運気の上がるキャラ?

運気の上がるキャラ?

スポンサーリンク

八角がやはり最強か?

なにか縁起の良いキャラクターをデザインしてみようと考えてみました。まずは形からですが、親しみやすさでいえばまるっぽい形が無難かと思いますが、ここでは敢えて運気的なものを重視して八角形を選んでみました。

八という数字は日本では末広がりで縁起が良いと昔から言われている数字です。陰と陽、全てにおいて調和の取れた数字であるとも言われています。方位的にも北、北西、西、南西、南、南東、東、北東と八方位として方角も八つに分けて考えるので、バランスの取れた数字というのは方角の数も関係しているかと思います。

そして目はさすがにマルで行きたいと思います。そこで目の光の部分を3つの光で表現して、ここに3というもう一つのラッキーナンバーを仕込みたいと思います。三は日本語で三つ(みっつ)と読みます。満つ、充つ、などの読み方との共通点も指摘されたりする数字です。日本語というのは言霊なので、語呂というのは非常に大事な要素になってきます。また宗教的にも3は神秘的な数字で、ピラミッドの三角形や三種の神器、三位一体となにかと重要なものには3という数字がついてまわるということがあります。風水の土地的には三角形はNGといわれていますが、数字の3は重要かと思います。ピラミッドも土地的には四角形の四角錐なのでやはり土地の形としては四角形の方がいいのかもしれません。

鼻と口は無難に犬っぽい感じで、とくに数字などのこだわりは含めていません。ここまで八角にこだわったので、ボディなども全て八角にすることに。そして顔、ボディ、足、手、耳のパーツの数の合計も8でそろえています。

そして最後に色、これは黄色で決まりだと思います。自分で黄色の服を着るというのはなかなか難しいコーディネートになってくるので、着る人は少ないと思うので、こういうキャラクターに念を移して幸運を呼び込むという作戦です。線の幅なども調整してできたのが下の図。

八角ちゃんということでよろしくお願いします。ちなみに以前スマホの待ち受けのシンプルな色のデザイン、八方位を考慮した色の配置にすると下のようになります。

これはバラバラすぎてNGです。風水というインテリア的な考え方でもそうですが、あまりこてこてに考えすぎても統一性がなく落ち着きのない部屋になってしまうので、あくまで目安、ワンポイント的な取り入れ方でいいと思います。基本はきれいに掃除されていること、ここが一番のポイントだと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました