ゲーム

マリオゴルフ スーパーラッシュの評価レビューはこんな感じ




マリオゴルフ スーパーラッシュの評価レビューはこんな感じ

任天堂が自身のロングセラー系統のもので新商品を公開するケースでは、変わり映えのないリピートにはとどまらないで毎回一定の先鋭的な手段が見受けられる。

プレーヤーを退屈させない先進的な工夫が実装されているが故に、マニア達はかつての面白い記憶を思い浮かべつつ最新の発表を楽しみに出来るのである。

しかしながら、『マリオゴルフ スーパーラッシュ』はそのような任天堂の気風のレアケースのようなゲームとなっている。

一風変わったポイントがないということではありませんが、総合的にはグリーンに満たないショットに似ていて苛々させられるポイントがたくさんある。

この作品で新たな形で採用されたスピードゴルフモードはいままでにはないエレメントとなっており支持できるが、アドベンチャーモードは長くないだけではなくに想定外で、“ハッピーな瞬間”と称するのも躊躇してしまう。

ゲーム全体を通して見たら昔の「マリオゴルフ」シリーズに共通する滑稽味もあるにはあるが、統括的な構成がバリエーションに欠けているプラス少なくて、中毒性にも欠落しているこの作品は、シリーズの中において特別な位置付けにはなっていないと言えます。

僕自身からすれば、1987年の『マリオオープンゴルフ』は、オヤジのコントローラーの周囲でよちよち歩きしてケーブルを引っこ抜くところから抜け出し、自発的にコントローラーを牛耳ることになりようやくプレーした特別な思いが備わったゲームになっている。

顕著なグラフィックの改良は除外して、ベースとなるゲームプレイは今となっても差異が出ていなく、25年を超えても過去の一代目と対比しても別物という雰囲気はない、そう体感できる。

ショットの設置を行い、Aボタンをぽちっとしてスイングをする、再度Aボタンをプッシュ(バックスピンを追加したいケースではBボタンをプッシュ)するやり方でショットのさじ加減を決定する、そういったプロセスになっている。

ディスプレイ右サイドのパワーゲージが一番上になったポイントでボタンをプッシュ、といったシンプルなコントロールを行うだけのことでクラブがボールを打つ小気味よいサウンドが以降に継続し、僕はノスタルジックの心境で満足した心地に陥る。

マッチプレイやストロークプレイに始まる普通のゲームモードでもお気づきだと思うがとても安心感があって、全部の仕様(アドベンチャーモードを除く)をする上で1人プレイもマックス4人での一斉ゲームも達成できる。

ところが、マリオと友だちとのホッとするひとときが気分が良くおもしろいものであるのは確実であるとはいっても、すでにオールドスクールで平凡な経験だということも否定できず、ドキドキする経験とはほど遠いかもしれない。

この作品の中でちょっとでもドキドキする経験を実施させてもらったのは、スピードゴルフモードだ。スピードゴルフはこの作品より採用された独自性のモードで、この作品をプレーしてて愉快ときた瞬間の大概が今の新しいモードをプレーしている瞬間であった。

ショットを確定して、ボールの居場所をチェックし、途端に球の行ったすぐ先に嘘のように動いている、このようなシンプルなゲーム経験が「マリオゴルフ」シリーズの原理原則ですが、こちらのモードだとこのショットとショットとの中間になにが発生しているのかによってウエイトが従属している。

当然、ゴルフカートに勢いよく乗ってチンタラと球のところへ行く、なんてものはシミュレーターのエレメントが備えられていることもなく、実際のところは任天堂流のゴルフ経験がその部分には装備されている。

バトル仲間など無視して、体力の容量が保持される以上Bボタンで全力で走るのである。

ルート上のハートをピックアップして体力ゲージを目覚めさせたり、コインを集めて異なったゲージを一杯にし、スペシャルショットを披露することも可能である。

このような物のポジショニングが原因で、「どのようにして僅かな打数で穴にインさせるか」といったオーソドックスなゴルフの原理はもとより「どういったやり方で遠回りせずに何個ものコインをコレクションするか」というようなスタイルが求められ、それぞれのショットの途中で戦術的な面白味をもたらしてもらえている。

