生活

月刊ポピー(全家研)の口コミをチェック!宗教の噂や退会の仕方などまとめてみた

幼稚園児から小学生(特に低学年)の通信教材で有名なのが月刊ポピー(全家研ポピー)です。

お子さんをお持ちの方であれば一度は耳にしたことがあると思います。

ポピーを購読する人が多い一方で、悪い噂もネット上には散見します。

実際のところポピーは子供のためになるのか、この記事では口コミを中心にまとめてみたいと思います。

 

【ためない通信教育】リーズナブルなのにしっかり学べる「月刊ポピー」とは

 

通信教育には様々なものがあり、どれを選ぶか迷いますよね。お子さんの将来にもつながることなので、質の良いものを失敗せずに選びたいもの。

 

しかし、多くの親御さんが次のような悩みを抱えていらっしゃいます。

「通信教育の中には豪華な付録がついている物もあるが、結局飽きて捨ててしまうのでもったいない」

「自分も子どもの頃通信教育をやっていたが、教材の量が多くやる気がなくなり、ためてしまって辞めた。自分の子どもも同じようになりそう」

 

確かに、通信教育の教材は多くの会社から出版されているため、競争が激しく「どれだけ豪華な付録をつけたか、いかに教材量を増やして充実させるか」が勝負になっているところがあります。

そんな豪華さは不要。楽しく長く学習させたい、そういった家庭におすすめしたいのが「月刊ポピー」です。

 

月刊ポピー(全家研ポピー)とは?リーズナブルな理由もご紹介

月刊ポピー(全家研ポピー)とは、幼児~小学生、中学生向けまで幅広く展開している通信教育教材です。

月刊ポピーは、教科書に合わせた教材を制作しているのが特徴です。

なぜなら、全国の⼩学校や中学校で採用されているテストやドリルなどの副教材を発⾏している出版社が制作しているからです。そのため、テストの得点力がアップするという強みも持っています。

 

さらに、月刊ポピーが他社の教材に対して評価されているのは、そのコスパです。月額は⼩学生2000円台から、中学生は4000円台からです。他社の教材は小学生でも3000円台からがほとんどのため、月刊ポピーのリーズナブルさが分かりますね。

 

実はコスパが高いポピー!

 

価格が抑えられている理由は、余分な付録をつけないことでコストカットしているからです。一見コスパがよく見える豪華付録ですが、どんどん部屋にたまっていったり、お子さんが飽きてしまったら結局捨ててしまうのはよくある話ではないでしょうか。

月刊ポピーは必要な教材だけをお届けするため、そういった心配もなく、続けやすいのが特徴です。

「月刊ポピー」で学ぶデメリットとは?

添削システムがない

月刊ポピーには「はなまる先生」のような添削システムはありません。ここでもコストを抑えることでリーズナブルな価格を維持していますが、添削までプロにやってほしいという家庭にはデメリットに感じるようです。

この点に関しては、親御さんが丸つけをするか、子どもに答え合わせをさせることが必要です。しかしこれは同時に、お子さんの学習状況が把握できたり、お子さんの主体的な学習姿勢が身につくというメリットにもなります。

 

学習量が物足りないと感じるお子さんもいる

月刊ポピーは、小学生は1日10分~、中学生は15分~30分の学習時間が目安です。毎日机に向かってもらえるように適切なボリュームが調整されていますが、スラスラと問題を解けてしまうお子さんには物足りないと感じることもあるようです。

その場合は、追加でシリーズ教材を買うこともできます。全国学力テスト対策やハイレベル問題集など、目的やレベルに合わせた教材が揃っています。

 

一方で、勉強が苦手なお子さんも毎日取り組みやすいボリュームなので、小さな成功体験が積みやすいというメリットがあります。成功体験は、その後の学習意欲向上にもつながります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

磯村 慧子(@chaaam0303)がシェアした投稿

ポピーKids English もおすすめ!

