カトパン、沢尻ネタに褐!

加藤綾子アナ、沢尻容疑者の誕生日ネタに強めに反応!

2019年11月18日放送の「Live News it!」内で、フリーアナウンサーの加藤綾子さんが木村拓也アナウンサーに褐を入れたことが話題になっています。

放送内で沢尻エリカ容疑者と、電気グルーブのピエール瀧さんとの共通点が取り上げられた時のことです。二人は共に大河ドラマに出演していたことが、逮捕を受けて大きな損害につながっているという共通点があることから、無理やりネタを拾ってきて顰蹙をかうというテレビにありがちな失笑の場面があったようです。
内容は単純に二人の誕生日が一緒というだけのもの。4月8日が二人の誕生日で、それを紹介した木村アナに、カトパンが「それ偶然ですから!やめてください。それ4月8日生まれの人に失礼ですから!」と強めに注意した一幕があったという内容です。沢尻容疑者逮捕で恰好のネタが沸き上がってくれたわけですが、テレビ局も次から次へどうでもいいネタを重ねていくのに必死です。少しでも時間をつなげるためにこういったしょうもないネタをぶっこんでくるのはある意味仕方ありませんが、果たしてこんな番組に需要があるのかどうかが疑問です。

テレビ局もネタを作るの必死か
スポンサーリンク

NHK大河ドラマは二年連続の大ダメージ

今年放送の「いだてん」では放送がすでに始まっている中で、ピエール瀧さんの逮捕ということで大打撃でした。
そして来年の「麒麟がくる」ですが、沢尻エリカさんはに織田信長の正妻となる斎藤道三の娘・帰蝶(濃姫)という重要な役で、すでに撮影された分の撮り直しや代役の選定など、まだ放送前とはいえこちらの損失も相当なものだと思います。
一部で収録分は放送して欲しいという署名活動まで行われているようですが、NHK側はそれを否定、沢尻さんの分は放送しないと発表しています。
一発アウトに対しても意見が分かれいて、社会から有無を言わさず抹殺することは問題の解決にならないという声も大きいようです。クスリは結局、依存症なわけで治療が必要な病気と考えると、それをどうやって克服していったらいいのかというのは社会につきつけられた課題でもあると思います。田代まさしさんも5度目の逮捕をされたばかりで、クスリの問題は死ぬまでつきまとう厄介なイシューです。
沢尻さんについても10年前からの依存という話も出ていますし、今後彼女がどうやって立ち直っていくか、話題をそちらに方向転換していくメディアの姿勢も必要かもしれません。一度手を出したら抜けられないと切り捨ててしまうのは、メディアの役割ではないと思います。

沢尻エリカ陰謀論をホリエモンがぶった斬る!

タイトルとURLをコピーしました