エンタメ

ユリコ様伝説、ネタバレ第一話




「そして、ユリコは一人になった」U-NEXTで配信中

現在U-NEXTで配信中の「そして、ユリコは一人になった」は、第18回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した貴戸湊太の同名小説が原作になっているドラマです。一応、嶋倉美月役の玉城ティナが主演となっていますが、ユリコ様がメインテーマとすると矢坂百合子役 の岡本夏美も主役といってよく、実際はダブル主演のような形だと思います。

「そして、ユリコは一人になった」2020年3月6日に第一話配信、ネタバレ注意

「そして、ユリコは一人になった」は、百合ヶ原高校(小説では神戸市灘区にある進学校の設定)を舞台に「ユリコ様伝説」をめぐり、生徒や先生の人間関係が入り乱れ展開していくミステリーです。

そもそも「ユリコ様伝説」とは1970年代にいた生徒にユリコという名前の生徒がいて、この生徒が屋上から飛び降り自殺を図り、その呪いが後にユリコという名前の生徒にかかるような形で受け継がれているというもの。学校の中のユリコという名前の生徒が最終的には一人になり、学校を支配するようになるというものです。淘汰される他のユリコは退学であったり、事故だったりでいなくなり、このドラマの中では現時点で3年生の筒見友里子 ( 天野はな)がユリコ様として君臨していることになっています。

二年生のユリコは淘汰されていない状態、そして一年生にはまだ入学してひと月経ったぐらいなので、4人のユリコがいて、これからドラマの中で次々に排除されていくという展開です。

  • 筒見友里子 - 天野はな(現ユリコ様)
  • 矢坂百合子 - 岡本夏美
  • 西島揺子 - 大原梓
  • 岸ゆり子 - 中尾有伽
  • 松沢佑璃子- 村山優香

村山優香さんがメイドカフェ ハートオブハーツを訪れていたというプチ情報ゲット。このメイドカフェで働いている子が生徒役で出演しているみたいです。

「そして、ユリコは一人になった」第一話の展開

第一話の展開としては、矢坂百合子 ( 岡本夏美)が学校始まって一ヶ月ぐらいなのにいきなりクラスでいじめられていて、隣のクラスには中学からの親友嶋倉美月(玉城ティナ)がおり、この嶋倉がなぜかユリコ様伝説の話を知っていて矢坂にその話を意味深に伝えてきます。ちなみに矢坂をいじめてる生徒の一人に光野沙良 ( 森迫永依)がいますが、彼女は昔「ちびまる子ちゃん」の実写版のドラマで主役を務めて話題になった子役出身の女優さんです。大きくなりました。

そしてある日、三年の浅香樹里 (紺野彩夏)と現ユリコ様の筒見友里子 ( 天野はな)がもめている現場に居合わせる矢坂と嶋倉。(他に一年のユリコ全員がなぜか同時に居合わせている)後にこの浅香が校舎の屋上から飛び降りるという展開になりますが、命はなんとかとりとめます。

気になる脇役として、進藤あきら (松井健太)が最初の方から矢坂を盗撮してるっぽく演出されていて気になります。

他後半に重要な役になっていくのが、二年生のユリコ様を崇拝する二人、由利小太郎 (小越勇輝)と岼子美咲 ( 柴田杏花)、そして化学の先生、高見沢友利夫 (平岡祐太)も後に重要な役柄であることがわかっていくと思います。

相関図などは関テレのホームページがわかりやすいです。




-エンタメ

© 2020 ザッタポ Powered by AFFINGER5