月刊ポピーの公式チャンネルもチェックしてみるといいと思います。

 

月刊ポピー(全家研ポピー)申し込みはさんけん社サイトからがお得!3つの特典つき

「さんけん社サイト」から申し込みをすると、次の3つの特典が受けられるのでお得です。

・全国送料無料、支払手数料無料

・各種支払い方法選択可能。クレジット決済OK

・選べるプレゼントキャンペーン

 

公式サイトから簡単に申し込めます↑↑↑

お試しで子供の反応をまず見るというのが大切な気がします。

親の偏見で決めてしまわないことが重要です。

 

選べるプレゼントキャンペーンというのは、小学1年生、中学1年生向けに、A・Bふたつのコースからプレゼントが選べる特典です。目覚まし時計や電子辞書など豪華商品がもらえるようなのでぜひ機会を逃さないようにしてくださいね。

 

また、より効果的にお子さんの学習習慣を付けるなら、定期購読がおすすめです。

 

 

公式サイトから簡単に申し込めます↑↑↑

 

ビジネスの内情を知る大人の価値観と、子供が実際にポピーに触れて学べる新しい発見とのギャップをしっかり見極めることは必要だと思います。

 

月刊ポピーは退会の変な心配がいらない

定期購読には退会方法が難しいものもありますが、月刊ポピーはいつでも退会できます。

一括払いのお支払いでも返金対応してくれるようです。ただし、2ヶ月前20日までに連絡する必要があるので、注意が必要です。

ポピー教材は、一括払い途中でご退会されても「解約違約金」は一切発生いたしませんのでご安心ください。
但し、弊社企画のプレゼントキャンペーンにおいて、条件を満たさない期間でのご退会の場合にはプレゼント品の返品、もしくはプレゼント代金のご請求をさせていただく場合がございます。何卒ご了承くださいませ。
※ご返金のある場合に限り、別途ご返金に関わる手続手数料を差し引かせていただきます。

引用:月刊ポピー公式サイト

一括払いの途中退会でも問題はないようです。

残金についても返金してくれるのでお金のことで揉めることはないと考えていいと思います。(振込手数料はとるようですが)

全国に23万人を抱える大手ですからシステムに関しては信頼して大丈夫です!

 

安心の無料見本やお試し購読もあり!

まずはお子さんに合うかまずは試してみたいという方向けに、無料見本やお試し購読が用意されています。

 

さんけん社サイトから無料見本を申し込むと、次のようなセットが届きます。

・保護者向けご案内

・お試し版ポピー、答えと手引き書

・家庭学習の手引き

・オリジナル万年サイコロカレンダークラフトシート

 

サイコロカレンダーは数量限定かつ、さんけん社だけのキャンペーンのようなので、ぜひ手に入れてくださいね!

 

また、お試し購読というのは月刊ポピーの実物教材が一ヶ月分届くものです。

もし合っていないと感じたらその後の購入を見送ることができるので、いきなり定期購読するよりも安心ですね。

まずは無料見本またはお試し購読を取り寄せて、相性が確認できたら定期購読をするという流れが良さそうです。

口コミでわかるペッピーキッズクラブの評判、料金や悪評についても調べてみた

月刊ポピーのイラストはとにかくかわいい。

 

月刊ポピー(全家研ポピー)の口コミや評判はどうなってる?

1)

小学校1年生の息子に何か通信教育をさせたいと思って色々調べていたところ、ポピーに出会いました。テストで良い点数が取れるという口コミがあり、半信半疑でしたが、息子もポピーで勉強し始めてから、学校のテストで100点を連発しており効果に驚いています。息子も勉強が楽しいようで、毎日すすんで机に向かっています。勉強好きの子どもにしてくれたポピーには感謝の気持ちでいっぱいです。勉強が苦手な子どもをもつママ友にも勧めたいと思います。

 

2)

夫婦共働きで忙しく、塾は送り迎えが難しいため、通信教育で上質な学習ができないか模索していました。ポピーは塾や他の通信教育よりも低価格かつ問題の質が良いようで満足しています。安いので、正直内容に心配していたのですが、ドリルなどの制作会社から出ているだけあって、良い学習ができているようです。丸付けは私たち親がしていますが、子どもとの良いコミュニケーションの機会になっており、学習の状況やつまずきポイントも把握できるので、とても良いと思います。

 

長年の実績があるだけに教材の評判については心配ないと思います。

 

 

3)

小学校3年生の娘がおります。娘の周りで通信教育や塾など、学校以外の勉強を始める子が増えてきたので、うちも何かしようと思っていたところポピーを発見しました。正直、豪華な付録は最終的にゴミになってしまうので不要でしたが、ポピーはそれがない分価格が抑えられているという点が良かったです。

通信教育はやらずにたまっていくことでやる気がなくなる物だと思っていましたが、ポピーは学習量がちょうど良く、娘もためずに毎日学習してくれています。

 

塾に通わせるよりはかなりお金は節約できると思います。

 

4)

