トレンド

【最終警告書】Yahoo! JAPAN未納料金やヤフーウォレットの詐欺メール、ログインアラートにご注意を!

先日はNHKの詐欺メールの記事を書きましたが、今度はヤフーでも詐欺メールが多く出回っているようです。

NHKサポートセンターからの詐欺メール(迷惑メール)?本家NHKも注意喚起

メールであったりショートメッセージで届いているようですが、いわゆる詐欺SMSと言われている類のものなので記載されているURLはクリックしないように注意しましょう。

【最終警告書】 Yahoo! JAPAN 未納料金による一部ご利用制限のお知らせ。 https://cutt.ly/.......

こういう感じで「最終警告書」と書かれるとビビりますよね。

で記載されているアドレスも短縮URLのサービスを使ったものなのややこしいです。

この記載のURLへ飛ぶと、「【最終警告書】下記内容をご確認の上、至急お支払いください」となっていて、左上に「Yahoo!ウォレット」のロゴがしっかり載っているページが出てきて、未納料金20,000円を払ってくださいと指示されるようです。

電子マネー(vプリカ発行コードやiTunesギフトカード)での支払いを促していて、これを無視すると裁判所で支払督促や訴訟に発展する場合がある、差し押さえられる場合があるなどと心配を煽る文面になっているという怖い内容です。

ページのアドレスがduckdns.orgが末尾のものが使われていて、このduckdns.orgで終わるアドレスは詐欺メールなどでよく使われるDynamic DNSと呼ばれるサービスなので注意が必要ということをヤマト運輸や佐川急便の偽メールの時など注意喚起されていました。

ヤフージャパンで何か未納ということはヤフーウォレットを経由していることですから、まずは自身のヤフーウォレットのページをチェックしておきましょう。

Yahoo!ウォレット(ヤフーウォレット)の確認方法

まずは普通にヤフーにログインした状態で、Yahoo!ウォレット、もしくはヤフーウォレットで検索すれば簡単にたどり着けます。

ヤフーのホームページ(トップページ)のサービス一覧のところでYahoo!ウォレットをさがしてクリックする方法もあります。

そのYahoo!ウォレットのページで利用明細、請求明細など各項目をチェックしていけば利用状況がわかるので、ここで何も問題なければ詐欺メールが来ても安心することができると思います。

 

[Yahoo!ウォレット]重要!ログインアラート

こういう感じのメールも出回っているようです。

ヤフーウォレットのページの頭に、【ご注意ください】Yahoo! JAPANをかたるメールやSMSについて というヤフーからの注意喚起も載っているのでみておきましょう。

詐欺メールの特徴として日本語がおかしいというものがありますが、一部完璧な日本語で書かれている場合もあるので油断はできません。

また送り主のメールアドレスが正規のものと同じに偽装することも可能なようなので、送り主のメアドだけで判断はしないようにした方がいいと思います。

もう一つはヤフーのリアルタイム検索、またはツイッターでの検索をかければ同時期に一斉に送信されている可能性が高いので「これって詐欺?」と投げかけている人がすぐに見つかって安心できると思います。

注意したいのは実際にヤフーウォレットを使っていて何等かの支払いのトラブルなどを抱えている人。

それはそれできちんと対処しないとだと思うのでまずは自分のヤフーウォレットのページを確認しておきましょう。

ヤフーウォレットに登録していない人は無視、それでいいと思います。

まずはツイッターでの検索を習慣づけておくといいのではないでしょうか。

-トレンド

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5