東京オリンピック、チケット払い戻し不可は朝日のフェイクニュース?

東京オリンピック、チケット払い戻し不可は朝日のフェイクニュース?

朝日新聞の東京五輪のチケット払い戻し不可との報道で、ネット上がざわついています。開会式などの高額チケットは30万円にもなりますし、この報道が本当であればかなりの大ごとです。しかし発信源が朝日新聞ということで、お家絵芸のフェイクニュースか?という憶測も飛び交い混乱しています。本当に払い戻しはできないのか、ちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

結論から言うと現時点では朝日のフェイクニュース

まずチケットの規約、「東京2020チケット購入・利用規約」を見てみると以下のようにあります。

<第45条(免責)
4.当法人、公式チケット販売元、会場の保有者および管理者その他本大会の運営に関与する当法人の委託先または本大会関係団体は、その責めに帰すべき事由がある場合を除き、チケット保有者がセッションを観覧する際に生じた損害について一切責任を負いません。例えば、免責される責任には以下に定めるものを含みます。

(1)セッション中におけるボール、競技器具の観客席への飛び込みなど、セッションの正当な実施に起因して生じた損害
(2)チケット利用者による東京2020チケット規約への違反行為に起因する損害
(3)不可抗力に起因する損害>

<第46条(不可抗力)
当法人が東京2020チケット規約に定められた義務を履行できなかった場合に、その原因が不可抗力による場合には、当法人はその不履行について責任を負いません。>

<第1条(定義)
(22) 「不可抗力」とは、天災、戦争、暴動、反乱、内乱、テロ、火災、爆発、洪水、盗難、害意による損害、ストライキ、立入制限、天候、第三者による差止行為、国防、公衆衛生に関わる緊急事態、国または地方公共団体の行為または規制など、当法人のコントロールの及ばないあらゆる原因をいいます。>

この不可抗力がウイルスにあたり、その場合責任を負わないという解釈が成り立つからチケットの払い戻しはできないだろうという予測を勝手に記事にしてしまったということのようです。お決まりの関係者の証言という形をとり、ただ混乱を生みたいだけの新聞(新聞といっていいのかわかりませんが)なのでなんの裏もなく記事として出したというのが実際のところのようです。

現時点では朝日お得意のフェイクニュースです!

オリンピック組織委員会も報道を否定!

この報道を受けてオリンピック組織委員会も公式に否定するコメントを出しています。

『規約には”払い戻しは不可”との記載はなく、報道は事実とは異なる。
昨日(17日)、IOCの理事会発表もあり、7月24日の大会開幕に向けて計画通り準備を進めているところ。中止は全く検討していない。
大会の中止を前提として議論することは適切ではない。
組織委員会、IOC及びIPCは、これまで同様、事態の推移を注視しつつ、ステークホルダーと連携をとりながら、予定通り安全安心な大会運営に向けて準備して参りたい』

規約の中止の項目を見てみると、中止の場合は払い戻しを申請できると書いてある項目もあり、実際は本当に中止になった場合の状況判断で、払い戻しの詳細(払い戻し不可になる可能性もゼロではないと思います)を決めていくということで、今はあくまで予定通りやると委員会は言っているので、払い戻し云々については何も言えないとしかいいようがない状態なのだと思います。

<第39条(セッションの中止)
1.当法人は、自らの裁量により、セッションを中止することができます。(後略)
2.セッションが中止される場合には、当法人は、合理的な範囲でチケット購入者に事前に中止の旨を通知するように努めます(後略)
3.セッションが中止された場合は、チケット購入者は、東京2020チケット規約に従って払戻しを申請することができます。>

中止になる場合はその時にならないとわからないというのが

現状、それ以上それ以下の発言もできないということだと思います。

今にはじまったことではありませんが、朝日新聞や共同通信などのフェイクニュース乱発の昨今、国が検挙していくべき組織犯罪ではないでしょうか。

ただし払い戻し不可の憶測は現実的かも?

朝日新聞の報道はさておき、実際中止と判断された時には払い戻し不可と発表される可能性もなくはないと思います。多くの著名人もそこは以前から指摘しています。

ツイッターの反応は様々、日本人らしくこういった災害的なことには寛容な姿勢というか、しゃーないでしょという半ばあきらめのようなツイートが多いような気もしました。しかしエネオスはオリンピックのチケットがあたるキャンペーンをやっているみたいで、人間っていいなあと思う今日この頃です。

ちなみに各競技のチケットの値段が朝日のデジタル版にのっていました。これはフェイクではなく本当の正規の値段です。

タイトルとURLをコピーしました