前述の認識でより有利性がある位置をターゲットにしてもありだし、別の捉え方でできる限り早くスペシャルショットを放っても有りだろう。

スピードゴルフは想像できると思いますが、タイムが非常に大切にであるゲームモードにはなりますが、「焦りは禁物」といった言い回しはこちらのモードにも結びつく核心だと思います。

何打で行ったかではなしにスピードを張り合うこちらのモードですが、ショットをするごとに自分自身のの時間に30秒がプラスされるので、もっといいショットする為に数秒ほど使っても先のことを考えればアドバンテージとなるわけだ。

危険度と戻しという調整と化すそのような事項が、こちらのモードを未知のチャレンジとして体験させてくれるわけだ。

だからと言って、どれだけパーフェクトなプランを立ててもブレーキがかかるケースもある。

16人あるキャラにおいては各々オンリーワンの技能がセッティングされており、これが状況を丸ごとひっくり返しうるのである。

登場キャラクターはこんな感じ

  1. マリオ
  2. ルイージ
  3. ピーチ
  4. ヨッシー
  5. クッパ
  6. クッパJr
  7. デイジー
  8. ドンキーコング
  9. ディディーコング
  10. ワリオ
  11. ワルイージ
  12. テレサ
  13. キノピオ
  14. カメック
  15. パタパタ
  16. キャサリン

ちょっと前に言及したスペシャルショットも単純に確実性が良いのみならず、対戦ライバルを邪魔させられるバラエティーに富んだ影響力が供与されておるわけです。

スペシャルショットはスペックに関係なく利用できるが、スピードゴルフでこそふさわしい本当の力が行使できると断言できる。

サンプルとしてルイージの場合では、球が落ちた周辺のグラウンドをアイスに変更する場合があって、対戦ライバルのパットを左右するのはおろかあなた自身の球に接近しようと前に進むのさえ難しくなる。

ボムキングは自分の球の周囲にボムをセッティング可能で、対戦ライバルがタッチするとプレーヤーと球を一緒くたに蹴散らしてしまうわけです。

ところが僕自身個人的な見解だと、最高度強烈なスーパーショットはワリオのビリビリショックだと思います。

これについてはコース全面に大型のカミナリ雲をもたらす技術で、このクラウド傘下で球を激しくヒットしたキャラは落雷にみまわれてしまって、1打分の長さが無益になってしまうのだ。

16人の中にスーパーショットの効き目が同じに設定されているキャラもいますが(一例として、マリオとクッパは両方とも打球の着地ポイントにおける対戦ライバルの球を除外可能)、ゲームの滑稽味をキープするの為には満足してもらえる多様性があるわけで、1人1人にフィットする方式を見出すこともおもしろいと思います。

それぞれの性格には個々にオリジナルなダッシュも設定されていて、こいつを投入すれば移動スピードがとりわけパワーアップするのに加えてにコース上の対戦ライバルを傍らにどけることが可能である。

利用すればドキドキ感はスーパーショットほどじゃないのだが、「マリオカート」シリーズでいうところの「こうら」にも引けを取らない「人の失敗はおいしい」というような興奮を手にできるのは間違いない。

スピードゴルフをエンジョイすることは基本的に難しくないし、(肩すかしと言うしかない別のモードと比較してとりわけ)疑う余地もなく僕のお好みのゲームモードとなった。

スピードゴルフのほとんどないウィークポイントが何かと言ったら、あなたがやったパーフェクトなショットをゆとりを持って視聴する暇がないことくらいだったろうか。

この作品をプレーする上でホールインワンができたのは現況では1回ぐらいですが、この1回はスピードゴルフをやってる状況での事例なんでなにが発生したのかをきっちりとチェックすることがが叶わなかった。

当然、フェアウェイを進んでいる途中にディスプレイ上に掲示された「ホールインワン」のテキストを見つけて気付いた時にはびっくりと快感とが付随して沸き興奮したが、そこのところに「カップイン、イケ!」というような張りつめた気持ちはありませんでした。

