エンタメ

平手友梨奈さんの脱退理由を徹底調査してみました




平手友梨奈さんの脱退理由を徹底調査してみました

平手友梨奈さんと言ったら、14才で欅坂46の一員として初登場して、センターに据えてブレークした『カリスマ』になります。

そういう平手友梨奈さんは最近、広範囲に奮闘していますが欅坂46を脱退した理由が興味を惹かれませんか?

そういう訳で本日は、

・平手友梨奈の略歴

・平手友梨奈の脱退したわけ

・平手友梨奈の脱退してからの動き

を主体としてレポートを要約していこうと思います。

1番気に掛かる平手友梨奈さんの脱退理由に関しましても、徹底的に解説するということでラストまでご確認ください!

平手 友梨奈氏の略歴

氏名:平手 友梨奈(ひらて ゆりな)

出生日:2001年6月25日

年:20才

血液型:O型

生まれ:愛知県

職種:女優・モデル・歌手・タレント・ダンサー

所属:Seed & Flower合同会社

身長:163㎝

特技:ダンス

元欅坂46の平手 友梨奈さんは、小っちゃい頃からアイドルを目指していたということではなく、お兄さんの一言でオーディションを受けてみようと考えたと言われていますね!

芸能人としてデビューするまでは『ピアノ』『バレエ』『バスケ』といったレッスンやクラブ活動をしておられました。

平手 友梨奈さんのダンスが優れている評価されのには、バレエが影響を与えていると言えるのでは?そんな風に言われています。

何と言っても小っちゃい頃からのエリート教育は将来重宝するという事がうなづけますね!

しかも、平手 友梨奈さんが欅坂46にメンバー最年少で初お目見えした際にはお世辞ぬきで微笑みのあふれてくるチャーミングな女子でありました。

「二人セゾン」の平手友梨奈さんは女性として煌々と輝いていますよね。

「サイレントマジョリティー」は再生回数1億超え!

ところが、活動を始めてから歳月が過ぎていくとともに『笑わないアイドル』とウェブ上で揶揄され感じに変わってきます。

全部のシングルでセンターの責にある誰もが認める『ブレないセンター』であったということがメンバー最年少だという平手 友梨奈さんには重責だったのかもしれません。

平手友梨奈さんの脱退理由の考察

平手友梨奈さんが脱退することになった原因は、1年以上過ぎた現在でも自分自身の口から述べれてはおりません。

しかしながら、雑誌や他メディアでのデータを引っ張ってくると脱退の原因になった要因はこれ?

という様な情報がいくつかあったのでまとめてみたいと思います。

 

