エンタメ 結婚

吉川愛の結婚や熱愛彼氏の情報は?佐藤健や鈴木亮平との関係などまとめてみた

吉川愛(よしかわあい)さんは1998年10月28日生まれの21歳、東京都葛飾区出身です。

2017年4月から研音に所属し、女優として活動しています。

子役時代は吉田里琴(よしだりこ)名義で2016年4月まで活動していました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉川 愛(@ai_yoshikawa_official)がシェアした投稿

『ハニーレモンソーダ』で新人俳優賞を受賞した 吉川愛さん。

この記事では吉川愛さんのプロフィールに加え、結婚や熱愛彼氏の情報、佐藤健さんや鈴木亮平さんとの関係などをまとめています。

 

吉川愛の子役時代の主な活動

吉川愛さんは3歳からムーン・ザ・チャイルドに所属し、5歳でコカ・コーラの爽健美茶でCMデビューを果たしました。

10歳のとき出演した「ハガネの女」では初めてのいじめっ子役を演じ、それからはいじめっ子やキツイ女の子の役を演じることが増え、周りから怖がられることが増えたそうです。

子役時代には数えきれないほどのドラマや映画、CMや雑誌にまで幅広く出演されています。

当時は吉田里琴(よしだりこ)の名前で活動していました。

なので最近の日本アカデミー賞での新人賞というのにちょっと違和感のある人もいるかもしれません。

 

吉川愛さんの芸能界引退の理由や復帰のきっかけについて

吉田里琴さんとして引退した理由について本人は「学業がおろそかになってしまい、このままではいけないと思いました」とブログを通して芸能界引退を発表しています。

発表した日が2016年4月1日と、エイプリルフールだったので、冗談ではないかと思われましたが、真実だと知ったファンの方たちはショックを受けていました。

 

引退後はパンが大好きだったので、パン屋さんでアルバイトをしていたとのこと。

 

また、幼いころから日焼けしてはいけなかったり、虫刺されにも気を遣っていたりして、お休みするまで屋外プールで泳いだことがなかったそうです。

なので、休み中に屋外プールで泳いだり、高校の球技大会に出場したりと、今まで味わえなかった青春を満喫する日々だったそうです。

 

ちなみにアルバイト先のパン屋さんでは、クロワッサンとさつまいもパンが大好きだったようです。

 

その後、研音のスタッフにスカウトされ、当時の心境では“パン屋で働く自分“を演じていることに気づき、「演じることが好きなんだ」と改めて思い、女優復帰を決意。

 

復帰後に所属した研音といえば実力のある俳優や女優の方が多数在籍しています。

例えば唐沢寿明さん、反町隆史さん、福士蒼汰さん、山口智子さん、天海祐希さん、志田未来さんなど多数の実力派がいる事務所です。

一流の方々が在籍される事務所からスカウトされたことも、復帰のきっかけになったのかもしれないですね。

 

復帰時に以前の芸名を使わなかったのはなぜでしょうか?

考えられる可能性として、「吉田里琴」が商標登録されていてその他の事務所では使用できなかったか、本当は本名だったのでは?との噂があります。

 

また事務所を移籍する為にあえて一度引退したのではないかと噂にもなっていました。

当時の話で、声をかけた研音スタッフは吉田里琴と知らずにスカウトしていたそうですが、研音のような大きな事務所が、吉田里琴さんのような知名度のある方を本当に知らなかったのでしょうか?

こればかりは吉川さんや事務所の方にしかわからないことになりますね。

芸能界の裏の事情は決して表に出てこないので何とも言えません。

吉川愛さんの結婚や熱愛彼氏の情報は?

子役時代から含めると芸歴は長いので過去の作品で共演した俳優さんと噂になっている数もそれなりにあります。

まだ9歳の子役時代でも速水もこみちさんと「年の離れた恋人同士」などと新聞の記事になったこともありましたが、これは完全にネタ。

ドラマ『オー!マイ・ガール!!』での共演ですが、当時すでに主演クラスの扱いだったので、速水もこみちさんと一緒に取材を受けることもあり、大人が二人をからかう場面もあったかもしれません。

映画『映画 ひみつのアッコちゃん』では返信前のアッコちゃん役で出演。

共演した岡田将生さんが撮影中に吉川さんのことを「愛おしくて愛おしくてしょうがない」とか「一緒に住まねえ、俺と」とか「なんでもするよ」など今なら完全アウトな発言を連発して吉川さんを困惑させていたようです。

ロリコンにもほどがあります。

ということで岡田将生さんも特につきあっていたというわけではないようです。

そして吉川さんが仕事に復帰して噂が出たのが一般人男性。

花火大会に男の人と来ていたという情報がネットで出回ったようです。

【口コミ】パートナーエージェントはひどい?宗教?料金や本当の評判をまとめてみた

ただ吉川さんの公式のアカウントでその時の様子を写真に上げているのでマネージャーやスタッフの人だった可能性は高いです。

また芸能界から引退していた時期に普通の高校生ですからつきあっていた彼氏がいても不思議ではありません。

横浜流星さんとは子役時代も含めて共演が多く、二人の仲を疑うファンも多いようです。

『リアル鬼ごっこ THE ORIGIN』 『虹色デイズ』『しろときいろ〜ハワイと私のパンケーキ物語〜』『初めて恋をした日に読む話』などどれも二人をみているとキュンとしてしまうということで妄想するファンが急増。

