結婚

本郷奏多さんの結婚や熱愛彼女の情報は?ガチオタなガンプラ好きの一面などまとめてみた

本郷奏多(ほんごうかなた)さんは、1990年11月15日生まれの31歳で、宮城県仙台市出身です。

 

スターダストプロモーションに所属し、俳優として活動しています。また、YouTubeチャンネル「本郷奏多の日常」を開設していて、YouTuberでもあります。

最近は俳優業よりもユーチューバーとしての活動の方が忙しそうです。

 

本郷奏多さんの芸能界デビューは幼少期から

 

本郷奏多さんは幼稚園に通っている時から、仙台市にある「仙台SOSモデルエージェンシー(現:モラドカンパニー)」で、すでにキッズモデルとして活動していました。

 

その後、現在の事務所、スターダストプロモーションに所属し、2002年映画『リターナー』で俳優としてデビューします。この時若干11歳で、早くに演技のお仕事を始めた本郷奏多さんでしたが、なんと3年後の2005年には映画『HINOKIO』で初主演を果たします。

 

その後も高い演技力で話題作に出演し続けている本郷奏多さんですが、なんといっても漫画原作の実写版への出演が多い俳優としても有名です。『ヤンキー君とメガネちゃん』、『テニスの王子様』、『鋼の錬金術師』、『氷菓』など、人気作品の実写版に出演しています。

 

本郷奏多さん自身は大の漫画好きを公言しており、漫画が原作の作品に出演する際は「原作ファンの視点」を一番大事にしているのだそうです。

 

「もしアニメの印象が強いキャラクターであれば、アニメの声優の台詞回しを研究する」など、キャラクターの一番の魅力を出すことにこだわっているとも話しています。

 

そういった意識から、「原作へのリスペクトが高い俳優」と自負している本郷奏多さん。実際、映画『キングダム』では成キョウ役が原作のキャラクターそのものだと大きな話題になり、原作ファンも大満足していました。

 

漫画の実写化で一番難しくて批判されやすいのは、やはり原作の魅力がうまく表現されていない場合ですよね。漫画が大好きな本郷奏多さんだからこそ原作ファンの気持ちがわかるので、それが演技に活かされているのでしょう。

 

その結果、たくさんの実写化作品への出演につながっているのだと思います。今では「実力派俳優」とまで呼ばれている本郷奏多さん、これからも多くの出演が期待されますね。

神木隆之介さんとは子役時代からの親友。

口コミから結婚相談所ムスベルの評判をチェック!料金が高いは本当か?

本郷奏多さんはYouTubeで趣味を紹介している(ガチオタ)

 

本郷奏多さんの趣味は漫画、テレビゲーム、音楽鑑賞、ベース、ギター、テニス、サバイバルゲーム、写真撮影、ガンプラ、トレカ、ビリヤード、ダーツだと紹介していて、それらを楽しむ様子を自身のYouTubeチャンネル「本郷奏多の日常」で公開しています。

 

本郷奏多さんはポケモンも大好きで、YouTube動画ではポケモンのゲーム実況をしたり、自身が集めたポケモンカードを披露し、レアカードにはしゃいだりと、楽しそうな姿を見せてくれます。中でも「ポッチャマが推し」と言い、ポッチャマ愛もたくさん語っています。

 

また、YouTubeのグループ「東海オンエア」のファンでもある本郷奏多さんですが、現在はメンバーとも交流があります。本郷奏多さんが自分でNintendo SwitchのProコントローラーを塗装し、それをプレゼントする動画も公開しています。

ガンプラの作り方、こだわりなど完全にガチです。

プラモ作りを本職にユーチューブやってる方などとも肩を並べるレベル、それでいて人気俳優でもあるというところがすごいです。

渡辺大知は結婚してる?結婚相手は誰?有村架純との関係なども調べてみた

本郷奏多さんは大のお菓子好きで偏食家?

