トレンド 副業 生活

アマゾンの「システム内部にエラーがありました」で注文ができない時に試すこと




クリスマス商戦で書き入れ時なのにアマゾンさん何やってるの?という感じですが、アマゾンでたまに起きる「申し訳ありません。システム内部にエラーがありました」問題。

申し訳ありません

申し訳ありません。
システム内部にエラーがありました。問題はすでに記録済みで、今後調査を進める予定です。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

[ショッピングを続ける]

アマゾンになにか出品する側であれば時折ありそうですが、買うお客側でシステムエラーの文字を見るとドキッとする人も多いのではないでしょうか。

この記事ではこのシステムエラーが出た時に試すべき対処法をいくつか挙げていきたいと思います。

ブラウザを替えてみる

一番簡単にまずやってみるべきなのはブラウザを替えてみることかと思います。

グーグルのクロームを使っている人であれば一時的にFirefoxに替えてみるなどブラウザはいくもあるのでやってみる価値はあると思います。

最近はスマホで全て完結する人も多いので、アマゾンのアプリで購入する人もいると思います。

基本的にこのシステムエラーの表示はパソコンのブラウザを経由して買う場合がほとんどのようです。

スマホでもブラウザを経由して買う人も少なからずいると思いますが、その場合も違うブラウザのアプリを経由してみるなど、試してみる価値はあるのではないでしょうか。

スマホのアプリで注文

上で述べたようにアプリ内でのシステムエラーよりもパソコンでのブラウザ経由の注文の方がエラーの報告が多いようです。

その場合はパソコンではなく、スマホもしくはタブレットなどのアマゾンのアプリ経由で買うとすんなり行く場合があります。

普段パソコンに慣れてしまっている人にとっては面倒ですが、アプリ内での買い物の方が楽な場合もあるのでこちらにも慣れておく必要はあると思います。

アマゾンアプリのキャッシュデータの削除

万が一アプリの方でもエラーが出る場合はアプリのキャッシュデータを削除してみましよう。

iPhoneを利用している方はアプリの設定でキャッシュデータを削除することはできないので、一度アプリをアンインストール、その後もう一度インストールし直すことでクリアになります。

Andoroidを利用の方は、設定でキャッシュの削除が可能です。

 

設定→アプリ→アプリを管理をタップ。

アマゾンのアプリを選択し、右下のデータをクリアをタップ→キャッシュをクリアが出てくるのでそこをタップです。

 

また違うやり方ですが、アプリの強制停止でも直る場合があります。

オーディブルの無料体験ができない?解約や返品についてもまとめてみました

ブラウザのキャッシュクリアとCookie削除

アプリ同様にブラウザでもキャッシュクリアまたはCookie削除で直るケースがあります。

簡単に説明すればこれまでの履歴やたまっているデータなどを削除してまっさらなところからスタートすることで不具合を回避しようという試みです。

アマゾンの公式アカウントもこの方法を推奨しています。

というか一ユーザーのつぶやきにも丁寧にアマゾン公式が対応しているというのを今知りましたが、なかなかすごい対応だと思います。

この削除の方法ですが、ブラウザによって微妙に違うので「クローム キャッシュクリア」「Firefox Cookie削除」など個別に検索をかければ簡単にわかるのでお試しください。

基本的には設定からプライバシーとセキュリティの項目で閲覧履歴データの削除といった流れになるかと思います。

それでも「システム内部にエラーがありました」が解消されない場合

基本は上記のようにブラウザを替える、キャッシュクリアなどのデータの削除、アプリを試すなどが対処法になりますが、それでもダメな場合は時間を置くしかないかと思います。

単純にアマゾン側で本当にトラブルが起きていて復旧を待つしかないというパターンもあるわけです。

ですがその前にもう一つ、あなたのネット環境自体がエラーになっていないかの確認も必要です。

家でWi-Fiを使っている人であれば、スマホの4Gや5Gの携帯の電波を使ってアクセスしてみるなど、通信環境を替えるというのも最終チェックとして残ってはいます。

それでもどうにもならない場合は素直にアマゾンに聞いてみましょう。

最近のアマゾンは問い合わせもしにくい感じがします。

まずどこから問い合わせページに行くんだという障壁がありますが、一番簡単なのは「アマゾン 問い合わせ」で検索をかけて一番頭にくるページへ飛べば行けるようになっています。

そこでメールで問い合わせるか、チャットか、もしくは電話(電話は向こうからかけてもらうようになっているシステム)になります。

以前のようにフリーダイヤルでつなぐ形式の問い合わせは今行っていないので、そこがカスタマー側からするとちょっとめんどくさい仕組みにはなっています。

またツイッターで「アマゾン システム内部にエラー」などと検索すればリアルタイムで同じ問題に直面している人がいるかがわかるので、これも一つの方法。

また先ほど紹介したツイートのように、直接アマゾンのツイッターアカウントに質問を投げかけるのもアリだと思います。

このAmazon Help (@AmazonHelp)のアカウントは日本語だけでなく全世界共通なので、一瞬問い合わせにひるんでしまいますが、「ツイートと返信」の方をみれば日本語での問い合わせをしている人もバンバンいるので普通にレスする感じで日本語でツイートして問題ありません。

このように「ツイートと返信」の方では日本語でのやり取りが行われているのがわかると思います。

アマゾンの「システム内部にエラーがありました」問題、これはシステムを運営していく中では定期的に起こってしまうことだと思うので、気長に復旧を待つしかないというのが本当のところかと思います。

 




-トレンド, 副業, 生活

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5