできなかった場合はどうなるの?

間違いは気にしない

新しい言語を学ぶ際に立ちはだかる最大の障害は、間違いを犯すことへの恐怖心です。

この恐怖は何の役にも立ちません。

流暢に話すという目標に到達するのを阻む、単なる障害に過ぎないのです。

間違いを恐れず恥ずかしがらず、積極的に行動しましょう。

もちろん、新しい言語を最初から完璧に話せるわけではありません。

難しいですがが、自分の素を出すようにチャレンジてください。

新しい言語を学ぶときには、誰もが間違いを犯すということを忘れないでください。

それは通過儀礼で、うっかり失礼なことや間違ったことを言ってしまい気まずくなったり、恥ずかしい思いをすることもあるでしょうが、それはそれで楽しいものです。

英語を話すことを学ぶとき、完璧を目指すのではなく、上達を目指すことを忘れないでください。

間違いを犯すことは学習プロセスの一部であり、より良くなるための助けとなります。

まず発音の時点であなたがネイティブでないということはどう頑張ってもバレてしまうので、そもそも相手はあなたに完璧な英語など期待していないということを理解すれば気は楽になると思います。

逆の立場で外国人が日本語を喋ってきた時、間違いや聞き取れない部分なども含めなんとなくのニュアンスでこちらも受け止めていると思います。

その時に相手のことを馬鹿にするような気持ちはないと思います。

むしろ自分の国の言葉を喋っていてすごいという感じになるのではないでしょうか。

それと似たような心境が相手方にもあると思えばガンガン話しかけることも難しくはないと思います。

口コミからハナソキッズ(hanaso kids)の評判をまとめてみた!キャンペーンや料金についても解説!

-英語

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5