トレンド

ガーシーは政権放送で何を喋るのか?立花孝志氏との関係などまとめてみた

ガーシーchでお馴染みのガーシーこと東谷義和さんの勢いが止まりません。

詐欺師呼ばわりからどん底に落ちて、半年ほどでユーチューブの月収は4500万円とも言われ不死鳥のごとく蘇ったガーシーさんが今度は2022年夏の参院選に出馬すると表明しています。

出馬の打診をしたのはこちらも何かと話題のNHK党の立花孝志氏。

なんとガーシーを訪ねにドバイまで凸、しかも二回。

ガーシーさん自身政治家になろうなんて意識は全くなかったようですが、暴露に対するマスコミの対応などを見たり、立花さんの説得などもあって立候補を決めたようです。

ガーシーが出馬を決心した経緯は?

ガーシーさんが出馬を決めた背後にあるのが、ここ最近の彼の暴露の中で大きなウェイトを占めていた綾野剛さんの未成年淫行疑惑。

松岡千穂さんという当時17歳で未成年だったアイドル(今は一般人)に対して、綾野剛さんが飲酒をすすめその後ホテルまで行ったという内容。

ガーシーが松岡知穂を直接証人喚問!綾野剛との未成年飲酒などは本当だった?

松岡千穂さんがドバイに行って直接ガーシーchで当時の様子を語り、疑惑ではなく事実であると認める衝撃の回でした。

そこで綾野さんが所属する事務所トライストーンや、7月から始まるドラマの局であるTBSなどが事実ではないとつっぱね、他のマスコミも報道することなくスルーしたことが今回の出馬に大きく影響を与えているようです。

未成年にお酒を飲ませていた俳優の出るドラマのスポンサーがこれまたサントリーという冗談のような話にもなっていますが、このテレビの隠蔽体質、報道しない自由の発動など、このままではまずいだろうという気持ちが大きく働いたと本人も語っています。

トライストーンの代表である山本又一朗氏が岸田総理と会っているという情報もつかんでいるようで、政治の力でガーシーさんの暴露に圧力をかけようとしていることにも怒り心頭の様子です。

かねてからテレビ、大マスコミの姿勢に疑問を投げかけているNHK党の立花氏としてみれば、ガーシーさんの影響力でこの腐ったマスコミの体質を変える起爆剤になると踏んで出馬を打診したのだと思います。

芸能界と政治家のつながりがどういうものなのか、立花氏は次のように解説しています。

政治家としては後援会の票がほしい、後援会の人が芸能人などのプレミアなチケットが欲しい時(例えば紅白歌合戦の席や相撲の升席など) に政治家に頼む流れがあるようで、その政治家から芸能事務所などのパイプを使ってチケットをゲット、そうやって便宜を図ることで選挙の票獲得につながるシステムができあがっているようです。

立花氏は「NHKをぶっ壊す」ですがガーシーさんは「芸能界をぶっ壊す」というスローガンになるようです。

ガーシーの政権放送はいつ?どういう形で?

この記事を書いている時点では選挙の公示もまだの段階なのでガーシーの政権放送がいつなのかはわかりません。

そしてガーシーさんが日本に帰ってきて政権放送をやるのか、もしくはモニターなどでドバイとつないで放送をするのかは定かではありません。

ガーシーさんが出馬を決めた理由に国会議員の不逮捕特権があるようですが、これはあくまでも当選してから国会の会期中の話になります。

立候補の時点では一般人なので、この段階で日本に帰国すると逮捕される可能性もあるではと思います。

政権放送は基本カットできないので、そこで綾野剛さんの話など入れてくるのだと思いますが、ドバイからどうやって政権放送に出るのか、その辺の仕組みについてはよくわかっていません。

記者に対しての出馬表明のようなものはモニター超しに実現しています。

ここでもまだまだ暴露の内容はあるということを喋っていて、椎名林檎さん、山田哲人さん、岸明日香さん、前田健太さんなどの新しい名前もあがっているようです。

NHK党からはFC2創業者の高橋理洋さんも出馬するようで、この方も日本に帰ると逮捕される恐れがある身ということで、実際の政権放送がどのような形で行われるのか注目されます。

立花氏はすでにテレビ朝日で自身の発言を遮断されて話題を振りまいています。

一種の炎上商法ですが、そこまでしないと変わっていかないマスコミの深い闇を感じる一幕でした。

電波障害などを起こして妨害してくる可能性もなくなはないという気はします。

47都道府県にまつわる47の暴露をするとも報じられていますが、実際どのような政権放送になるのか、今後も追記していこうと思います。

-トレンド

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5