トレンド

岬麻紀(日本維新の会)の経歴詐称って何?ネットの反応などもまとめてみた

日本維新の会の岬麻紀氏(ホームページでは岬まき)が経歴詐称というニュースが入ってきました。

現在衆議院議員の岬麻紀さんは去年比例代表の復活で当選したわけですが、経歴詐称というのはどういうことなのかわかりやすく記事にまとめてみました。

報道の前日は普通に挨拶回りなどしていたようですが…

東京都の男性が岬麻紀氏を刑事告発

岬麻紀さんは愛知県名古屋市千種区出身の53歳。

愛知県立東郷高等学校を卒業後、愛知大学法学部2部法律学科に進みますが中退、現在は早稲田大学人間科学部環境科学科(eスクール)に籍をおいて学んでいる途中だとか。

東郷高校はタレントの兵頭ゆきさんの出身校でもあります。

経歴としては、名古屋大学付属病院で副医院長秘書を務めたり、花と緑の博覧会in岐阜‘95などでナレーターを務めたりしていたようです。

その後株式会社ポリッシュを設立とありますが、これが実際何の会社なのか明記しているものは見つかりませんでした。

フリーアナウンサーとしてラジオパーソナリティや講演活動をしてきたようなので、自身の活動における個人事務所的な会社ということなのかもしれませんが定かではありません。

詳細は岬まきさんのホームページを参照してください。

シングルマザーとして二人のお子さんを育ててきて、お二人ともすでに成人されているようです。

岬麻紀氏の過去の選挙において経歴詐称疑惑

そして今回はAERAが岬氏の経歴詐称を記事にしているわけですが、それによると2019年の参院選に彼女が出馬した際、「亜細亜大学非常勤講師」という肩書をプロフィール欄に載せていたようですが、そのような事実はないということで、東京都の男性が刑事告発をしてそれが受理されたということのようです。

2019年の参院選の時の「亜細亜大学非常勤講師」という肩書が経歴詐称ではという疑惑です。

岬まき氏は2019年の参院選は落選していますが、その後去年の衆議院選挙に出馬して当選。

ただ去年の選挙の時はこの「亜細亜大学非常勤講師」という肩書はプロフィールに載せていなかったとのこと。

現在も日本維新の会やご自身のホームページでのプロフィール欄にはこの「亜細亜大学非常勤講師」は載っていません。

亜細亜大学側はまだ正式にはコメントしていないようですが、AERAが入手した書類には岬まき、岬麻紀、さらに小出麻紀という名前はなかったとのこと。

ややこしいですが、小出麻紀というのが彼女の本名のようです。

現在のプロフィールには亜細亜大学非常勤講師は載っていない。

AERAの取材には亜細亜大学は答えていないようですが、名古屋市長の河村たかし氏は亜細亜大学側から彼女が非常勤講師であった事実はないという文書を手にしているようで、当時は河村氏の減税日本から出馬していたの関係で責任があるということで河村氏自身も刑事告発を考えているということです。

河村氏からの問いに岬氏からの返答はないようです。

マスコミの取材に対しても現在コメントできないとしているようです。

前述した岬氏のホームページのプロフィールを見ていただければわかりますが、全てが非常に曖昧な書き方をしていて衆議院議員のプロフィールとしてはかなり怪しい感じはします。

去年の日本維新の会公認の際も彼女のプロフィールに疑念があるということで少し問題になったようですが、今後党も含めてさらに大きな問題に発展していくのではないでしょうか。

岬まき氏のユーチューブチャンネルということですが、これ本当に彼女の公式チャンネルなんでしょうか。

ウィキペディアの彼女のページにリンクが貼ってあったんですが、登録者数が10人って…国会議員のチャンネルの登録者数が10人って…(2022年5月6日現在)

私の勘違いだといいんですが…

高市早苗さんはバイク乗り?子供や結婚、再婚の裏側をまとめてみた

岬まき氏の経歴詐称をめぐるネットの反応

河村市長も頭が痛い。

本人もまさか国会議員になれるとは思っていなかったのかもしれません。

維新の人が誌面を賑わす頻度は確かに多いような気はします。

やはり彼女のプロフィールページは違和感があるかと思います。

美人ということでオジサンたちの警戒度もゆるゆるだったのかもしれません。

今後議員辞職を求める声などもあがってくるのではないでしょうか。

-トレンド

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5