エンタメ

三石琴乃の結婚や旦那(夫)の情報は?子供や過去の破談話などまとめてみた

三石琴乃

三石琴乃(みついしことの)さんは、1967年12月8日生まれの声優、女優、「美少女戦士セーラームーン」の月野うさぎ役で有名な方、誰しも一度は聞いたことのある声の主だと思います。

最近はNHKの大河ドラマ「光る君へ」の出演など、女優としての活動も目立ちます。

キャリアとしては30年以上を誇り、ベテランの域に達している三石さんですが、プライベートは謎に包まれている印象があります。

この記事では、三石琴乃さんの結婚や旦那(夫)の情報、子供や過去の破談話などをまとめています。

三石琴乃の結婚や旦那(夫)の情報

三石琴乃さんは、1999年12月に結婚をしていて独身ではありません。

正式な発表はないですが、彼女のXで2019年12月8日に誕生日と結婚20周年を祝う投稿があることから公になった経緯があります。

三石さんが32歳の時の結婚で、20年経ってもケーキでお祝いするところをみると、夫婦仲は良好であることが伺えます。

旦那(夫)についての具体的な情報は公開されていませんが、過去のラジオ放送で彼が声優業界には属していないが、関連業界の人物であることが明かされています。

制作スタッフや作家などの職に就いている可能性が高いと言われています。

三石さんには当初結婚願望がなかったと言われていますが、彼女の夫が住んでいたアパートの取り壊しを機に、一緒に住むことになり、その後流れで結婚に至ったのだとか。

旦那(夫)の料理が彼女の好物のようで、特にローストビーフは人生の最後に食べたい一品としてもあげるほどのお気に入りなのだそうです。

結婚記念日の写真にもしっかりとローストビーフが写っています。

大沢たかおさんがタイプという三石さんなので、旦那さんも渋い系のルックスなのかもしれませんね。

B'zの稲葉浩志さんのファンでもあり、楽しい人が好みという部分もヒントになる要素だと思います。

三石琴乃に破談の過去

今の旦那(夫)との結婚を当初ためらっていたと前述しましたが、その理由の一つとして、三石さんの二十代のころのつらい破談の話があります。

三石琴乃さんは、セーラームーンの最初のシーズンの最終盤に重要な時期に緊急入院する事態に直面しました。

彼女は穿孔性卵巣嚢腫と診断され、卵巣の一部を摘出する手術を受ける必要がありました。

この出来事は、彼女の仕事だけでなく、個人生活にも大きな影響を与えました。

なんと、彼女はこの時期に結婚を控えていたのですが、病気と治療のために結婚が破談となったのです。

結婚式の日取りまで決まっていたようです。

彼女の回顧録『ことのは』では、この経験が詳細に語られています。

恋人の母親からの心ない言葉に傷つき、また「自分は古い人間だから妻には家にいてほしい」という担当医の言葉に対しても疑問を呈しています。

これらの経験は、特に当時のアイドル声優ブームの中で活躍していた彼女にとって大きな挑戦で、「わたしは、赤ちゃんを産むためにだけ、存在しているわけではない」とも述べています。

また、三石さんの回顧録には、セーラームーンの放送期間中に彼女が現場を離れた5週間(3週間の入院と2週間の療養)を秒に換算した、302万4000秒という数字が記されています。

これは、彼女が経験した困難な時期を象徴するものであり、その苦難を乗り越えた彼女の強さを示しているのではないでしょうか。

結局、その時のお相手が三石さん側に立ってくれなかったことが結婚破談の原因になったのではないでしょうか。

波乱に満ちた三石さんの若い頃のエピソードはあまり知られていないかもしれません。

その分現在の幸せな家庭を大事にしているのかもしれませんね。

ご自身ではポジティブな性格と分析されていて、そういった前向きな姿勢で乗り切ってこられたのかと思います。

三石琴乃の病気で入院した過去

三石琴乃さんのキャリアには予期せぬ健康上の試練がありました。

1993年、当時24歳の三石さんは下腹部の激痛に襲われ、虫垂炎と報じられましたが、後に卵巣嚢腫と腹膜炎を併発していたことが判明しました。

この病状は命に関わるもので、入院して緊急手術と長期の療養が必要となりました。

その結果、『美少女戦士セーラームーン』シリーズの最終回の収録に参加できず、代わりに荒木香衣さんが代役を務めることに。

三石さんは後にこのシリーズに復帰し、『セーラームーンR』から出演を再開しましたが、最終回の不参加は彼女にとって大きな心残りでした。

彼女はのちに『アニメイトカセットコレクション3巻』で『セーラームーン』最終回の特別版を収録し、感動的な瞬間をファンと共有しました。

その後、三石さんは2004年に女児を無事出産し、家庭生活にも喜びを見出していました。

しかし、2008年には新たな試練に直面。

今度は乳がんと診断されたのです。

彼女は痛みを感じて病院を受診し、マンモグラフィと乳腺エコーで異常が発見されました。

16ミリのしこりが切除された後、病理検査で一部が悪性と診断されました。

しかし、セカンドオピニオンを受けた結果、最初の診断は誤りであり、実際には乳がんではなかったことが判明したのだとか。

三石さんはこの体験を通じて、医療の重要性と自分でしっかりと判断することの大切さを語っています。

三石琴乃さんのこの一連の病気体験は、彼女の人生における重要な局面であり、多くのファンにとっても衝撃的な出来事で、彼女の結婚や家族への想いが強い理由もここにあるのではないでしょうか。

