マネー 副業

【口コミ】PayToday(ペイトゥデイ)の評判、審査なし?の噂などまとめてみた

PayToday(ペイトゥデイ)

PayToday(ペイトゥデイ)とは

PayToday(ペイトゥデイ)は2021年にスタートし人気を集めている2社間ファクタリングサービスです。

法人だけでなく個人事業主やフリーランスでも利用できるため、今まではファクタリングサービスを受ける機会が少なかった方でも使用できると人気を集めています。

手数料も安く入金速度も速いので、一刻も早く資金調達をしたいという人におすすめです。

 

PayToday(ペイトゥデイ)の提供するファクタリングとは

振り込まれる前の売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうサービスのことです。

売り上げが手に届く前に資金が必要になる場合の資金調達の手段として使用されることが多いといわれています。

借入とは違うので審査も通りやすいですが、手数料は高めに設定されていることが多いのが特徴です。

ファクタリングには2社間と3社間があり、Pay Todayは2社間です。

売掛先に気づかれることなく利用できるため、利用しやすいといわれています。

PayToday(ペイトゥデイ)仕組み

PayToday(ペイトゥデイ)はこんな人におすすめ

  • 個人事業主やフリーランスの人
  • 素早く現金が欲しい人
  • 事業を始めたばかりの人
  • ファクタリング初心者

 

PayToday(ペイトゥデイ)の魅力

スピーディーな入金

PayToday(ペイトゥデイ)は審査時間が短いため入金までにかかる時間が短いです。

その理由はAIファクタリングという方法でファクタリングが可能だからです。

対面で面接などが必要なくオンラインで入金までが完結するので入金までの速度が短くスピーディーに信金調達が可能になりました。

オンラインで申請してから最短30分で入金されるので、少しでも早く資金調達をしたいという方におすすめです。

 

手数料が安い

ファクタリングを使用する場合、どの業者でも手数料は必要になります。

PayToday(ペイトゥデイ)のサービスを受ける際にも手数料は必要ですが、他の会社と比べると良心的な手数料です。

しかも、最大の手数料が9.5%としっかりと明記されているため、どこまで手数料が上がるかという心配をする必要もありません。

 

ちなみに、手数料に関しては多くのファクタリング会社が最大の手数料を明記してないことが多く、気付いたら手数料が20%だったということもあります。

最初から最大の手数料分かった状態で使用できるのはありがたいサービスです。

 

【PayToday(ペイトゥデイ)の手数料】

1%~9.5%

PayToday(ペイトゥデイ)手数料

スタッフのほとんどが女性

PayToday(ペイトゥデイ)を運営している会社(Dual Life Partners株式会社)の代表取締役は女性です。

また、Dual Life Partners株式会社のスタッフの約7割も女性スタッフです。

ファクタリング業界自体女性の参入は珍しいため、女性ならではのきめ細やかな気配りを感じることができます。

女性が運営しているということもあってファクタリング初心者の女性の方にも人気があります。

 

安い買取金額からでも使用可能

PayToday(ペイトゥデイ)の最低買取金額は10万円です。

一般的にファクタリングサービスの最低買取金額は30万円~としていることが多いので、10万円から使用できるのは業界でも珍しいといえます。

手数料も1%からということでこちらも業界最安の水準かと思います。

上限も設けられていないということで、中小企業規模の会社には有難い設定ではないでしょうか。

ファクタリングサービスの中での限界値がPayToday(ペイトゥデイ)の金額という気がします。

 

売掛先にばれない

PayToday(ペイトゥデイ)は2社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングとはファクタリング会社とファクタリングを申し込んだ会社の2社間だけで行う取引なので、売掛先にファクタリングを使用しているということがばれません。

売掛先に知られずにファクタリングサービスを使用したいという人でも安心して使用できます。

 

掛目なし

PayToday(ペイトゥデイ)は掛目がないという特徴があります。

掛目がないので、売掛金の全てが買取の対象となり振込金額も大きくなります。

ファクタリングを行っている会社の多くが掛目を設けていることが多いため予想していたより振込金額が少なくなってしまうことが多々あります。

しかし、Pay Todayは掛目なしなので、手数料のみを引いた金額が振り込まれるため実際に手元に入る金額が多くなります。

 

【掛目とは】

売掛金の中で買い取り対象となる金額のことです。

例えば、100万円の請求書で掛目80%の場合、80万円が買い取り対象となります。

そこから手数料を引いた金額が振り込まれるという仕組みです。

どのファクタリングサービスを使用するか決定する際に掛目が何パーセントかは大切なポイントです。

 

PayToday(ペイトゥデイ)の注意点

給与ファクタリングはできない

PayToday(ペイトゥデイ)は給与ファクタリングを行っていません。

できるのは売掛金のファクタリングなので、注意しましょう。

 

個人は使用できない(個人事業主はOK)

PayToday(ペイトゥデイ)のサービスを受けられるのは、法人・フリーランス・個人事業主等です。

あくまで事業としてやっている人が対象なので、突発的な仕事に対しての個人での使用はできないので注意しましょう。

 

申請はオンラインのみ

PayToday(ペイトゥデイ)でファクタリングを使用するためにはオンラインで契約する必要があります。

電話やFAXや郵送などでは申請できないので注意しましょう。

ただし、オンラインでの申請方法について分からない場合は、電話で問い合わせることができます。

申請方法が分からないという方は電話で確認してみましょう。

オンラインで全て完結するので対面のような緊張がないので安心です!