ゲームのリプレーや山場を観賞する仕組みがどちらのモードにも装備されていないところも、謎に思った。

スピードゴルフのと比べてみてもリアリティに乏しい(これそのものは特にマイナスとは違う)のがカップ争奪戦ですが、これについてはスピードゴルフほどには自分のハートを射貫くことはなかった。

この一番の理由は、プレイの進展があり得ないほど速すぎて、ほとんどのケースではゲームにハマるより先に戦いが終了してしまうことである。

こちらのモードは4人が元になるバトルシステムで、アスレチック会場のカップ3つに一番初めに球をインしたプレーヤーが勝利ということになります。

とても単純であると感じてしまうかもしれないが、当然その規則にたくさんのポイントがプラスされている。

会場には9つのカップが分布しているが、他の人1人が球を入れたタイミングでこのカップは消失してしまうわけです。

その原則からこちらのモードのゲーム展開は急テンポでカオスでいっぱいのモノになってしまうのだが、どうしてなのかゲームを上手く進めることを考えれば別のプレーヤーを回避して誰一人として目標にしていないカップをめぐることがちょうどいいという仕組みとなってしまってもいるわけだ。

別のプレーヤーとの軋轢を回避する、というものについては“争奪戦”といったコンセプト自体を拒否してしまいがちなわけだ。

バトルターゲットの形でのAIももう一つ利口ではなく、ハードルの上げ下げも出来ないで、僕自身はアッという間にこのようなモードにウンザリしてしまった。

ゲームが3分オーバーになるというのは、ボクとしては嫌気がさすのもすぐということにモロに関係していた。

オンラインで別の選手と競り合うケースではいくらか堪能できたが、そうは言ってもゲームが即座に済んでしまうのは一緒だった。

この作品を遊戯しだしてから何日かも掛からずには飽きてしまうというのが容易に想像つくカップ争奪戦ですが、そうは言っても『マリオゴルフ スーパーラッシュ』はさらにウンザリな中身がいくつもある。

 

ストーリーモードはどんな感じ?

アドベンチャーモードはこの作品を楽しむに於いて自分が一番ワクワクしていた条件の1つで、シリーズ昔の記憶もサポートして見こみ値は非常にハイであった。

ところが、現実にゲームやってみて手に入れられたのは、4~5時間くらいの意気消沈の出来事ぐらいであった。

我が家の広間で目を覚ましたメインキャラがお母さん(この作品ではキャサリンが代わりでしょう)に見送られて無敵を志すジャーニーにチャレンジする、といったイントロの構成は「ポケモン」系統のものを想像させ、プレーヤーの願望を上昇させてくれます。

あまり無いこちらのモードの物語においてネタバレを敬遠しながら先々の演出を書くと、メインキャラはなによりゴルファーでの名誉を獲得する理由でバッジ収集にチャレンジし、それから上手に口説き落とされて、人為的に実現された気候変動の恐怖から王国を助けることに至る。

ビックリするくらいガサツなストーリー展開で、その上「どうして?」と訊ねる時間すら持てずラストへと繋がってしまう。

自分自身も、この作品にホメロスの『オデッセイ』と同じ程度の偉大な叙事詩を待ち望んでいたということではありませんが、少し前の当たり作とされる『スーパーマリオ オデッセイ』レベルの規準ならワクワクしてもダメではないのだろうか?

惜しくも、この作品のシナリオは後者にも全く到達していない。アピールポイントはお馴染みのキャラが何名かカメオ出現する部分ぐらいで、ストーリーの流れは全編に及んで雑である。

イントロダクションの手順はスローペースで、ビギナー向けの特訓でイロハを習得したら、全部同様(襲撃を回避して、落ち着いた恨みを秘めた球を仇に発射する)だけじゃなくクオリティも今一のボスバトルが継続する。

