美容

高校生の女子でも起こる薄毛の問題、改善策




高校生の女子でも起こる薄毛の問題、改善策

 

この記事では、高校生の女子でも起こる薄毛の問題と改善策について解説しています。

 

・高校生なのに薄毛になることはあるの?

・高校生に起こりうる薄毛の種類は?

・薄毛になった場合の改善策が知り得たい!

 

これらの疑問にお答えしていきます。

 

薄毛はある一定年齢の男性に多いと考える方は多いものです。

しかし、最近では女性の薄毛が問題になっており、さらにまだ若い女子高生までもが薄毛に悩んでいると言うのです!衝撃的ですが、真実です。

 

若い方の薄毛は、きちん改善策を行うことで治りも早く済みます。

 

そこで今回は「高校生の女子でも起こる薄毛の問題、改善策」と言うことで、女子高生の薄毛問題の改善策をご紹介していきます。

 

最後までお読みいただくことで、お悩み改善に役立つでしょう。

それでは早速ご紹介していきます。

 

高校生の女子に起こる薄毛の種類と原因

世間一般的に、高校生の女子は薄毛とは縁がなさそうに思えます。

しかし実際は、薄毛に悩む女子高生も多くいます。そんな悩める高校生に起こる薄毛とはどのような種類の薄毛なのでしょうか?以下で詳しくご説明してきます。

 

高校生の女子がなる薄毛の種類

薄毛の9割は「男性型脱毛症(AGA)」と呼ばれるもので、女性の場合は「女性男性型脱毛症(FAGA)、若い方だと「若年性男性型脱毛症」とも呼ばれます。

 

薄くなる場所はM字ハゲ、U字ハゲ、O字ハゲとありますが、どれも全部種類は上記のものに当てはまります。

 

若年層の薄毛は、遺伝による場合も多いですが、生活習慣が原因で起こる場合も多く、その場合は育毛剤や病院に行かなくても生活習慣を改めることで改善する可能性が高いのが若い方の特徴です。

 

薄毛になるメカニズムは、ホルモン変化から起こります。

 

男性ホルモン「テストステロン」と「5αリダクターゼ」という還元酵素が結びつくと「ジヒドロテストステロン(DHT)が生成されます。

 

この「ジヒドロテストステロン」は「脱毛ホルモン」とも呼ばれていて、髪の成長を抑制し、皮脂を過剰に分泌することで髪に悪影響を及ぼすのです。

 

女性も男性ホルモンを持っていますので、薄毛になるメカニズムは同じです。

この脱毛ホルモンが分泌されることで、男性も女性も、年齢に関わらず薄毛になります。

カオルデイシャンプーの口コミを調べてみた!最安は公式サイト?

高校生の女子が薄毛になる原因

高校生という時期は、いわゆる成長期にあたります。男女ともホルモン分泌が多くなり始めることで脱毛症になりやすい時期です。

 

しかしホルモンの分泌だけが、薄毛の原因ではありません。生活環境の乱れやストレスなどでホルモンバランスが乱れることで、脱毛症の発症リスクを高めてしまいます。

 

高校生といえば、受験のストレスや学校生活での悩みなど、大人と同じくらいかそれ以上に悩みの多い時期です。以下で、考えられる薄毛の原因をまとめました。

 

〈薄毛の原因〉

⒈食生活

⒉ストレス

⒊睡眠不足や眼精疲労

⒋運動不足

⒌血行不良

⒍遺伝

⒎頭皮環境

⒏ピル

 

下記で詳しくご説明してきます。

マイナチュレサプリの口コミ効果、その最安値のカラクリ

 

⒈食生活

偏った食生活は薄毛の原因となります。髪の原料になる「タンパク質」や髪の育成を促進する「ビタミン・ミネラル」が不足すると髪が生えにくくなるのです。野菜不足で油物が多い、塩分や食品添加物を取りすぎている方は薄毛リスクを高めます。

高校生ぐらいから少しづつお小遣いやバイト代などで所持金も増えて、自由にコンビニを利用するようになると思います。

コンビニは健康を崩す一番危険な エリアなので要注意ポイントです。

 

⒉ストレス

ストレスがたまると、男性ホルモンの分泌が多くなります。ストレスは血管を萎縮させ、頭皮に必要な栄養素を阻害する恐れがあり、髪の発育に悪影響を与えます。

 

