マネー 副業

「ことら送金」とは?わかりやすく解説!危険?手数料はいくら?

2022年10月11日、以前から話題になっていた「ことら送金」が始まりました。

ネットの記事を見てみると、個人間での10万円以下の送金が手数料なしとか、携帯の番号で送金可能とか書いてあり、なんとなく便利なサービスが始まったことだけはわかります。

ただ「ことら送金」のホームページを見てみてもいまいちピンとこない、説明がボヤっとしてわかりにくかったのでこの記事でわかりやすく解説してみます。

「ことら送金」を試してみたい人は参考にしてみてください。

「ことら送金」とは

まずニュース記事や「ことら送金」のホームページでわかりにくいのがそもそものことら送金が何かがいまいちつかめないということ。

最初にこのニュースを聞いた時は「ことら送金」というアプリが出たのかと思っていたのですが、そうではありません。

「ことら送金」はアプリではなく、すでにある銀行系の支払いアプリなどで利用できる新しいサービスの名前です。

なのでまずは既存の支払い系アプリをダウンロードして、そのアプリ内で「ことら送金」の設定をすることで利用できるサービスということになります。

「ことら送金」というアプリがあるわけではありません!

ことら送金アプリ

今現在使えるアプリは以下の通りです。

  • ウォレットプラス
  • こいPay(広島銀行)
  • J-Coin Pay
  • はまPay(横浜銀行)
  • Bank Pay
  • YOKA!Pay(熊本銀行)
  • YOKA!Pay(十八親和銀行)
  • YOKA!Pay(福岡銀行)

多くの人が三井住友銀行や三菱UFJ銀行などのメガバンクを使っていると思うので、そういう人はBank Payをダウンロードして使います。

また地方銀行を使う人はウォレットプラスかJ-Coin Payを使えばほぼ大抵の銀行はカバーしています。

そして横浜銀行や広島銀行のように独自のアプリが用意されているところそれらをダウンロードするということになります。

ざっくりとは動画でもイメージが沸くとは思います。

「ことら送金」の使い方は?

上記のアプリをダウンロードしたらまず「ことら送金」の設定をアプリ内でする必要があります。

「ことら送金」手順

まず自分の銀行口座と携帯番号、もしくはメールアドレスとを紐づけするために登録をします。

メールアドレスでの登録も可能ですが、そうなると相手から送ってもらう時に自分のメールアドレスを伝えることになるわけですが、そこで間違ったスペルで伝わってしまう可能性も高くなり、逆に不便になるので電話番号で登録しておけば間違いないのかと思います。

アプリ内で紐づけが終われば、あとは相手の電話番号を聞いて入力し送金するというような流れになるわけです。

もちろん相手も同様に上のアプリからどれかをダウンロードしていて、「ことら送金」の設定をしているということが前提となります。

電話番号ではなく、今までの銀行振込同様に銀行名と口座番号でも振り込みはできるようになっています。

「ことら送金」の手数料は?

「ことら送金」についてもう一つわかりにくいのが手数料について。

今のところ大手メガバンク(三菱UFJ、三井住友、みずほ)は10万円以下の送金については手数料を無料として発表していますが、これが「ことら送金」のホームページを見ると「手数料は、各アプリ事業者が決定します」とあるので地方銀行を使う人は利用前にそれぞれの銀行のホームページや問い合わせで確認する必要があると思います。

ただNHKのツイートを見ると今日始まった二十の銀行(後述します)については手数料が無料とあるので、アプリ事業者ごとという風に公式では書いていますが、実際はほとんどの銀行、アプリともに手数料はかからないということになるのかもしれません。

  • 足利銀行
  • 関西みらい銀行
  • 熊本銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 佐賀銀行
  • 山陰合同銀行
  • 十八親和銀行
  • 十六銀行
  • 常陽銀行
  • 南都銀行
  • 百五銀行
  • 広島銀行
  • 福岡銀行
  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みなと銀行
  • 山梨中央銀行
  • 横浜銀行
  • りそな銀行

ただし今後の追加される銀行も含め、しっかり問い合わせをしてから利用することをおすすめします。

現状銀行のホームページを見ても「ことら送金」の手数料についてわかりやすく説明しているところは見当たりません。

しばらくは混乱するのでは思いますがどうなんでしょうか。

「ことら送金」の注意点

「ことら送金」の注意点としてはまず送金額が10万円以下であるということ。

そして一度送金してしまったものについては取り消しが効かないということです。

送金を確定する前に名義確認照会機能があるので、相手の名前などを十分に確認した上で送金ボタンを押すように心掛けましょう。

またアプリによってはメンテナンスなどサービスが利用できない時間帯が生じることがあるので、その辺も注意が必要かと思います。

まだ始まったばかりのサービスなので、今後こういうトラブルがあった、こういうケースでは送れなかったなどの事例が出てくると思うので、簡単な検索方法としてはツイッターで検索をかけるとリアルな声が聞けるようになっていくかと思います。

「ことら送金」、個人的にも使ってみたいと思います。

追記:ことら送金に問いあわせてみた(振込人名、送金者名、名義人名は相手に表記される?)

ことら送金で気になったのが電話番号ではなく、普通に銀行口座を指定して送金する場合のこと。

まずこの場合、相手方はことら送金に登録していなくても大丈夫か?という疑問がわきました。

問いあわせてみたところメールで返信がきて、相手方の口座番号などがわかっていて通常のATMからのように送金する場合は向こうはことら送金に登録している必要はないとのこと。

ただそもそもことら送金自体と現時点で連携していない銀行には送ることはできません。

そしてもう一つ気になったのが相手に自分の名前が伝わるのかどうか、私の場合は家賃の支払いをこのことら送金でと考えているので自分の名前が向こうに表記されないと困るのでこれも質問しました。

回答は基本的には通常の銀行間取引のように名前は表記されるとのこと。

ただ銀行によって表記の仕方が変わってきたりするので、一応各銀行に問い合わせ願いたいといった感じのものでした。

恐らくどの銀行も送金者はわかるようになっているのだと思います。

すでにことら送金を利用した人がツイッターなどでもつぶやいています。

「ことら送金/名義人名」、「CT 名義人名」などのことら送金のところの表記の仕方が違うということのようですね。

 

 

【口コミ】大家どっどこむ(大家.com)の評判は?怪しい悪い口コミなど調べてみた

 

-マネー, 副業

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5