美容

薄毛の人が気をつけたい食生活とおすすめのエクササイズ




薄毛の人が気をつけたい食生活とおすすめのエクササイズ

 

薄毛は、自分にあう予防法や解決策がわからずに1人で悩みを抱えている方も多くいます。人に相談しにくい問題でもあります。

薄毛対策には、育毛剤や頭皮マッサージなどのお手入れに加えて、日常の食生活の見直しやエクササイズを取り入れることで、予防や改善に効果的です。

ここでは、頭皮や髪の毛に良い食べ物や気をつけたい食生活、そしておすすめのエクササイズをご紹介していきますので、ぜひ役立ててください。

 

頭皮と髪の毛に良い食べ物

髪の毛のほとんどはタンパク質、亜鉛、ビタミンでできているケラチンで作られています。普段の食事でこれらの良質な栄養素を摂っていくことが頭皮と髪の毛には大切です。

 

・大豆製品

大豆に豊富に含まれるイソフラボンは、男性型脱毛症【AGA】の原因物質を抑える働きがあり注目されています。また、頭皮の血行促進、抗酸化作用で、血液をサラサラにし頭皮と髪の毛に栄養を送ります。

 

・卵

髪の毛の栄養となるタンパク質、亜鉛が取れます。また、黄身に「ビオチン」という、ビタミンHが含まれています。これは髪の毛を構成するアミノ酸の働きを促進させ、育毛効果の高い栄養素と研究結果がでています。発毛促進のため、頭皮の血行を良くします。

 

・鶏むね肉

良質で豊富なタンパク質が取れます。またコラーゲンが、頭皮と髪の毛のハリ、弾力、太さ、潤いを与えます。

 

・牡蠣

亜鉛、アミノ酸がたっぷり含まれ髪の毛に栄養を与えます。グリコーゲンが老廃物を排出、疲労回復や代謝をあげ、頭皮の健康に働きます。またタウリン、ビタミンB群も代謝を上げたり、頭皮の皮脂分泌を抑えて毛穴の詰まりを予防します。

 

・レバー

ケラチンの主成分、タンパク質や亜鉛が豊富に含まれます。またビタミンAやビタミンB群が過剰な頭皮の皮脂分泌を抑え、毛穴の詰まりを防ぎます。髪の毛のパサつきから弱い髪の毛になるため、鉄分不足を補います。

 

・ごま、ナッツ類

ビタミンEが豊富に含まれ、過酸化脂質を防ぎます。サラサラな血液にして、髪の毛を作っていく毛母細胞へ栄養を届けやすくします。

イソフラボンは妊活にも良いと言われたりします。

要は大豆最強説というところかと思います。

プレメント(妊活サプリ)の口コミって効果アリ?公式サイトの情報も

食生活の見直しポイント

高カロリー、高脂質、高塩分、高糖分な食事はできる限り避けましょう。悪玉コレステロールの増加から、血液がドロドロになり頭皮の毛根や毛根細胞が老化して、弱く抜けやすい髪の毛になります。

また、過剰な皮脂分泌が毛穴の詰まりの原因になります。

 

・アルコールの取り過ぎ

体内でアルコール分解する際、アセトアルデヒドという有害物質が出ます。

これが、男性型脱毛症【AGA】の原因となる男性ホルモンを増加させます。また亜鉛不足を起こし、弱い髪の毛になっていきます。

 

・就寝前に食べる

胃に負担をかけ、睡眠の質を下げます。午後10:00〜午前2:00に良質な睡眠が取れると髪の毛の成長ホルモン分泌が効果的に働き、育毛を助けます。しかし睡眠前に食事を取ると、胃の消化活動に栄養、酸素が送られてしまうため、髪の毛や頭皮の成長を妨げてしまいます。

 

・ダイエットに注意

きついダイエットは発毛、育毛に影響を及ぼします。体全体の栄養不足は心身のストレスやホルモンバランスの乱れを起こし、不健康な頭皮と髪の毛にしていきます。また栄養が偏ってしまうような、同じ物を食べ続けたり、極端に食事を減らすのはやめましょう。頭皮や髪の毛も栄養不足になっていきます。また油分不足も頭皮の皮脂不足から、乾燥し抜け毛の原因になります。バランスの良い食事と、ストレス解消で、健康的な心身を心がけましょう。

プレミアムブラックシャンプーの口コミで白髪効果を調べてみる

効果的なエクササイズ

運動不足は、体の新陳代謝を低下させたりや血行不良を起こします。すると頭皮や髪の毛にも栄養や酸素不足から薄毛に影響してきます。

有酸素運動と無酸素運動をバランスよく取り入れていくことが効果的です。

 

・有酸素運動

薄毛対策には有酸素運動が効果的です。体内に酸素を取り込み、運動開始20分後から脂肪燃焼をする運動です。少ない負荷で時間をかけて体を動かす為、全身の代謝が良くなります。血行促進、頭皮の代謝向上により育毛、発毛に良い影響を与えます。

また過剰な皮脂分泌などのバランスの乱れが、運動による達成感やストレス解消により自律神経が整うことで改善が期待できます。

ジョギング、ストレッチ、ヨガ、水泳、サイクリングなど手軽に行える有酸素運動を20分以上行うことで、薄毛対策に良い効果が期待できます。

サーファーにハゲがいない説を唱える人もいるようですが、サーフィンは結構な有酸素運動。

塩のせいか運動のせいか、その両方か…

しかし筆者の知り合いのサーファーはハゲてます。

・無酸素運動

筋肉にある糖質を使っていき、短い時間で筋肉に負荷をかけていく運動です。筋肉疲労の回復時、成長ホルモンが分泌して育毛促進に期待できますが、過度の無酸素運動は注意が必要です。体の筋肉増加により、男性型脱毛症【AGA】を進行させる男性ホルモンが活発になってしまいます。薄毛対策と筋トレや短距離などを行う場合は、週に1回程度行うと、筋肉修復と増加が期待できます。さらに代謝が向上にして、薄毛対策に効果的です。筋肉の修復に髪の毛の主成分、タンパク質が必要なためしっかり摂取しましょう。

 

自分に合う食生活とエクササイズ

負担にならないよう無理をせずに、内側からのケアをしていくことが大切です。

自分の好きな食材で頭皮と髪の毛に良い食事を取ったり、日頃の食生活を見直し、行いやすいエクササイズを取り入れて、ストレスを溜めずに薄毛対策の効果をあげていきましょう。

激しい運動ははたしてどうなのでしょう?
偏見ですがマッチョとハゲはシンクロするような気もします…




-美容

© 2021 ザッタポ Powered by AFFINGER5