⒊睡眠不足や眼精疲労

睡眠不足や眼精疲労も薄毛の原因になります。勉強で夜更かしをすることは、仕方ない場合もありますが睡眠時間はしっかりとりましょう。また、スマホゲームは眼精疲労の大きな原因です。

 

⒋血行不良

血行不良は薄毛の原因になります。夏だからと薄手のファッションで体を冷やすことや、冷たい飲み物の飲み過ぎ、毎日シャワーで湯船に浸かる習慣がない方は、意識的に体が温まる食べ物を食べましょう。

 

⒌運動不足

運動不足は血行不良につながります。適度な運動で体を温めることは大切です。また、筋肉は体の基礎代謝を高め、運動していない時間も体を温めてくれます。

 

⒍遺伝

高校生で薄毛になる原因は、生活習慣の乱れもありますが、やはり遺伝という可能性も大いにあります。家族に薄毛の方がいる場合は、日頃から薄毛が悪化しないように頭皮環境を整え、対策する必要があるでしょう。

 

⒎頭皮環境

年齢の若い高校生は、代謝がよく頭皮から多くの汗をかきます。その為、雑菌が繁殖しやすいのです。毎日頭皮や髪を清潔に保ち、カラーやパーマ、整髪料などで頭皮環境を悪くしないように気をつけましょう。

高校生の場合、まさか自分がはげるなんて思っていないので、髪を平気で傷める場合があります。

ちょとした今までにない変化をきっかけに皮膚の健康バランスが崩れてしまうケースもあるので注意したいところです。

究極の頭皮ケアとしてはシャンプーなど一切使わない湯シャンというものもあります。

若い人よりは中高年向けのケアとして支持されつつありますが、高校生でも試す価値はあるかもしれません。

 

⒏ピル

高校生でピルを常用している方もいるでしょう。ピルは女性ホルモンを安定させ、生理痛などを改善しますが、使用前より女性ホルモンを減少させてしまいます。

その為、女性ホルモンの減少が「脱毛ホルモン」を優位にさせてしまうのです。

ピルを飲んでいる方は、薄毛になることがリスクとしてあることを知っておくと良いでしょう。

 

以上、高校生の女性が薄毛になる原因について解説してきました。

 

口コミを参考にトリコチロアールの効果を記事にしてみた

高校生の女子に起こる薄毛の改善策

薄毛の原因は大きく分けて「遺伝」と「生活習慣の乱れ」です。遺伝を断ち切ることはできませんが、生活習慣を改善することはできます。以下で、高校生の女子が取り組める薄毛の改善策をご紹介していきましょう。

 

食生活を見直す

薄毛にならない為にも、髪に必要な栄養素は積極的に取り入れましょう。

 

・ビタミン・・・血行促進・髪の老化防止

・タンパク質・・・髪の毛の原料

・ミネラル・・・髪の育成を促進

 

バランスの良い食事を心がけながら、上記の栄養素を積極的にとりいれると髪の発育に効果的です。また、「イソフラボン」と「亜鉛」には5αリダクターゼを抑制する効果があるため、イソフラボンの多い「納豆・豆腐」、亜鉛の多い「牡蠣・煮干し・スルメ・チーズ」などを食べることをおすすめします。

 

逆に、控えてた方が良いのは「塩分」「油物」「食品添加物」です。ラーメンやファーストフード、スナック菓子の食べ過ぎには注意しましょう。

 

生活習慣を見直す

食生活だけでなく、生活習慣も見直すことをおすすめします。

 

・夜更かしはしない

・寝る前のスマホは控える

・体を冷やす服装は避ける

・ストレスを軽減できる方法を考える

・悩みすぎない

 

生活習慣を変えることは、簡単なこともあれば難しいこともあります。薄毛に悩むこともストレスですし、無理に生活習慣を改善することがストレスにつながるかもしれません。

個人個人にあった、無理のない方法で生活習慣を見直していきましょう。

 

まとめ

それでは今回は「高校生の女子でも起こる薄毛の問題、改善策」ということで解説してきました。

 

薄毛は男性だけのものではなく、女子高生で薄毛に悩む方もいます。

しかし若い方の薄毛は、正しい改善策を行えば、深刻にならずに改善することもできます。

食生活や生活習慣を見直し、薄毛の悩みとおさらばしましょう。

 

それでは今回は以上です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。




-美容

© 2021 ザッタポ Powered by AFFINGER5