ただ週刊誌に撮られたりといったことはないようでこちらも単なる噂ということでしょうか。

ドラマ『カラフラブル〜ジェンダーレス男子に愛されています。〜』で共演した板垣李光人さんもお似合いということでネット上で噂する人がいたようですがこれも単なる共演者の枠を超えることはなかったようです。

『虹色デイズ』で共演した佐野玲於さんも同様に共演したということでの噂。

ほとんどが吉川愛さんの場合、共演者しかいないという特徴があります。

実際よくある匂わせや週刊誌に撮られるということもなく、女優としてはパーフェクトな振る舞いで見習うべきお手本のような存在かもしれません。

佐藤健さんとも子役時代から大人になった復帰後と共演が多く付き合っている?と噂する人がいるようですが完全にファンの妄想が先走っている感じはします。

『メイちゃんの執事』の頃には吉川さんの膝を触るセクハラ行為をしている佐藤健さん、恋多き俳優として知られる佐藤健さんだけに大人になった吉川さんを口説き落とす可能性もありますが、事務所が許さないのではないでしょうか。

そして鈴木亮平さんも同じく『メイちゃんの執事』のころに共演し、吉川さんを抱きかかえるシーンを思いだす人も多いかもしれません。

この二人が日本アカデミー賞の授賞式の時に再会、大人になった吉川さんにドキッとしている鈴木亮平さん?と話題になっていましたが、鈴木亮平さんはすでに既婚者。

こちらは佐藤健さんと違って誠実な対応というか、本当に妹というか子供が大きくなって感慨深いといった感じで接しているのではないでしょうか。

そのアカデミー賞で新人俳優賞 を獲った『ハニーレモンソーダ』で恋人役だったラウールさんも当然噂になります

撮影で一緒だった二人を目撃した人がつぶやいた内容を勘違いする人もいたようですが、プライベートで何かあったということではない様子。

ラウールさんがジャニーズのSnow Manの一員ということで嫉妬するファンも多かったのではないでしょうか。

そして最新作の『ALIVEHOON アライブフーン』で共演の野村周平さんも噂の彼氏?のような感じでネットには書かれていくのだと思います。

こうしてみると本当に熱愛スクープのない珍しいパターンというか、かなりの優等生な感じがして逆に怖いです。

突然結婚の発表などがやってくる日にはファンが卒倒してしまうのではないでしょうか。

若くから活躍している人は何回かは撮られているケースがほとんどのような気もしますが、仕事だけに打ち込んでいるのだとするとちょっと心配な気もします。

研音のユーチューブチャンネルでもひとり飯の映像を上げていて、恋愛や結婚などの匂いはしません。

今話題のガー シーから何かネタが出てくるわけでもなく、本当に潔白で何もない女優さんなのかもしれません。

今後の熱愛や電撃結婚など、ホントのスクープにファンは覚悟しておかないといけないのではないでしょうか。

【口コミ】IBJメンバーズの評判は?料金のシステムなどまとめてみた

吉川愛さん復帰後の仕事について

2017年放送のTVドラマ「愛してたって、秘密はある」が復帰作になります。

吉川さんが得意とする役柄だったにもかかわらず、「思ったような演技ができず、もどかしさを感じた」と当時を振り返られています。

 

2021年3月に公開された、ディズニー映画『ラーヤと龍の王国』のヒロイン・ラーヤの吹替えにも挑戦されました。

 

2021年7月に公開された『ハニーレモンソーダ』では主人公の三浦 界(みうら かい)役に人気絶頂のアイドルグループ、Snow Manのラウールさんが演じられると話題になり、ヒロイン役に選ばれた吉田さんは2022年に開催された【第45回 日本アカデミー賞】で新人俳優賞に選ばれました。

 

2021年9月に放送されたNHKドラマ「古見さんは、コミュ症です。」ではヤマンバギャルの万馬木 留美子(まんばぎ るみこ)役を演じています。ギャルメイクなのにメイド服という異色の組み合わせにも吉川さんの可愛さのおかげか、とても似合っています。

 

そして2022年6月10日に公開となる映画「アライブフーン」では武藤夏美(むとう なつみ)役で出演されます。

 

吉川さんは撮影当初「車好きなメカニック役ということでどう演じればいいか、どのようなしぐさをすればいいのか不安になりました。夏美ちゃんは車が好きな女の子ですが、私は車のことをそんなに詳しいわけでもなく 夏美ちゃんの車好きを不自然にならずに見せられるか不安になりました。」と語っています。

それに吉川さんは車の免許どころか、ハンドルすら握ったことがないにもかかわらず、運転シーンやドリフトシーンにも挑戦されています。

 

そんな吉川さんのお気に入りは、終盤にある主人公の野村 周平(のむら しゅうへい)に車やドリフトについてアドバイスするシーンで、元々は台本にセリフがなかったところに夏美の見せ場を作るために、長いセリフを用意してくれたそうです。専門用語が多く、セリフを覚えるのに苦労されたそうです。しかし撮影本番では一発OKになり、夏美ちゃんのカッコよさが出ていてとてもお気に入りとコメントしています。

吉川愛さんは時折インスタライブもやっているようですね。

吉川さんの理想の女性は?

吉川さんは「anan」 NEWS ENTAMEのインタビューで、理想の女性として天海祐希(あまみ ゆうき)さんの名前を挙げています。

「周囲に気遣い、現場を盛り上げ、芝居への取り組み方も嘘のない演技も、全てがかっこいい」というコメント。

今まで様々な役をこなしたことで役柄の幅も広がり、子役から女優へと確実に進化してきました。

これからも魅力的な演技を見せてくれそうな吉川さんに目が離せません。

-エンタメ, 結婚

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5