三石琴乃の子供について

三石琴乃さんは、1999年12月に結婚し、その5年後の2004年に娘さんを出産しました。

興味深いことに、彼女の親しい友人であり、「エヴァンゲリオン」の共演者である声優の林原めぐみさんもほぼ同時期に女の子を出産しています。

出産後、三石さんは驚くほど早く、たった1ヶ月で仕事に復帰しました。

この時期は「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の放送があった時期で、産後の影響でアフレコの際には一行のセリフを言うのがやっとで、苦労されたとのことです。

ガンダムSEEDは最近ようやく映画化のメドがたったということでも話題になっていますね。

また、赤ちゃんの娘さんとの別れが毎回辛かったとも述べています。

娘さんは、2024年には21歳ですでに成人を迎えています。

三石さんはX(旧Twitter)で、自身の演じるアニメキャラクターや飼い猫の画像を投稿することが多いですが、近年では娘さんに関するつぶやきも増えてきました。

娘さんと映画を観に行ったり、月夜にお茶菓子を楽しむなど、親子の仲はとても良好なようです。

 

料理にも興味を持つ娘さんは、手作りスイーツに熱中しているようで、2020年12月21日には、娘さんが作ったアップルパイの画像が三石さんのXに投稿されました。

甘いもの好きの三石さんは、この他にも白玉クリームあんみつやシャトレーゼのアイスが好きと公言しています。

ホットケーキも美しく焼けており、料理の才能があることが伺えます。

また、二人は母の日にサプライズでカーネーションの花束を交換したり、自宅で日本舞踊を楽しんだりするなど、非常に温かい家族であることがわかります。

娘さんもまた芸能の道に行く気はないのか、ファンの期待する声を多いようです。

残念ながら顔出しはしておらず、娘さんの画像などは確認することができませんが、この先どういう道に進んでいくのかが気になりますね。

あつまれどうぶつの森の師匠は娘さんなのだとか。

三石琴乃の経歴をおさらい

三石琴乃さんは埼玉県戸田市出身で、若い頃は千葉県流山市で育っています。

学歴としては、千葉県立柏南高等学校を卒業した後、声優のキャリアを目指して勝田声優学院に入学。

学生時代は体操、硬式テニス、放送部で活躍。

ここで彼女は、後に著名な声優となる森川智之や高木渉といった同期生と出会います。

元々は保育士になることを夢見ていた三石さんですが、就職が困難となり、新たな道を模索。

彼女はラジオドラマの愛好者であり、小学校の放送委員会での経験も活かし、声優という職業に興味を持ち始めます。

特に、高校3年生の夏休みに参加した声優養成所のサマースクールが彼女にとって重要な転機となりました。

声優学院在籍中、三石さんは水鳥鐵夫に師事し、卒業制作での演出助手を務めました。

これは、彼女の舞台に対する洞察力と演技スキルを高める重要な経験となります。

学生時代は内向的な性格だった三石さんでしたが、彼女はサンシャイン60でのエレベーターガールやスポーツクラブの受付といったアルバイトを経験し、声優への道を着実に歩みました。

また、東京都庁での大気汚染調査の無線連絡係としての職も経験しています。

プロフェッショナルなキャリアを開始したのは、1989年に北海道電力泊発電所の安全PRビデオのレポーターとしてで、続いて「エースをねらえ! ファイナルステージ」の友代役で声優デビューを飾ります。

1990年にはセガのイベントでナレーターコンパニオンとして活動し、さらに劇団あかぺら倶楽部を同期と共に設立し、舞台活動にも精を出しました。

1991年に「ジャンケンマン」のレギュラー出演を経て、「新世紀GPXサイバーフォーミュラ」のヒロイン、菅生あすか役を演じます。

若いころ、「声優グランプリ」などの雑誌ができたあたりは、グラビア撮影の仕事もこなしていたとか。

そして1992年、「美少女戦士セーラームーン」の月野うさぎ(セーラームーン)役で一躍脚光を浴びます。

彼女は「新世紀エヴァンゲリオン」の葛城ミサト役や「ワンピース」のボア・ハンコック役など、成熟した女性キャラクターの声を数多く担当し、声優としての地位を確固たるものにしました。

1999年に結婚し、その後劇団を退団。

所属事務所ももともとはアーツビジョンにいましたが、現在はフリーランスとして活動(雑務なども自分でこなすそう)しています。

三石琴乃

三石琴乃は芸名で、ご両親が琴を好きだったことからつけたそうです。

趣味は着物を着ることと手芸。

中川翔子さんからの100の質問に答える三石さん、素顔は明るい方なのがわかります。

三石琴乃の結婚や旦那に関するまとめ

声優、女優として着実にキャリアを重ねてきた三石琴乃さん。

結婚は1999年にしてから円満にこれまできているようです。

旦那(夫)の名前や顔画像などは公表されていませんが、SNS等で仲の良い様子は垣間見ることができます。

娘さんもお母さん思いのお子さんのようで、家族3人非常にうまくいっていることが伺えます。

フリーで長いこと第一線で活躍されている裏には、家族の支えが大きいのではないでしょうか。

女優としての活動も順調で、今後声優以外での仕事も増えていくのかと思います。

お子さんも成人して、手が離れていけば旦那さんとの関係などをバラエティ番組などで披露する場面も出てくるかもしれませんね。

今後の三石琴乃さんの活躍、プライベートからも目が離せません。

山田かなの結婚や旦那(夫)の情報は?熱愛彼氏の情報もまとめてみた

 

 

-エンタメ

© 2024 ザッタポ Powered by AFFINGER5