副業

TikTokで稼げるの?収益化の方法を具体的に解説、投げ銭はTikTokの救世主になるのか?

「TikTokでお金を稼ぐってどうやってやるの?」「実際はどのくらい稼げるの?」と考える方は多いのではないでしょうか。

 

TikTokがはやっているのを見ると、自分も同じように活躍してお金を稼げるようになりたいと思いますよね。

 

ここではどのくらい稼げるようになるのか、また収益化する方法などを紹介していきます。

宣伝媒体としてはこれから伸びしろしかないとも言われていますが、実際どうなんでしょう。

 

TikTokでお金を稼ぐことはできる?

 

TikTokではお金を稼ぐことができます。詳しくは後述しますが、主な収入源は企業からの案件を受けること、ライブでファンから投げ銭をもらうことなどです。

 

ただそうなるまでは、「どのくらいフォロワー数がいて、人気があるのか?」が影響してくるので、始めたからといってすぐに稼げるようになるわけではありません。

 

ある程度の期間は収入にならないことが多いので、すぐに稼げるようになると思わず、長い目で見るようにしましょう。

 

では実際にはどのくらい稼げるようになるのでしょうか?

 

トップインフルエンサーと呼ばれる人たちは、月に数十万~数千万くらい稼いでいると言われています。トップともなると、一回のライブで数十万ほど稼いでいる人もいます。一回でこのくらいの金額だと、ライブだけでも大きな稼ぎになりますね。

 

それだけでなく、インフルエンサーとして企業からお仕事を依頼される、いわゆる「案件」を受けることでも大きな収入を得られます。

 

こちらを受けるようになると、数百万~数千万と収入が大幅にアップすることになります。このレベルになると、もはやTikTokの収入だけで十分に生活することが可能です。

 

つまり、お金を稼ぐには、この案件を受けられるようになるまでの知名度、人気が必要になってくるのです。そうなるまではある程度の期間がいる、と考えておきましょう。

TikTokはとりあえずやってみるという意味ではハードルが低いので、いくらでもトライアンドエラーが可能なメディアです。

TikTokの投げ銭とは?

ではここでは収益化する方法の一つ、投げ銭について詳しく見ていきましょう。

 

投げ銭とは、ギフティングと呼ばれる、視聴者からライブ配信者に送られるギフトのことを言います。

 

そして配信者は、その投げ銭をTikTokの中で現金化することができるのです。これがファンからの投げ銭による収入の仕組みです。

 

ファンは好きな配信者に、応援の形として直接貢献できる、嬉しい仕組みです。配信者は直接的な収入になりますし、まさにどちらも嬉しい結果となる機能と言えるでしょう。

 

しかしこの機能は、ライブをすることで使えるものなのですが、全員が配信できるわけではありません。

 

その条件は二つあり、①16歳以上②TikTokが定める条件を満たしていること、としています。これらをクリアしている人のみがライブを行えるのです。

 

②の「定める条件」がどのようなものなのかは、公式サイトも発表していません。そのため実際には何をすればいいのか、はっきりと言うことはできないのです。

 

憶測となりますが、この条件については、フォロワー数とコンテンツの質が関わっている、と言われています。つまりコンテンツを面白いものにし、人気、知名度を上げていく、ということが大事なのです。

 

言うのは簡単ですが、多くの人に見てもらうことはインフルエンサーにとっては大事なことで、難しいことです。しかしこのライブ配信ができるようになれば、TikTokでお金を稼げる一歩となるので、まずはフォロワー数を増やすことを目指しましょう。

YouTubeに比べて、まだ参入者が少ない、観ている人も少ない、まだまだチャンスは転がっていると思います。

口コミからKimini英会話の効果や評判を検証!小学生から大人まで受けられるって本当?

TikTokで企業からの案件を受けよう

 

次に、大きな収入になり得る、企業からの案件について解説します。

 

フォロワー数が多い、人気のインフルエンサーは、企業側から直接案件を依頼されることがあります。これは、インフルエンサーに案件を受けてもらえば、より多くの人の目にとまることになり、広告としての効果が高いためです。

 

商品などをインフルエンサーに投稿してもらうことによって、広告の効果を得ています。この効果が大きく見込めることから、現在企業からの案件が増えているのです。

 

フォロワー数が多いインフルエンサーは、その数だけ自動的に宣伝効果があるといえるので、案件が増えているのは納得ですね。

 

この案件の報酬についてですが、1フォロワーにつき2~6円が相場と言われています。しかし案件によっては、それ以上の報酬になることもあります。企業案件は積極的に受けたいものですね。

 

ちなみに、宣伝効果がよかったと評価されれば、その依頼してくれた企業から継続して案件をもらえることがあります。

 

継続してお仕事をもらうことで、安定した収入源を得られます。そしてお仕事を受け続け、活躍の場を大きく広げていきましょう。

 

活躍の場が広がれば、さらに人々の目にとまり、自分のフォロワー数が増えていきます。そしてフォロワー数がふえれば、さらにお仕事がもらえる…という、好循環になるのです。

有名になる、名前を売るという意味ではまだTikTokには可能性があるようです。

一発芸的なネタであれば、ユーチューブ動画を作るよりかは楽です。

そこで有名になって、その後どうするかということだと思います。

 

TikTokから自分のSNSやHPなどに誘導する

 

最後は、プロフィールにURLをのせて、見てくれた人を自分のSNSやHPなどに誘導するという方法です。

 

これはTikTokで直接的に稼ぐ方法ではないですが、そのリンクをたどった先のアフィリエイトで稼ぐという効果が見込めます。

 

いくつか収入源となる場所をもっている人は、そういった方法で相乗効果を得るのも一つの手ですね。

 

このようにTikTokをうまく使って、どんどん収入を増やしていきましょう。

恋愛系のネタをどんどんバズらせていくと、企業から台本作成の依頼があったりするようです。

恋愛系はマッチングアプリや婚活アプリなどに誘導していくコンテンツとして、永遠に枯れることのないジャンルではないでしょうか。

また美容系も商品の購入やエステへの入会など、マネタイズしやすジャンルだと思います。

そしてTikTokでもどのメディアでもそうですか、最終的にはそのノウハウをコンテンツとして売る、もしくはコンサルとしてお金をもらうといった方向に行くのが一番儲かる仕組みかもしれません。

ある程度のところまでは自力で稼いでみて、こうやればTikTokで稼げますよというマニュアルをお金にしていくという流れです。

これはブログでもこうすれば稼げるというノウハウを売ることで、ただのブロガーから一つ上のステージに移行していくやり方なので、ビジネスの基本にある仕組みではないでしょうか。

-副業

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5