英語

英語が聞き取れるようになるためのポイントを解説!リスニング力アップのコツ!

英語のリスニング力がより求められるようになってきた今、「英語が聞き取れない…」「具体的に何をしたら英語を聞き取れるようになるの?」と悩んでいる方が多いのではないでしょうか?

 

ここでは英語が聞き取れるようになるためのポイントを4つ紹介していきます。この記事に書かれていることを実際に取り入れてみると、だんだん自分のリスニング力が上がっていくのを実感できると思うので、ぜひご覧ください。

 

ポイントその①:英語を日本語に訳さないで聞く、読む

 

まずは英語を頭の中で日本語に訳さないで聞く練習をしましょう。

 

どうしても英語の意味を理解しようとして、見た、聞いた英語を頭の中で日本語に訳して理解しようとすると思います。しかし英語のリスニングにおいて、日本語に訳さないで音で先に理解する力も大事になってくるのです。

 

まずは英文を英語として聞き取ったり、読んだりしましょう。最初は意味を理解しようとせず、英文を英語のまま聞いたり読んだりしていくうちに、英語のまま文章の意味を理解できるようになっていきます。

 

特に聞き取りの練習は、長い文章を時間をかけて聞くのではなく、短い文章をくり返し聞くことがポイントです。そうすることで、理解するまでにかかる時間がぐっと短くなります。

 

好きな動画をYouTubeで探し、その動画をくり返し聞くことで理解する早さも上がっていくでしょう。最初は細かい部分が分からなくても、何回も聞いているとだんだんと分かる部分が増えていくのを実感できます。

 

これを行っていくと、だんだん英語を英語のまま理解してくことができるようになっていきます。

日本語の説明のない英語の教育チャンネルをさがして観るのもいいと思います。

日本語のわかる英語系ユーチューバーではなく、完全に英語オンリーで英語を教えているチャンネルはちょっとした留学気分も味わえるのでおすすめです。

口コミからトーキングマラソンの評判や効果をチェック!キャンペーンについても解説

ポイントその②:自分の聞き取れない部分を見つける

 

聞き取りをしていく中で、自分が聞き取れない部分が出てくると思います。その自分の聞き取れない部分を、ディクテーション(書き取り)していきましょう。

 

これをすることで、自分の聞き間違いや、聞き取れない部分を文字として明確にできます。自分が何を苦手としているのか、どの理解が足りていないのかがはっきり分かるようになります。

 

英語の初心者は口で間違いを見つけるのはやはり難しいので、書き出すことで聞き取れない部分を明確にしましょう。

人気ドラマで改めて英語を学ぼうという人も増えているようです。

NovaKid(ノバキッド)の口コミや評判は?無料体験などまとめてみた

 

ポイントその③:聞き取れない部分を徹底的にシャドーイング、音読をする

 

自分の聞き取れない部分が分かったら、その部分をシャドーイングしましょう。

 

シャドーイングとは、英語の音声の後に復唱することです。影のようについていくことから、シャドー(影)イングと呼ばれています。

 

ここでのポイントは、自分の聞き取れない部分を重点的にシャドーイングすることです。リスニング力を上げるために必要なのは、やはり分からない部分を減らしていくということだからです。

 

すでに聞き取れている部分は、リスニングだけでなくスピーキングも出来ると言われています。つまり、この二つはセットで考えるといいのです。

 

分からない部分をシャドーイングして話せるようになれば、その部分はリスニングにおいても聞き取れるようになったと言えます。

 

シャドーイングの有効な手順を紹介します。まず英語のリズムに慣れるためにシャドーイングなしで英語の音声を聞きましょう。次にその英文を確認しながらシャドーイングしていきます。

 

その音声に慣れたら、今度は英文を確認せずにシャドーイングしましょう。その時に自分の発音の確認をし、より正しい発音に近づけていくとより効果的です。

 

その音声に使われる文章は、短い方がより理解しやすくなります。シャドーイングする時は、使用する文章にも気を付けるようにしてみてください。

 

これをくり返して、自分の聞き取れない部分を減らしていきましょう。そうすると英語の音として頭に定着するので、効率よくリスニング力が上がりますよ。

シャドーイングという言葉もここ最近よく使われるようになった印象があります。

 

口コミからKimini英会話の効果や評判を検証!小学生から大人まで受けられるって本当?

ポイントその④:語彙力を伸ばしていく

 

ポイント①~③を行う中で、やはり基本的である英語の語彙力を伸ばすことは忘れずに並行して行っていきましょう。

 

新しく覚えた単語が頭に定着するのは時間のかかることで、大変だと思うかもしれません。しかし、そもそも単語を分かっていないと聞き取ること自体が難しいですよね。時間がかかるということは、やはり常日頃から英語の学習をすることは大事なのです。

 

リスニングをしていて覚えたはずなのに忘れてしまった、となるとそこでつい気になって思考が止まってしまいますよね。その後の英文が頭に入ってこなくなってしまう可能性もあります。

 

地道で大変な作業ですが、英語を聞き取れるようにするには避けては通れないので、英語の語彙力を強化していくことは継続して行いましょう。

 

おすすめの方法は、新しく覚えた英単語が入った文章を、そのまま覚えてしまうことです。そうすることでどんな時に使われる単語であるのかを理解しやすいので、覚えやすくなります。

 

英英辞典の例文はネイティブの方が使う文章になっているので、そちらに載っている例文で覚えるようにするととても効果的です。

大人になってももう一度単語帳を作ってみるというのもアリな気はします。

口コミから30日間英語脳育成プログラムの評判をチェック!教材や料金など調べてみた

ポイントその⑤:発音の改善

聞き取りも大切ですが、まず自分がしっかりネイティブの真似をして発音をしていくこともリスニング力アップには役に立ちます。

 

厳密に日本語と英語の周波数の違いはわかりませんが、自分がネイティブのように発音できれば自然と英語の周波数に耳がチューニングされるイメージです。

 

英語の発音が上達するコツをまとめてみた

特に英語は一音一音を日本語のようにはっきり発音しないことが多いように感じます。

 

二つの単語がつながって発音されるケースも多いので、日常会話でよく使われるフレーズなどは、そのパターンを覚えていくことで聞き取れる幅がひろがっていくと思います。

 

またカタカナで表現されてしまう英語の固定観念をすてることも非常に重要ではないでしょうか。

 

英語系ユーチューバーの動画は参考になるものが多いと思います。

クラウティの評判や口コミはどんな感じ?体験談なども含め解説

実戦的リスニング力アップの方法

そして実際英語をただ聞き流しても、少し前まであったスピードラーニングのようなうまい話はないわけで、どういう方法でリスニング力をあげていけばいいのでしょうか。

 

一つおすすめは何か洋楽の曲をまるまる暗記して、100%理解できるまで聴きまくる。

 

そして自分でも声にだして歌う。

 

4,5分の歌であれば暗記するのもそんなに難しくはないと思います。

 

この方法の延長で、好きな海外ドラマや洋画などで英語の脚本が手に入るものを観るというものもあります。

 

10分ぐらいで区切って、その間のやりとりを徹底的に覚えて、これもまた声にだしてみる。

 

いろんな英語のシーンを次から次へと観るのもいいのですが、一つ一つ完璧に覚えていくことの方が、結果的にはリスニング力アップにつながるような気はします。

 

ぜひご自身のリスニング力アップに役立ててみてください。


英語ランキング

-英語

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5