 

本郷奏多さんは甘い物が大好きで、なんとお菓子を主食にしているそうです。というのも、本郷奏多さんは「食事は異物を体内に取り入れる行為」という独特の認識を持っていて、「美味しいと感じたことがない」とまで言っています。

 

「ご飯を食べなくていいなら一生食べたくない」とも言っていたそうで、食事に楽しみを見いだせないのかもしれません。特にお肉が苦手みたいで、子供から大人まで好んで食べられているハンバーグも、「肉をぐちゃぐちゃにかき混ぜて人の手でこねて熱しただけのもの」なのだそうです。

 

しかしそんな「偏食家」と言われる本郷奏多さんですが、あのグルメ番組「ゴチになります」にゲスト出演した際、なんと1位をとったことがあるのです。食事に興味がないからこそとれたのかもしれませんね。

 

ネットでは「こんな偏食家なのに1位になるなんて」と大きな話題になっていました。こういった独特な感性で見る人を楽しませられるのは、本郷奏多さんの魅力なのかもしれませんね。

 

本郷奏多さんは結婚願望がない?

 

本郷奏多さんには現在彼女はいません。というより、今までも熱愛報道がない方なのです。

 

噂になった女性は、堺正章さんの娘さんの栗原菊乃さん、白石麻衣さん、志田未来さん、川栄李奈さんなどがいましたが、皆さん共演で噂になっただけのようでした。

 

栗原菊乃さんについては男女複数人で本郷奏多さんの家に泊まったことがあるという栗原さんが当時のブログに書いたことが噂になったようです。

 

若い時によくある仲のいい男女が夜遅くまで遊んでいたというだけの話で、付き合っていたという事実はなかったようです。

 

ではなぜ熱愛報道がないのかというと、本人が全く彼女をつくる気がないことが原因のようです。というのも、本郷奏多さんは「俳優は人気商売、彼女をつくるデメリットの方がメリットよりも多い。それならつくる意味なんてないと思う」と話しているのです。

 

また、「結婚願望はほとんどないが、子供は好きなのでほしい。自分のクローンとか。自分の遺伝子はかわいがりやすいから入れたい」とも話しています。自分のクローンという独特の考え方にびっくりしますね。

 

しかしそもそも本郷奏多さんは極度の潔癖症で、「キスはバクテリアを交換する意味のない行為」と言ったり、エレベーターのボタンは触りたくないのでスマホの角で押している、などのエピソードがあります。

 

瀧本美織さん、白石麻衣さんとはドラマ内でキスシーンがあったことからプライベートでも?と噂になりましたが、こちらもガセのようで、仕事でのキスシーンは仕方なくというところなのでしょうか。

 

結婚願望がないのは、中々その価値観が合う方がいないことも大きいのではないでしょうか。

 

実際、「結婚したいって思う女性は多分世界にいない」「理想は、虫が殺せて自分よりきれい好きな人」と話しているので、かなり難しいのかもしれません。本郷奏多さんよりきれい好きな人は、ちょっと想像つかないですよね。

ただ唯一信憑性があったのはあのちゃんとの関係。

 

オタクな本郷さんとサバゲーに一緒に行ったり、趣味的にもお似合いなのではと囁かれていたのですが、あのちゃんは後に King Gnuの井口理さんと写真を撮られていたので、現在は井口さんと付き合っているのではという話です。

 

本郷さんがふられたということにネット上ではなっているようですが、そもそも二人がつきあっていたのかどうかも定かではありません。

 

そんな本郷奏多さんですが、俳優の神木隆之介さんととても仲良しで、「結婚するなら隆ちゃんがいい」と酔った時に言ったことがあるそうです。神木隆之介さんのように心を許せる女性とだったら、うまくいくのかもしれませんね。

ガチオタで潔癖症で共演者とは一線を引いているのかと思いきや、きちんと互いが気持ちよく仕事をできるように気遣えるある意味プロではあると思います。

ただ恋愛の一線だけは超えさせてくれない確固たるものがあるのでしょう。

共演者の女優さんたちが放っておかないと思うのですが、本当に過去の恋愛遍歴はゼロなのでしょうか、謎です。

-結婚

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5