ドキュメンタリーフィルム「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」の中で、

推測ではありますが、平手友梨奈さんの脱退の要因が理解できる感じがします。

デビューのタイミングの躍動的な可愛らしさがあるお嬢さんが、年を重ねるに従って、スマイルが消え失せる過程。

この状況がフィルムには生々しく映し出されているわけです。

「不協和音のころは、全然、目も合わせてくれなかった。」

と仲間達は述べています。

平手友梨奈さんの欅坂46脱退要因として『平手友梨奈の憑依体質』の理由では?と考えられています。

平手友梨奈さんはライブイベントやPVなどの収録でも殺気さえ感じるピリつき具合だったと言われています。

歌や作品に普通の人とは違って没頭してしまい、気が付いた時には収録をストップさせることもあったようです。

態度を変えて泣きはじめたり、過呼吸が起こったり、自分自身の認識と違えばエグゼクティブにでも正面から異議を唱えていたようです。

しかも、がむしゃらになるがゆえ、2017年の紅白歌合戦のアクシデントにとどまらず、ライブでの転落トラブルであったり、

負傷するケースが後を絶たなかったようであります。

ドキュメンタリーフィルムでのファイナルライブでは、顔の腫れ、過呼吸、痣などが確認され、

スタッフさんに支えられステージに上がる姿も。

どこを見ていいか分からないほどの、

格闘家なら白タオルを放り込みたくなるといった感じの状況でした。

頻発するダメージやプレッシャーが脱退に至ったとも言えそうです。

それから、

欅坂46の安定したセンターとして奮闘し、どのメンバーよりグループを愛したからこそ『卒業』ではなしに『脱退』というフレーズをセレクトしたという見方もできます。

平手はTOKYO FMの「SCHOOL OF LOCK!」のコーナー「GIRLS LOCKS!」の中で、脱退についてコメントしました。生放送です。

放送の中で「……その件については、今は話したいと思わないので、いつか自分が話したいと思ったとき、どこかで機会があったらお話しさせていただこうと思います…」と脱退原因について具体的な内容はでませんでした。

生放送でのコメントなのでかなり話題になりました。

平手友梨奈はウザがられていたのか?

平手友梨奈さんは、欅坂46を大事に想うが故に仲間に分かってもらえないポリシーを重んじていたようです。

会社の人間の教えには静かに従う傾向が強い若いアイドルがほとんどの中、平手友梨奈さんは簡単に言いなりにはなりませんでした。

更には、平手友梨奈さんのわがままでPVをキャンセルした経験もあって、

それが理由で撮影が押したり、ユニット活動が成立しなかったりと欅坂46の仲間から疎ましく思われる側面もあったようです。

ウェブ上では脱退というフレーズをチョイスしたのは仲間から追い出されたからではないのか?という意見も出ています。

でも、ドキュメンタリーフィルム「僕たちの嘘と真実 Documentary of 欅坂46」の中では、

ほとんどの仲間は口をそろえて「天才」「プレッシャー」「担っている次元が違う」「一人きりになることにより主役に近づける」と、

平手友梨奈さんへの尊敬の念、思いやりなどが見られます。

脱退が決定し、平手友梨奈さんと仲間が一人づつハグしていく場面は優しさが満ちて、どうしても泣いてしまいます。

平手友梨奈さんが天才だからこそ独り立ちに、殆どの人理解している感じに映ります。

インスタの投稿数は少なめ。

平手さんの最近の活動

平手友梨奈さんがグループを脱退後の仕事に関してピックアップしていこうと思います。

《出演ビデオ》

・ダンスの理由

こちらのPVがリリースされたころはマニアの間では

「Techi is back!」と安堵した可能性もあります。

「伝達力の違いよ」とワールドワイドでビックリするほど高評価の作品でした。

《出演フィルム》

・さんかく窓の外側は夜

・ザ・ファブル 殺さない殺し屋

脱退した後のソロ活動1発目とされて話題になったのが『さんかく窓の外側は夜』の主人公としての演技でありました。

新人女優のアカデミー賞を手にした初主演フィルム「響 -HIBIKI-」の公開後およそ2年ぐらい空けてのフィルム出演ではありましたが、

神がかったパフォーマンスアピールし信者を虜にしたのがほんのついこの間の話です。

岡田准一さんとの共演で話題の『ザ・ファンブル 殺さない殺し屋』のパフォーマンスにも期待がかかっています。

先日この映画の舞台挨拶がありましたが、岡田が平手の誕生日にプロテインをプレゼント、平手はお父さんのギフトのようなカタログから選ぶようなプレゼントをしたと仲の良さを披露してくれました。

目力がヤバすぎます。

阿部寛と長澤まさみ共演で話題になってるドラゴン桜ですが、他の共演陣も豪華で、子役で一世を風靡した加藤清史郎くんなどに混じって平手友梨奈さんも出演しています。

漫画のキャラの再現性の高さでも注目されました。

撮影中迷惑ばかりかけて申し訳ありませんと、謙虚にクランクアップのコメントを残しています。

この辺の細かい気づかいも芸能界で残っていく秘訣かもしれません。

いつか話したいと語っていた脱退理由、はたしてその話を聞ける日はやってくるのか?

 




-エンタメ

© 2021 ザッタポ Powered by AFFINGER5