トレンド

りゅうちぇる(ryuchell)がぺこ(peco)と離婚!性自認、LGBTQが離婚原因か?

りゅうちぇる

タレントのりゅうちぇる(ryuchell)さんがぺこ(peco)さんと離婚していたことを所属事務所が認めました。

りゅうちぇる(ryuchell)さんが謎の性自認についてのメッセージを出したのが、2022年の8月25日。

インスタで長文でぺこ(peco)さんとの夫婦関係について言及。

それから2人で今後についてよく話し合い、これからは"夫"と"妻"ではなく、人生のパートナー、そしてかけがえのない息子の親として、家族で人生を過ごしていこうね。という形になりました。

夫、妻という関係から人生のパートナーに変更ということで、実際りゅうちぇるさんのメッセージには離婚の文字はなかったので、ファンは困惑していました。

「性自認」というワードが昨日のニュースでは踊っていましたが、りゅうちぇるさんが結局LGBTQの立場をとるということのカミングアウト的なものなのか、という捉え方が昨日までの流れです。

そして今日になってメディアが所属事務所である比嘉企画に確認して離婚を認めたということのようです。

ただ比嘉企画はりゅうちぇるさんとぺこさん二人の個人事務所なので、この事務所が認めたという報道も変な感じはします。

りゅうちぇる(ryuchell)とぺこ(peco)の離婚原因は?

りゅうちぇるさんのメッセージはかなりの長文でインスタに掲載されました。

要点をまとめいくと以下のような感じになります。

  • 8年前にぺこさんと出会い、それがりゅうちぇるさんの初めて好きになった女性であったこと
  • 女性と愛を築けるとは思っていなかった
  • 家族を守るため自分を隠してでも 生きていくことを決意していた
  • 本当の自分を隠すことに溝を感じるようになった
  • 夫であることにつらさを感じるように
  • そういった今の気持ち諸々をぺこさんに打ち明ける
  • 「今まで辛かったね」とぺこさんの理解を得る
  • パパとしては幸せを守る決意
  • 夫と妻をやめ、人生のパートナーに変更
  • 今まで通り家族は一緒に住む
  • ご迷惑をおかけしてすみません

という感じでいまいちわかるようでわからない謎のメッセージでした。

つまり昨日の時点ではなんの告白なのかよくわからないという意見が大半でした。

結局りゅうちぇるさんの自信の性に対する認識がノーマルな男性のものではないということをカミングアウト、いわゆるLGBTQのどれかにあてはまるということを公にして籍を入れていることへの違和感を感じていた結果、離婚にいたったということなのかと思います。

企画や取材などでもどうしても結婚や子供のことなどが多くなって、そこでの発言が100%本心でないことへの葛藤がずっとあったのかもしれません。

篠田麻里子が離婚か、旦那との別居報道の裏で何があった?

りゅうちぇる(ryuchell)さんの性自認、LGBTQが離婚原因で炎上?

ツイッターなどをみるとりゅうちぇるさんに対する批判が相次いでいるようですが、どういった内容なのでしょうか。

多いのはりゅうちぇるさんの過去の発言に対するもの。

パパとして、親としての正論を世間に発信していたが崩れてしまった矛盾をついている感じです。

ただこれは本人も一番悩んでいたポイントとしてあげているので、ファンの人も理解を示してあげてもいいのではないでしょうか。

厳しめの意見としてはりゅうちぇるさんがこの離婚を発表することで、今後彼の男性との恋愛が許されることへの違和感みたいなものだと思います。

男性の恋人を今後りゅうちぇるさんが作るのかどうかはわかりませんが、家族としてはぺこさんと同居して、外では男性の恋人を作るとなるとこれはなかなか複雑なものになっていくと思います。

ぺこさんの方も同様に別に男性のパートナーを見つける可能性もあるわけで、そうなるとお子さんとの関係など一般的な家庭環境とは違う特殊なものになっていくのではないでしょうか。

ここ数年ジェンダーがキーワードになって語られる機会が増えています。

今までにない新しい家族の形として、指標のようなもになっていくかもしれませんが、 りゅうちぇる(ryuchell)さんとぺこ(peco)さんの関係は今後も議論を呼ぶのではないでしょうか。

りゅうちぇるさんのユーチューブでもお姉タレントのぺえさんとの共演が多かったり、LGBTQを自然と意識してしまう内容になっています。

もともと女の子っぽいキャラではありましたが、加速している感じは否めません。

-トレンド

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5