小学校2年生と5年生の子が2年間ほどお世話になっています。以前は他の通信教育をやっていたのですが、付録で遊んでいるだけだったので、こちらに変えました。ポピーはとにかくコスパが良いです。

内容は学校の授業に合わせてあるため、2人ともテストで満点が取れるようになり「勉強=楽しいもの」となってきたようです。毎日机に向かってくれており、将来のために良い習慣が作れました。中学生用まであるので、今後もずっと続けていきたいと思います。

 

新年度は子供に何を習わせるか、大人のテンションもあがってきます。

 

5)

小学校4年生の娘はとにかく勉強が苦手だったのでポピーを試してみました。ポピーは比較的簡単なので、娘も「できた!」という成功体験がたくさん積めているようです。塾に行っていたらきっと勉強に挫折していたと思います。また、塾よりも破格のお値段なので、親としてもありがたいです。同じく勉強が苦手な娘の友達にも勧めたところ、勉強するのが楽しくなってきたようで、ポピーの良さを実感しています。発展したテキストも別売りしているので、今後はそちらも試してみたいです。

 

6)

子供が小学校にあがって何か習わせようと色々試しました。オンラインの教室や実際に通う教室など… 大体が無料の体験などがあってつまみ食いのような形でしたが、どれも食いつきが悪い。オンラインはパソコンの前でじっとしているのが苦痛のようで、教室に通わせるのは正直親として仕事の関係でなかなか大変。そこで自由な時間でできる教材系をさがしていてポピーを見つけました。これも無料のお試しがあったのでよかったのと、なんだかんだで一番アナログなじっくり教材とにらめっこしながら学んでいくというスタイルが最強な感じはしました。親が見守っているキッチンのテーブルでの勉強が気持ちも落ち着いて集中できるようです。

 

月刊ポピーの悪い噂、宗教、勧誘といったものはどこからくるのか?

前述したように月刊ポピーの長い歴史、23万人の会員数などを考えても企業としては問題ないと思います。

教材の楽しさ、わかりやすさにも定評はあります。

ではなぜ月刊ポピーの悪い噂が出てくるのか、それはある一定数の勧誘は実際に行われているからかと思います。

最近はコロナの影響で訪問の勧誘など、どの業界でも自粛の傾向にはあるので、訪問に関しては古い情報だと思います。

恐らくですが、コロナ前でも訪問での勧誘はそこまで行われていなかったのではないかと推測ができます。

探してみつかったのがヤフー知恵袋でクレームがついている2012年の投稿。

ID非公開さん

2012/10/25 9:59

最近、ポピーの勧誘がよくあります。こないだ断ったのにしつこいです。今日は居留守を使いましたが、やっぱり断り続ける方が効果ありますか?家の子は、別の教材をしていてこっちはたのしそうにしているので、ポピーに変えるつもりはないし、外からの勧誘自体昔から嫌いですね。

引用:ヤフー知恵袋

ただこの勧誘もその営業の人の印象次第で変わってくるもの。

企業なので当然営業はするわけで、この勧誘とポピーの教材の良し悪しとはまた別の話かと思います。

また昔は学校の門の前で子供相手に営業をするという行為が普通に行われていたので、その印象で悪く思っている人はいくらか今も存在はすると思います。

就学時検診のところにポピーの勧誘が現れたというツイートもあったりします。

勧誘行為があるのは事実、ただ宗教とは関係ありません。

この勧誘については教材に興味のない親にとってはただただウザいの一言なわけで、これはヤクルトでも新聞でも保険のおばちゃんでも全て同じです。

恐らく歩合かなにかで契約しているのではないでしょうか、勧誘のセールスマンの必死さと、ポピー自体の評価はまた別と考えないといけないと思います。

子供の教育については各家庭それぞれで、教材を使う通信ではなくどこかに通わせたいという人もいるでしょうし、そもそも小さい子供にそういう教育は必要ないと考える親御さんも結構いると思います。

なので月刊ポピーに対する批判は単にその営業スタイルへの批判で、教材の質に対するものではないということを理解しないとまずい気がします。

 

 

 

公式サイトから簡単に申し込めます↑↑↑

お試し購読から始めるのがいいかもしれません↑↑↑

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ゆっけ(@yukketter)がシェアした投稿

実際は楽しんでいる子供が圧倒的多数。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちいたん(@mizuki_02_baby)がシェアした投稿

小学校の高学年ぐらいになるとまたその子のレベルで色々な選択肢はあると思いますが、低学年や幼稚園児の支持率はかなり高いものがあると思います。

-生活

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5