トレンド

SASUKEが五輪種目?山田勝己ジャパンって何者でどういうこと?

 

山田勝己

SASUKEが五輪種目の候補にというニュースが流れ日本中が沸いています。

言い過ぎました……TBSが沸いています。

SASUKEはご存知、1997年に始まって2021年までに39回大会を開催しているTBSの人気番組。

番組名としては「SASUKE~Ninja Warrior~」という名前で160の国に配信されていて、各国で現地バージョンが20ヶ国以上作らているそうです。

ただニュースのタイトルだけ見るとSASUKEが単独でオリンピック競技になるのかと勘違いしてしまいますが、実際は五輪の近代五種の中の一つの種目として組み込む案が出ているそうです。

近代五種は水泳、フェンシング、レーザーラン(射撃+ランニング)、馬術の5種目で競うものですが、去年行われた近代五種でも馬の虐待ではということで問題になっていたので覚えている人も多いのではないでしょうか。

馬が言うことを聞いてくれず泣き出す選手と、その馬を叩いて怒りまくるコーチの姿が炎上していたかと思います。

これが直接の原因ということではなく、以前から馬の代わりに別の種目をという声はあったようですが、今回障害物のようなコンセプトがSASUKEとマッチするということで、試験的にトルコの首都であるアンカラで開催される近代五種ワールドカップ・ファイナル のあとに行われるようです。

SASUKEの中でも全部をやるわけではなく、「Wall Flip」「Parallel Pipes」など4種類が検討されているようで、TBSも協力を承諾し、フランスやポーランドの番組で使われているものを今回はトルコに設置してテストするとのことです。

SASUKEの公式ツイッターも興奮気味に反応しています。

 

山田勝己ジャパン誕生?誰?何者?

このSASUKEがオリンピック競技に?というニュースを受けて、山田勝己というワードがトレンドに上がってきました。

昔からSASUKEを観ている人ならわかると思いますが、観ていない人にとっては誰?何者?という感じだと思います。

山田勝己さんはSASUKEの初期から出演しているチャレンジャーで、完全制覇こそしていませんが、そのキャラで人気を博し39回大会の内30回に出場するある意味SASUKEの顔とも言える人です。

番組の解説を担当することもあり、オリンピック競技になったら解説に山田勝己さん?もしくは監督に山田勝己さん?選手として山田勝己さん?などちょっとした大喜利状態でツイッターなどで盛り上がっているようです。

愛称は「ミスターSASUKE」「浪速のターミネーター」、現在は鉄工所の社長、ユーチューバーとしても活動しています。

番組初期のころにボンベ配送業をクビになったり、その後は鉄工所アルバイトやビール売りのバイトをしながら番組に命をかけて出演を継続、「水曜日のダウンタウン」などにも出演し、どちらかというといじられやすいキャラがもともとあるので、今回のニュースにちなんで冗談混じりでツイートする人が増大したようです。

56歳になった今も鍛えています。

完全にネタになってしまっていますが、サスケ単体でのオリンピック競技であれば予選に出場などあると思いますが、他に水泳、フェンシング、レーザーラン(射撃+ランニング)とあるのでいきなりこの4つをマスターするのは無理かと思います。

ただ解説やアドバイザー はなくもない話なのかと思いますが、山田勝己さん本人のツイッターなどはまだコメントを出していません。

しばらくこのSASUKEが競技に本決まりすのかも含めてニュースになる機会が増えると思うので、山田勝己さんの仕事が忙しくなり、プチフィーバー状態になるのではないでしょうか。

マッチョ系の人はどうしてもいじられやすいという宿命の中、今後の山田勝己さんの動向に注目です。

ピュアアルギニンリキッドの口コミは?身長への効果は嘘なのか調べてみた

山田勝己さん、金メダル候補にまでなっています(笑)

 

-トレンド

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5