トレンド 英語

岡田祥吾は何者?誰?学歴や経歴などもまとめてみた

岡田祥吾

岡田祥吾さんの名前が突如トレンドにあがってきました。

岡田祥吾って何者?誰?と思う人は多いと思います。

テレビ朝日の弘中綾香アナウンサーの結婚相手ということで名前が浮上し、一躍時の人となった岡田祥吾さんの経歴な学歴などをまとめつつ記事にしていきたいと思います。

「30 UNDER 30 JAPAN 2020」というForbes JAPANが選ぶ30歳以下の30人にも選ばれる経済界でも期待の星である岡田祥吾さんです。

岡田祥吾は何者?誰?

岡田祥吾は株式会社プログリットの代表取締役社長です。

プログリットがどういう会社かというと英語のコーチングを手掛ける会社。

シャドーイングというここ数年で急速に認知されてきているテクニック(英語を聞きながらそれを真似して発音する通訳訓練)をいち早く取り入れていて、導入している企業はトヨタ、サントリー、JT、みずほ銀行、野村不動産など多くの一流企業に支持されている会社です。

会社名:株式会社プログリット
設立:2016年9月
資本金:1億6,390万円(資本準備金を含む)
事業内容:英語コーチングサービス / サブスクリプション型英語学習サービス
所在地:〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル5階
代表者:岡田 祥吾
TEL : 03-6381-7760(代表)/ FAX : 03-6381-7761 / MAIL : info@progrit.co.jp

2016年に設立したまだ若い会社ですが(設立時は株式会社GRITとして発足)、今回の弘中綾香さんとの結婚が発表される前日の9月29日には東証グロース市場に上々を決めていて、確実に成長している姿をみせています。

設立して3年で売上高17億円を達成しているようで、岡田さん自身の資産も15億円あるのではと言われているようです。

創業3年半で生徒数が7,000名を突破して、東京・横浜・名古屋・大阪に12の校舎を構えるまでになっているのでかなりの急成長といえると思います。

英語学習について熱く語る岡田さんの姿はYouTubeでも観ることができます。

岡田祥吾氏の学歴や経歴は?

会社としての実績は申し分ない岡田祥吾さんですが、学歴や経歴はどうなっているのでしょうか。

2014年、マッキンゼー・アンド・カンパニーに入社。製造業、ヘルスケア業界、金融業界など幅広い業界の企業に向けてコンサルティングサービスを提供
2016年、山碕と共に当社を創業
2020年、Forbes Japanが発表する「30 UNDER 30 JAPAN 2020」に選出
2021年、Forbesが発表する「Forbes 30 Under 30 Asia 2021」に選出

会社のホームページにある経歴を見ると2014年にマッキンゼー・アンド・カンパニーに就職しわずか2年で退職して今の会社を立ち上げていることがわかります。

岡田氏の学歴としては、東海大仰星高校を卒業後に大阪大学工学部へ進学しているようです。

ちなみに東海大仰星高校の偏差値は57~63、大阪大学の偏差値が68~70となっています。

大学での先行は通信工学で、2011年04月から2012年03月まではアメリカのベルビューカレッジコースに留学していたとのこと。

短期間の留学の間にExpeditors Logisticsでインターンとしてヘルプデスク業務やパソコンでの事務作業に従事するなど、積極的にアメリカ社会での経験を積んでいたようです。

この留学時代にIBPプログラムに参加し、TOEICが690から935と飛躍的にアップ、この経験が今のプログリットでの英語のコーチング事業につながっているのかと思います。

【口コミ】ユニバーサルスピーキング(Universal Speaking)の評判は?IELTS対策に特化!

学歴、経歴共にすごすぎて、普通有名アナウンサーや芸能人などの相手は叩かれることが多いのですが、岡田祥吾さんに関しては非の打ち所がないというのが誰もが思う感想ではないでしょうか。

マッキンゼー・アンド・カンパニーに入った時も3年ぐらいで起業する意思があるから、そういう前提で雇ってほしいとアピールして採用を実際に勝ち取っているそうです。

人気英語系ユーチューブチャンネルの Hapa 英会話とコラボしている辺りもビジネスの嗅覚のセンスを感じます。

実際岡田さんの発音などがうまいかというと若干疑問は残りますが、一年弱の留学でここまで喋れるというのは大したものだと思います。

また完璧にネイティブのような英語でないところが、逆にこれから英語をマスターしたいという社会人の人にはリアリティがあるのかもしれません。

ネイティブのように発音できないから臆してしまう人が日本人には多いですが、ビジネスの世界ではアクセントや文法などそこまで気にする人はいません。

ポジティブな姿勢で堂々と話をつないでいくことが何よりも重要かと思います。

パワフルに今後も会社を大きくしていくことは容易に想像できますが、何か別分野でも新しく事業を展開していくようなそんな岡田さんのエネルギッシュな姿勢を感じます。

ビジネスの世界で今後も注目され続ける人ではないでしょうか。

口コミからトーキングマラソンの評判や効果をチェック!キャンペーンについても解説

 

-トレンド, 英語

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5