エンタメ

小原ブラスはゲイなのかバイなのか?実家が火事や大学情報が錯そう

 

小原ブラスさんは1992年4月20日生まれで、現在(2022年1月現在)29歳のロシア人男性です。身長は175㎝で血液型はO型です。瞳の色がブルー、髪の色はブロンドです。出身はロシア連邦ハバロフスク市です。5歳の頃に日本に来て、それから兵庫県姫路市で成長しました。

 

小原ブラスさんは『Almost Japanese』という会社(芸能事務所)を立ち上げました。また『ピロシキーズ』(ロシア人で関西弁の男女二人組)でYouTuberとしても活躍しています。

 

現在「めざまし8」、「5時に夢中!」に出演しています頭の回転が早く独自の視点からのコメント大変面白いです。また、「アウト×デラックス」にも出演しています。インターネットなどでコラムも出筆しています。

 

小原ブラスさんの生い立ち

生まれはロシア

小原ブラスさんはロシア連邦(ハバロフスク市)で生まれました。ちなみに小原ブラスさんが母親のお腹の中にいた時にソビエト連邦が崩壊したそうです。

 

その頃のロシアは、社会主義から資本主義に移行したばかりで大変貧しかったそうです。人々は自分で育てた農作物と物々交換したりしてなんとか生活していたそうです。しかし小原ブラスさんの実家は比較的裕福だったようです。実家は政治家家系で母親は歌手だったようです。

 

母親と日本へ

両親は小原ブラスさんが5歳の時に両親が離婚し、母親と日本へ移住してきました。住んでいたのは兵庫県姫路市です。その時に母親は日本人の男性と再婚しています。ちなみに両親に関する情報はあまりオープンにされていないため、両親がどのような人であるかは分かりませんでした。

 

日本移住後、母親と結婚した日本人男性との間に弟が生まれます。弟の名前はファビオといいます。小原ブラスさんより6歳年下の端正な顔立ちの男前でした。

 

来日後は、姫路市立広峰保育園に通い、小学校は姫路市立城乾小学校、城西小学校に通っていました。何度か父親の転勤で転校を繰り返していたようです。

ちなみに日本語は来日してたった3か月で習得できたそうです。

子どもは新しい言葉になじむのが早いと言われていますが、それにしても3か月で習得したのは大変早いですね。

アフリカ出身で日本育ちの漫画家、星野ルネさんとはなんと同じ幼稚園。

年代は違いますが、星野さんの妹さんとは同じ学年になるそうです。

幼稚園初日にサングラスと金のネックレス姿で現れたブラスさんに幼稚園の先生達も度肝を抜かれたとか…

 

ロシアと日本のギャップを見ながら育つ

日本に来てからもよくロシアに帰省していました。当時ロシアは経済を立て直そうとしている最中で、日本は経済が成長してきている最中でした。そのため、「経済的に成長しきった日本と、経済を立て直している最中のロシアのギャップを目にしながら育った」と語っていました。

初めて日本のラムネを食べた時の感動は今でも忘れられないそうです。

 

 

忙しくなって最近は少し疲れているようにも見えます。

口コミからハナソキッズ(hanaso kids)の評判をまとめてみた!キャンペーンや料金についても解説!

小原ブラスさん実家が火事の真相

これは2019年11月6日に実際にデイリースポーツに記事が載った事実です。

まだ買って間もない実家が電気系統の不具合かなにかで火事になってしまったようです。

幸いご家族は無事で、飼っていた猫が一時行方不明になっていたようですが、その後無事戻ってきたという報告が本人からなされています。

なかなかショッキングなニュースでした。

 

学生時代の小原ブラスさんは?

小中学校では学校唯一の外国人でした。普通に生活していても目立ってしまうこと、日本人と違う容姿(端正な顔立ちを褒められることすら)であることが小原ブラスさんにとって劣等感の元でした。そのため目立たないよう静かに過ごしていたそうです。運動会の徒競走でも1位にならないようにし(運動が得意でしたが)、音楽会でも人数が多い楽器を演奏するようにしていました。

 

 

いじめ未遂事件

いじめをうけたことはないそうですが、いじめに発展しそうな出来事はありました。友人に変なあだ名をつけられ、唾まで吐かれたそうです。その時は、その友人が一人になった時に仕返しをしたそうです。その結果いじめには発展しませんでした。

 

少数派な部分でいっぱいの自分

小さな頃から「自分は少数派を寄せ集めたようなものだ」と感じていました。日本には外国人が少ないため、人種が違うことで自分は人とは違う、ということを感じやすいのでしょう。

また、学校ただ一人の外国人である、ということの他にも自分が少数派であると感じた理由があるようです。

 

小原ブラスは同性愛者?それとも両刀?

小原ブラスさんは同性愛者です。しかし学生時代に自分が同性愛者であることを周囲に打ち明けていませんでした。そのため、「どんな女の子がタイプ?」という異性愛者であることが前提の質問をよくされることがありました。このような質問を当たり前にされることからも自分が多数派ではない、と感じていたようです。

現在はゲイであると公表はしていますが、学生時代には女性とお付き合いしていたこともユーチューブの動画内で喋っています。

思春期の自分がどのポジションか定まっていない時期には、ゲイの人でも女性とつきあっていたというのはよくある話です。

女性の逆バージョンもよく聞く話ではあります。

 

初めて新宿二丁目へ

東京に来て初めてできた友人と新宿二丁目に行きました。そこには日本語が上手な外国人やゲイなど自分と同じような人々が多くいました。初めて自分と同じような人達を目にし、小原ブラスさんは新宿二丁目の人たちと話すと大変落ち着いたそうです。

