美容

胸が大きくなる食べ物って何?バストアップに効果的な食事についてまとめてみた

胸が大きくなる食べ物

「大きな胸になりたい」

「体操やストレッチをしていても効果がない」

「どうしたら大きな胸になれるのか」

と悩んでいる女性は多いでしょう。

そんな女性にとって大切な部分である胸は日々の食事が大きな影響を与えている、ということが分かっています。

 

この記事では「胸が大きくなる食べ物」についてご紹介していきたいと思います。

 

胸を大きくするために食べ物が大事な理由

当たり前ですが、胸は体の一部です。

私たちの体は毎日の食べ物によってできています。

体の一部である胸もまた当然日々の食べ物の影響を受けます。

胸を大きくしたければ、日々の食事に気を付けることは大切です。

 

胸の発達には乳腺の発達が大切

また胸は乳腺と脂肪からできています。

乳腺は胸のわずか10%といわれていますが、その乳腺が発達することで脂肪もつきやすくなり、胸が大きくなるのです。

 

その乳腺は女性ホルモンの影響を大きく受けるといわれています。

女性ホルモン分泌がさかんで、そのバランスが保たれることで美しくハリのあるバストになるのです。

そのためには毎日の食事に気を付けて女性ホルモンのバランスを整えることが大切です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

兎美唯/うさゆい(@kkyuu_618)がシェアした投稿

バストアップといっても年齢によって効果は変わってくると思います。

まだ成長期の子に対して羨ましい目でみないように注意です。

 

まずはバランスの良い食事が大切

この記事の後半でも胸を大きくする栄養素についてご紹介しますが、食事はバランスが何よりも大切です。

胸の成長にとって良いといわれる栄養素だけとっていても健康的で大きなバストは手に入りません。

 

胸の成長にとって良い栄養素を積極的に摂ることは大事ですが、何よりもバランスの良い食事が大切なことは忘れないようにしましょう。

 

胸を大きくするために大切な栄養素

胸を大きくするためにはバランスの良い食事が大切ですが、バランスの良い食事を摂ったうえで胸に良い影響を与える栄養を摂取することは大切です。

これから具体的に胸を大きくする栄養素についてご説明していきます。

 

大豆イソフラボン

大豆イソフラボンは代表的な女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た働きをするといわれています。

女性ホルモンは中年期以降減少しはじめ、分泌量を増やすことは難しいです。

そんなエストロゲンに似た大豆イソフラボンを摂取することで、乳腺の発達を促してくれます。

 

【エストロゲンの作用】

  • 心身の健康を保つ
  • 自律神経を整える
  • 女性らしい体になる
  • 髪の毛・肌など潤い
  • 生理を起こす
  • 妊娠しやすい体にする

など、エストロゲンは女性の健康をキープするためには欠かせません。

大豆イソフラボンはアンチエイジングの観点でも注目されています。

 

【大豆イソフラボンを含む食べ物】

  • 納豆
  • 豆腐
  • みそ
  • きな粉
  • 油揚げ
  • 豆乳

など、大豆製品に多く含まれています。

 

【目標とする1日の摂取量】

50~60mgが理想的な1日の摂取量だといわれています。

しかし、実際には1日平均18mg程度(日本人)しか摂取されていないといわれています。

胸を大きくしたい、とお悩みの方はいつもの食事に大豆製品を増やしてみてはいかがでしょうか。

 

食べ物 1日の摂取目安
豆腐 半丁(110g)
煮豆 80g
納豆 1パック(40g)

ラディアンヌ ナイトブラの評判、口コミで効果なしや苦しいって声はホント?

タンパク質

タンパク質は3大栄養素の一つでもある健康を支える大切な栄養素です。

血液・筋肉などの体の組織をつくるのがタンパク質の役割の一つです。

胸を支える大胸筋の発達をサポートするためにタンパク質を摂取することは大切です。

 

【タンパク質を含む食べ物】

  • 大豆
  • きのこ類
  • ナッツ

 

などにタンパク質が含まれています。

動物性質タンパク質と植物性タンパク質のどちらも偏りなく食べることがおすすめです。

動物性タンパク質が肉類、魚類で、植物性タンパク質が大豆、きのこ類です。

【目標とする1日の摂取量】

大人(女性)→50g

口コミでAngellir ふんわりルームブラの効果を探る!悪い評判はどんな感じ?

アミノ酸

アミノ酸は私たちの体をつくるたんぱく質の元になっています。

血液・皮膚・筋肉・臓器など体にとって大切な部分をつくるのに必要な栄養素です。

バストを発達させるためにもアミノ酸は必要です。

 

【アミノ酸を含む食べ物】

  • マグロ
  • カツオ
  • 肉類
  • チーズ
  • 大豆

 

などにアミノ酸が含まれています。

 

【目標とする1日の摂取量】

成人→20g

 

*スライスチーズ1枚が20gなので、比較的摂取しやすい量です。

 

カリウム

カリウムは代謝をよくして、ホルモンの働きに作用する人間にとって大切な栄養素です。

野菜や海草類に多く含まれています。

 

【カリウムを含む食べ物】

  • のり
  • 昆布
  • ひじき
  • パセリ
  • 切り干し大根
  • バナナ

 

などに多く含まれています。

 

【目標とする1日の摂取量】

成人女性→2600mg

 

ビタミンE

ビタミンEは女性ホルモンの分泌を促し、生殖機能を正常に保つ効果があります。

胸の発達に欠かせない女性ホルモンの分泌をサポートしてくれる役割があります。

 

【ビタミンEを含む食べ物】

  • かぼちゃ
  • アボカド
  • アーモンド
  • モロヘイヤ

 

などに多く含まれています。

 

【目標とする1日の摂取量】

 

対象(女性) 1日の理想的な摂取量
18歳~29歳 5mg
30~49歳 5.5g
50~64歳 6g
65歳以降 6.5g

 

年齢が上がるごとに目標とする1日の摂取量が増えることが分かります。

積極的にビタミンEを摂取するようにしましょう。

 

ボロン

ボロンはあまり聞き慣れない栄養素ですが、ミネラルの一種で女性ホルモンであるエストロゲンの働きを助ける作用があります。

エストロゲンの働きを助けることでバストアップに効果があるとされる今注目の栄養素です。

 

【ボロンを含む食べ物】

  • りんご
  • ぶどう
  • なし
  • キャベツ
  • 海藻類
  • アーモンド

 

などにふくまれています。

 

【目標とする1日の摂取量】

1~13mg

 

キャベツであれば2枚程度の量で1日の摂取量に達するので、日々の食事に取り入れやすいです。

 

*熱に弱い栄養素なので、できるだけ生で摂取しましょう。

 

ユーチューバーの方の意見なども具体的で参考になるかもしれません。

鶏のささみ、アボカド、味噌、油(不飽和脂肪酸、胡麻油、アマニ油、オリーブオイルなど)、キャベツ、それぞれ経験値からわかりやすく解説している動画も多いので検索してみるといいと思います。

キャベツは一番女性としてはありがたい選択肢のような気もします。

バストアップに関するツイートは結構多いので、他の人が何を食べているのか参考になると思います。

グラミープラスの口コミ、ナイスボディ効果のネット上の評判は?

サプリなど補助としては効果的ではないでしょうか。

-美容

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5