だからと言って、これらのモードにも手答えを感じる点がないということではありません。自分としては、風がきつく水場ひしめくレイクバレーGCの9ホールを40打未満でプレーする挑戦が非常にやりがいがあった。どこのホールからスタートするかはフリーで、グリーン上からゲームを継続できるからティーショットは1回オンリー、というものがこのルートの長所でしょう。そうした条件の為にそのルートはパズルと同じ様なチャレンジになっていて、如何なる戦法でガンガン進むのが一番生産性が高いのか脳みそを使いながらゲーム可能だった。やりごたえがある挑戦であったからこそ、このような制約に該当するのがこの1回しかなかったのはガックリしてしまう。

現実には、こちらのモードではプロセスに合わせ豊富な仕掛けが採用されるがリアルに利用されるのは僅かな量で、その中には全然用いられ無いものも見られた。

サンプルとして、ストーリー真ん中ぐらいでメインキャラは水切りショット行なえるクラブをゲットする。

ウキウキする仕様だけじゃなくにビジュアルもお洒落なクラブであったので、チュートリアルで活用法をマスターしたそれ以後はさっぱり利用する局面がない結果には理解できなかった。

そのほか忍びないのは、このようなアビリティーはこの作品だけじゃなくキャラにはどのモードでも利用できないところなのだ。

ズバリ言うと、100パーセント不要になっているのだ。尚且つ、そのような体験がいくつもあったので残念だ。

この作品でMiiをレベル上昇できるのがアドベンチャーモードくらいなので仕様としてはかなり微妙だ。

アドベンチャーモードを試さなかったケースだと、これ以外のキャラに一向に互角には戦えないキャラを持っていることとなる反面、アドベンチャーモードを完璧に征服するとその次は異なるいずれのキャラも全く敵わないくらいのダントツの飛距離を持ったキャラを持つこととなるのだ。

このポイントはゲームの兼ね合いが崩れていると指摘せざるを得ず、とりわけオフラインで仲間とバトルする上でMiiを活用したいケースでは、仲間にもあらすじをクリアーしてもらわないと正常なマッチにさえいけないというのはマズイと思う。

この作品にはトータル6つのコースだけしか備えられておらず、あんまり数が多いケースとは表現できないが(とりわけDLCは省いても10のコースが確保されていた『マリオゴルフ ワールドツアー』と比較してもレベルダウンが否めない)、最低限でも各自のコースが娯楽に富むストーリーには仕上がっている。

砂が舞うビゴ・ゴルフ&リゾートにおいては詰めのテクニックを試されるし、モンスーンフォレストではウェザーコンディションを打ち破ることが重要である。

どのルートにも視覚的に異なる特長があって、任天堂が自負する一歩先行くグラフィックと称されるほどではないかもしれませんが、彩り鮮やかな映像はおすすめだ。

とりわけ、Joy-Conをつかんでスウィングする遊び方で進めている際はなおのことになる。

リリース段階で準備されているわずかなコースが各々充分ユニークな作りだったにもかかわらず、やっぱりあとちょっとコースの数が用意されていれば好印象だったという感情は否定できない。

正直なところ、この作品を長期的にオンラインでマッチするためでもない場合は、物語をクリアーしてしまったらあなたのハイスコア刷新を目的とする他にすべきことはさほど設置されていない。

その上、この作品にはどういうわけかオンライントーナメントが存在しない。

『マリオゴルフ ワールドツアー』では確保されていた仕様なくらいですから、その部分も以前の作品と比較して為すべきことが多くないリアルにに一役買ってしまっている。

キャラは開始時から全て選択できて、ルートはシナリオをフィニッシュすることでアンロックできる。

16のキャラとして個々にオリジナルなクラブフルセットが提供されており、そのキャラでプレーすることを通して取得出来るコインを活用してそちらを買うことができる。

ところがそのようなポイントは、毎回新規のアイテムが準備されてゲームの進行具合に充実感がある「みんなのGOLF」といったここ何年かのライバルゲームと対比して物足りないと指摘せざるを得ず。

要するに、『マリオゴルフ スーパーラッシュ』をゲームして最初のの何時間かは充分面白かったのだけど、そうした後は「それでもって、二つ目なんだろう?」という事が元々イメージしていたよりははるかアッという間に巡って来てしまうわけです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マリオゴルフ スーパーラッシュ
価格:5920円(税込、送料無料) (2021/6/30時点)