 

新宿二丁目では普段の会話で嘘をつかなくてよいところも安心につながっていたようです。普段の生活ではゲイであると言った後の周りの目線 (ゲイであるというところだけを見るような)が面倒で嘘をつくことが多かったそうです。小原ブラスさんにとってゲイであることが全てではないので、ゲイであるということが全てであるかのように自分を見られることが嫌だったそうです

カミングアウトは必要なのか

小原ブラスさんはゲイであることをあえてカミングアウトしないと語っています。よく「カミングアウトしやすい世の中になるといいね」ということを言われるそうですが、小原ブラスさんは「いちいちカミングアウトしたり、嘘をついたりしないで済むような世の中になればいいな」と思っているそうです。

ただカミングアウトしていないと言いながらカミングアウトしている場面もかなりあるので、そこは気持ちの面でのカミングアウトということかもしれません。

その界隈の人の間ではもともと有名だったのかもしれません。

 

そもそも異性愛者が多数派で当たり前であるという認識自体が間違っていて、男性が好きなタイプを聞かれたときに「○○な男性」と答えても違和感なく受け入れられる状態になってほしいと考えているそうです。男性は女性が好きである、というような認識が変わり、少数派がいることも当たり前だと受け入れられる世の中になってほしいと考えているそうです。そのため、あえてカミングアウトをするのではなく、好きなタイプを聞かれたときは好きな男性の俳優の名前を普通に答えるようにしているそうです。過去に出演したテレビ番組の中でもあえて「僕はゲイです」とは言わず、好きなタイプを聞かれたら男性俳優の名前を答えるようにしていました。

 

確かに、男性に好きなタイプを聞いた時に男性俳優の名前を言われたらその俳優が男性であることにまずひっかかってしまう人がまだ日本では多いと思います。その部分にひっかかるという時点で同性愛者は一般的ではないという風に思っていることになるのかもしれません。そうではなく、少数派の人たちもいて当たり前でおかしいことではないという認識をみんなが持てば、カミングアウトという言葉自体がなくなるのかもしれないですね。

イングリッシュブートキャンプは効果なし?口コミでペラペラの真相を探ってみた

関西弁を喋る外国人であること

日本では外国人というだけで少数派なのに、話す言葉が関西弁である、ということもさらに自分が少数派だと感じさせたそうです。このように思ったのは友人からの「お前が関西弁をペラペラしゃべっていると、なんか視線を感じるな」という言葉だったそうです。

 

小原ブラスさんが注目されるようになったきかっけ、大学はどこ?

ニコニコ生放送での視聴者コメントへの返しが面白いということで注目を集め始めました。『ロシア人が放送中にはじめて圧力鍋を使って大騒ぎ!?』という動画が大ヒットしたようです。

 

東京へ移住

2011年に高校を卒業し、2012年に東京へ移住します。高校時代は理系で大学は文系に進んだようですが、大学は入学して1年ほどで退学したようです。出身大学がどこだったのかは公表していないようです。

@arothina 大学は清瀬じゃないよー。そしてひみつだよー♪

— 小原ブラス@面倒くさいロシア人🏳️‍🌈 (@kobaravlas) March 24, 2012

以前一般の人からの質問にツイッターで上記のように答えていたようです。

現在は該当するツイートは削除されています。

清瀬というのは彼が少し前まで住んでいたところ。

芸能事務所設立

2021年4月、(株)Almost Japanese(芸能事務所)を設立しました。自分と同じような外国人の活躍をサポートし、日本と世界の架け橋になること事務所設立の目的だそうです。「Almost Japanese=ほぼ日本人」な人たちをサポートし、活躍できるようにしたいと考えているそうです。

 

所属しているのは、外国人タレント、モデル、インフルエンサー、YouTuberです。

ピロシキーズの相方アレちゃんも所属しています。

以前所属していた事務所内で結成されたピロシキーズで相方と共に独立ということですが、日本の芸能界のしきたりというかよく何事もなく独立できたなあというのが率直な感想。

裏でどんな取引があったのか気になります。

中町綾さんお兄さんとの関係や結婚の噂、炎上理由などを調べてみました。

YouTuberとして

「ピロシキーズ」(ロシア人で関西弁を話す男女二人組)で中庭アレクサンドラ(通称アレちゃん)という女性と二人で活動しています。現在(2022年1月現在)、登録者数は18万3千人で大変人気があります。小原ブラスと中庭アレクサンドラの二人のテンポのいい会話が面白いです。

 

元々、同じ芸能事務所に所属していました。同じような境遇で育ち、キャラクターも似ていたので、一緒にYouTubeに動画をあげて、世間の人に知ってもらえるといいな、と思ってYouTubeを始めたそうです。実際にYouTubeを始めて登録者数が1000人ほどになった時にお仕事がきたそうです。

日本で活動する外国人ユーチューバーは多いですが、関西育ちの二人のトーク力はその中でもずば抜けています。

ユーチューブよりもテレビ向け、おそらく今後もっとテレビで目にする機会が増えてくるのは間違いないと思います。

 

これからの活躍に期待

たびたび毒舌で注目されることもある小原ブラスさんですが、その発言の多くはただ毒舌なだけではなくしっかりとした考えの元になされているのだと感じました。日本で暮らすほぼ日本人な外国人として生きてきて感じたこと、経験したことを語ってくれることで我々日本人が改めて考えさせられることがたくさんあるのだと思いました。これからの小原ブラスさんの活躍が楽しみです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

小原ブラス(@kobara.vlas)がシェアした投稿

アウトデラックス以外でも引っ張りだこになっていく予感は十分です。

-エンタメ

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5