PayToday(ペイトゥデイ)の審査なしの噂は?

PayToday(ペイトゥデイ)には審査はあります。

ネット上だと適当な噂が広まりやすく、またPayToday(ペイトゥデイ)が業界の中で最安、即日ということもあり間違って解釈されている一面があるのかと思います。

最安・即日イコール審査なしということではないので注意が必要です。

普通に考えて前払いで資金を提供してくれるわけですから当然審査はありますし、この審査の内容はブラックボックスで公表されるものではありませんが、どこのファクタリングサービスでも同様のものなので、そこまで構える必要はないのかと思います。

オンラインでの申し込みでAIの審査なので気軽に申し込んで問題ありません。

PayToday(ペイトゥデイ)審査

最短30分で審査が完了するので気軽に申し込みすることができます!

 

PayToday(ペイトゥデイ)の利用方法

必要書類

オンラインで申請する際に必要な書類があります。

書類の提出はPDFもしくは写真でアップロードしましょう。

 

  • 本人確認書類
  • 対象の請求書
  • 口座の入出金明細(直近6か月分)
  • 決算書(直近の)OR確定申告書(収支内訳含)

 

申請の流れ

  1. 公式ホームページで新規ユーザー登録を行う
  2. マイページで必要事項を入力後、必要書類をアップロードする
  3. 審査を受ける(場合によっては電話あり)
  4. 審査結果通知(24時間以内・メールにて)
  5. 審査通過後、入金



 詳細はホームページでチェック↑↑↑

ホームページから簡単に申し込みできます↑↑↑

 

PayToday(ペイトゥデイ)のようなファクタリングの知識が薄い方はYouTube動画を参考に勉強してみてください。

 

PayToday(ペイトゥデイ)注意事項

以下のケースは買取サービスを受けられない可能性があるので、注意しましょう。

 

  • 反社会的勢力、もしくはそのような団体と関与している場合
  • 運営会社やスタッフに高圧的な態度をとった場合
  • 個人の給与債権に関する買取

 

PayToday(ペイトゥデイ)の口コミや評判は?

PayToday(ペイトゥデイ)の口コミや評判を要約すると以下のような感じになります。

 

PayToday(ペイトゥデイ)の口コミ要約(良い口コミ)

  • PayTodayは法人だけでなく個人事業主やフリーランスの方でもファクタリングサービスを受けられる
  • PayTodayは2社間ファクタリングのサービスなので売掛先にファクタリングを使用していることがばれなくてよい
  • PayTodayを運営している会社の取締役が女性なので女性が利用しやすい
  • PayTodayを運営している会社の約7割が女性スタッフなので女性ならではの手厚さがあってよい
  • ファクタリング業は貸金業として届け出を出す必要がないがPay Todayはあえて届け出を出しているので安心できる
  • Pay Todayは手数料の上限が9.5%と決まっているので、手数料がいくらになるのか心配することなく使用できてよい
  • Pay Todayは掛目100%なので、受け取れる金額が高くなりやすい
  • 査定時間が短くて、全てオンラインで申請できるので時間を有意義に使うことができる点
  • 買取金額の幅が広いので、金額が低い売掛金でも買い取ってくれて助かる
  • スマートフォンでも手続きが可能なので外出先でもすぐにサービスを受けられるところ
  • AIファクタリングサービスを行っているので入金までの時間が短いところ
  • 個人事業主でも利用できるファクタリングサービスは少ないのでありがたい
  • 手数料以外に必要な費用がないので気軽に利用できる点

PayToday(ペイトゥデイ)の口コミ要約(悪い口コミ)

  • 給与ファクタリングはしていないところ
  • 個人での利用ができなかったり、審査が厳しめという噂があるところ
  • インターネットでの手続きが苦手な人には難しい

取締役も若い女性が務める PayToday(ペイトゥデイ)、会社としても経済界で注目を集めています。

ローンよりもファクタリングに注目が集まっています!

ファクタリングが資金調達の常識になりつつあります。

個人事業主でも利用できるのが有難いサービスです!

ファクタリングの注意点については行政書士の方のユーチューブ動画が参考になると思います。

 


 詳細はホームページでチェック↑↑↑

ホームページから簡単に申し込みできます↑↑↑

PayToday(ペイトゥデイ)は一年半で40億円を突破するものすごい勢いで伸びています!

【口コミ】FREENANCE(フリーナンス)の怪しい評判?デメリットや使い方などまとめてみた

PayToday(ペイトゥデイ)基本情報

運営会社:Dual Life Partners株式会社

取締役 :矢野名都子

所在地 :東京都港区南青山2-2-6ラセーナ南青山7F

TEL  :03-6721-0799

メール :support@duallife-partners.com

事業内容:売買不動産物件管理

売買投資用不動産の仲介

居住用住居の仲介

ライフスタイルコンサルティング

メディア事業 など

 

*Dual Life Partners株式会社は、ファクタリング会社としては珍しく貸金業として登録しています。

ファクタリング業は貸金業として届け出る必要がないにもかかわらず、しっかりと登録を行っているところが違法な業者ではないと安心できるポイントです。

 

-マネー, 副業

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5