楽天で購入

 

 

マリオゴルフスーパーラッシュの実際の口コミ

クロスカントリーというモードがつまらない
崖を上手く越えられなかったときのやり直しのストレスが半端ないです
ナイスショットの判定が謎
タイミングよくボタンを押してもナイスショットの判定にならないことが多い
スピードゴルフも何が楽しいのが分かりません
発売日に買って一日で飽きました
購入予定の方はプレイしないことをオススメします

今回の新要素としてスピードゴルフモードが入りました。
打ってそこまで走り、また打って、でスピードを競うものです。
走っている間に仲間とぶつかって邪魔したりすることもできます。
1マッチとして普通のゴルフももちろんできますが
冒険モードで進めるにはスピードゴルフもやらなければならないんです。
本来のゴルフは急かされてやるものではありませんし
風の向きや高低差などを考えてショットに集中するスポーツですが
ギャラリーが騒いでる、敵が邪魔する、打とうとしてる時に岩が転がってきて
ぶつかったら1打になっちゃう、風向きの計算なら分かりますが
竜巻の計算をしてボールを崖の上に乗せなきゃいけないショットもあります。
この冒険モードを進めなければコースは増えませんし
未確認ですがきっと隠れキャラも進めなきゃ出ないと思います。

マリオゴルフ64、GB以来、久々のマリオゴルフ。
期待に胸を膨らませ購入に踏み切りました。
しかし、その期待は裏切られました。
すべてが「物足りない」のひと言です。
特にストーリーモードは1日掛からずに終わるボリュームな上にエディット要素が少ない。
必殺技は選べずアイテムも少なめ、マップも小さくイベントもほとんどありません。
また、ゴルフ要素もシンプルになったぶん、細かな調整を効かせたショットが打ちづらくなっています。
初心者には優しい仕様になったのかもしれませんが、逆にやり込みたい人には物足りないでしょう。
とにかく全体的にボリュームが足りません。
物足りないゲームでした。

打って走る!
全く新しいスマブラやマリオカートのような任天堂独自の新しいジャンルが生まれた感じです
マリオテニスの時は???ってなりましたが
このゴルフはすごいんです
難易度はさはみんゴルと比べるとスカッと決まる印象
ですが任天堂はそれだけじゃないんです
楽しみが減るかもなので詳しくは書きませんが是非一度やってみてください
早く上手くなりたいと思うゲームですよ
オンラインで会いましょう!
64の方が良かったって言うのならSwitch売ってずっと64やってりゃいいじゃん?

引用:Amazon

 

この投稿をInstagramで見る

 

ぐっでぃごるふ(@goody_golf)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

今井 和重(@kazushige.imai)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆみ(@yuminuno)がシェアした投稿

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

マリオゴルフ スーパーラッシュ
価格:5920円(税込、送料無料) (2021/6/30時点)

楽天で購入

 

 

まとめ

『マリオゴルフ スーパーラッシュ』は、数種類のシンプルなボタンコントロールでいっぱしの「ナイスショット!」がディスプレイされる心地良さを手にできることに加えてに、さながらお母さんの味に似ていてハッピーで心温まる感じをさせてくれるゲームである。

この作品でも最高のクオリティであるスピードゴルフモードは、誰よりも先に続くショットに向かうバトルのポイントを追加したことでトラディショナルなゴルフの理念に新感覚をプラスすると同じく、「マリオゴルフ」シリーズに違うテイストを付け足して貰っている。

ところが、いくらそのモードがグッジョブと言ってもいいクオリティであっても、難しいのは『マリオゴルフ スーパーラッシュ』は中途半端なアドベンチャーモードや、ルートのラインナップの少なさ、リプレイ性のなさ、あるいは大方ゲームを終了したらすることがないところだったり、トータルでものすごく大量のボギーが隠れていて、トータル的には悲しい収支のラウンドに仕上がってしまっております。




-ゲーム

© 2021 ザッタポ Powered by AFFINGER5