トレンド

孫正義氏、ツイッターでPCR検査提供で大炎上!




孫正義氏、ツイッターでPCR検査提供で大炎上!

ソフトバンクの孫正義氏がツイッターで簡易PCR検査の機会を100万人に提供したいとつぶやき大炎上になっています。問題のツイートはこちら。

2017年以来のツイートを再開したと思ったらこのザマで、日本を潰す気満々と大炎上中です。そこで、このツイートの何が問題なのかを簡単にまとめていきたいと思います。

そもそもPCR検査とは?

PCR検査とはPolymerase Chain Reaction(ポリメラーゼ連鎖反応)の略で、微量の検体を高感度で検出する手法のことをいいます。クラミジア性尿道炎や淋菌性尿道炎、腎結核などもこの方法で調べることができるそうです。具体的には尿や粘膜などの検体を採取し調べるようで、そのキットが不足してるなどといったニュースで耳にしたことがある人も多いかと思います。つい最近ではアメリカのCDCが検査キットを全米各地に送ったのはいいが、その試験薬が汚染されていたとかで使いものにならなかったというニュースもありました。非常に優秀な機関として有名なCDCがこのようなミスを犯すということでも何かコロナウィルスの呪われた負の連鎖みたいなものを感じます。

PCRは尿や粘膜などから行う精密検査のこと

PCR検査の問題点は?

そこで孫正義氏のツイートの何が問題かということですが、このPCR検査というのがコロナウィルスに対して精度が低いということです。偽陽性、偽陰性と表現されますが、簡単にいうとコロナウィルスにかかっていなのに陽性反応を示したり、かかっているのに陰性反応をしたりするということです。これによりかかっていない人が大量に病院にかけつけることで、病院が他の患者さんも含め、対応できなくなり医療現場が崩壊してしまうというそこが問題点として指摘されています。

PCR検査が正確性に欠けるため、行かなくいい人が病院に駆け込みパニックに!

孫正義氏の炎上理由はまさにここです。しなくていいことで日本をパニックにするということで、もともと孫さんの場合アンチが非常に多い方なので、「医療崩壊」はまたたくまにツイッターでトレンドになってしまいました。

ツイッター上の孫正義氏への反応まとめ

ソフトバンクの株を全力で売れなど、激しい内容も多いようですが、やはり彼の場合は中国や韓国とズブズブの関係や彼自身の出自などから保守系の人から叩かれる傾向もあるようです。以下孫さんのツイートに対する反応をまとめてみました。

そして撤回

3年ぶりにツイートで炎上、二時間後に撤回!?

あまりのアホな内容にツイッター民からの集中砲火、知識人や政治家などからも袋叩きで、さすがにすぐに撤回的なツイートをされています。テレビで問題発言連発の上昌広氏とのつながりも指摘され、やはりこの人、日本を潰したくて仕方がないようです。こういう非常時になるといろいろ炙り出されてどういう裏がある人なのかがバレてしまうので行動には気をつけた方がいいと思うのですが、大物ほど簡単に自ら名乗りでてくれるのはおもしろいところです。日本よりもソフトバンク自体を心配した方がいいと思うのはおせっかいでしょうか。

日本はつぶれない。

 




-トレンド

© 2020 ザッタポ Powered by AFFINGER5