エンタメ

坂口健太郎の彼女や熱愛情報は?引退や脳梗塞の噂の出所などまとめてみた

坂口健太郎

坂口健太郎さんは、1991年7月11日生まれの30歳、東京都府中市出身です。

 

トライストーン・エンタテイメントに所属し、俳優、モデルとして活躍しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

kentaro sakaguchi(@sakaguchikentaro)がシェアした投稿

若干の男臭さも人気のヒミツ。

AQUES(アクエス)の評判はどんな感じ?怪しい口コミやDaiGoとの関係など調べてみた

芸能界デビュー前の坂口健太郎さんはバレーボール少年だった

 

坂口健太郎さんは学生時代に、バレーボール部に所属していました。中学校は明星中学、高校は明星高校に進学しています。バレーボール部に入部したきっかけは、その長身を活かしたかったからなのかと思いきや、「担任の先生に熱烈な勧誘をされたから」なのだそうです。

 

明星中学のバレーボール部は練習が厳しくて有名だったそうで、坂口健太郎さんもかなりきつい練習を毎日おこなっていたそうです。その結果、バレーボールの大会で「ベストパフォーマンス賞」を受賞しています。

 

中学でのバレーボールの練習がきつすぎて、高校は違う部活を考えていたそうです。本当は、その時演劇部が気になっていたのですが、結局周りに流されて中学と同じバレーボール部に入部となりました。

 

演劇部に入部できなかったのは残念ですが、演技はこの頃から興味があったみたいですね。

 

中学、高校とキャプテンを任されていたくらい、周りからの人望があったのですが、天然な性格もその頃から見られていたようです。遠征でバレーボールを忘れて顧問の先生に怒られたなど、クスっとしてしまう天然エピソードが多くあると話しています。

 

坂口健太郎さんの趣味は読書で、中学生の頃から司馬遼太郎、北方謙三の小説を読んでいたそうです。どちらも歴史小説家として有名ですから、学生の頃から歴史好きだったことがわかります。

 

ちなみに今でも読書好きで、YouTube動画では「アンソロジーシリーズ(PARCO出版)がおすすめ」だと話しています。

相当モテたと思われる学生時代の坂口さん。

 

坂口健太郎さんの経歴

 

2010年に第25回『MEN'S NON-NOモデルオーディション』に合格しました。このオーディションには自分で応募したそうです。その後はモデルを中心に活動を続けていきます。

 

2014年、映画『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』で俳優デビューを果たします。この頃に『MEN’S NON-NO』6月号で、単独表紙を飾ります。この専属モデルの単独表紙自体が20年ぶりだということでも話題になりました。

 

そんな中、2015年テレビドラマ『コウノドリ』の出演が、坂口健太郎さんの俳優としての知名度を上げる大きなきっかけとなります。第1シリーズ、第2シリーズと続いていく人気ドラマであり、坂口健太郎さんにとってはテレビドラマ初出演となる作品です。

 

2017年に『コウノドリ』第2シリーズが放送決定となった時に、坂口健太郎さんは「こんなに反響のあった作品は今までなかったので、続編が決まった時は素直に嬉しかった」とインタビューで話しています。坂口健太郎さんにとって、転機となった作品と言えるでしょう。

 

そして同じ年の2017年、映画『64-ロクヨン-前編/後編』で「第40回日本アカデミー賞新人俳優賞」を受賞し、さらには「第41回エランドール賞新人賞」も同じ年に受賞します。

 

2017年はテレビドラマ『東京タラレバ娘』など、話題になったドラマにたくさん出演した年でもあります。俳優として大躍進の年になったことは間違いありません。

 

そしてモデルとしても、『MEN’S NON-NO』2・3月号で、2号連続で表紙を飾ります。『MEN’S NON-NO』ではモデル史上初めての連続表紙となったので、当時の坂口健太郎さんの人気ぶりがうかがえます。

 

そんな大躍進の2017年、『MEN’S NON-NO』7月号で、専属モデルは卒業しています。『MEN’S NON-NO』は阿部寛さん、竹野内豊さんなど、実力派俳優が多く卒業しています。彼らのようになるため、本格的に俳優業に集中したかったのではないかと思います。

 

2018年『シグナル 長期未解決事件捜査班』でテレビドラマ初主演を務めました。この作品は映画化も果たしていて、坂口健太郎さんの代表作ともいえます。

 

その後も映画、ドラマの主演が続き、2021年の朝ドラ『おかえりモネ』の演技も話題になり、今では存在感のある役者となっています。

 

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で大河ドラマ初出演となり、「自分の中ですごく核のあるドラマ」と意気込み十分なようです。この先の活躍が約束された俳優といえるでしょう。

 

坂口健太郎さんの現在の彼女は?

 

現在坂口健太郎さんに熱愛報道はないので、彼女はいないようです。

 

高畑充希さんと2016年から4年交際していましたが、2020年の秋頃に破局したと2021年1月に報道されました。

元旦にニュースになってしまう残念な結果でした。

 

長い交際なので、「結婚するのではないか」と言われていましたが、お互いにお仕事で忙しく、また「将来に対する考え方にすれ違いが出てきたため」別れてしまったようです。

 

過去の熱愛報道は、女優の波留さんともありましたが、こちらも破局しています。

エランドール賞の授賞式の時は高畑充希さん、波留さんと両者が同席していてピリついた空気が流れたとも言われていますが、実際どうだったのでしょうか。

この時噂になっていたのは高畑さんの方ですが、会見で交際についてはノーコメントだったようです。

 

女優の菊池亜希子さん、綾瀬はるかさん、清原果耶さん、歌手のmiwaさんとも噂になりましたが、熱愛報道はないので、実際のところはわかりません。

 

今のところ、清原果耶さんが一番交際する可能性が高いのでは?と言われているそうです。朝ドラでの共演で仲が良い関係になっていて、注目を集めています。今後もしかしたら、熱愛報道があるかもしれませんね。

新年一発目のツイートが 清原果耶さんとのツーショット。

久しぶりの再会と言っていますが、ここから恋に発展?などとファンは気が気でないのでは?

清原果耶さんとは『婚姻届に判を捺しただけですが』でのキスシーンが話題になりました。

 

共演者キラーと言われている坂口さん、現在出演している大河ドラマは大物女優もわんさか出ているので、いつ誰ろ熱愛発覚になってもおかしくないような気もします。

メイキング映像のビンタのシーンで永野さんが坂口さんを気遣うところに、ある種のファンの嫉妬で噂を流す人がいたのかもしれません。

永野さんはドラマ、映画の出演が多く、出るたびに共演者と噂になる女優さんです。

いつも笑顔で雰囲気のいい女優さんなので坂口さんもいいなあという気持ちぐらいはあったのではないでしょうか。

永野芽郁の結婚や彼氏の熱愛報道は?旦那さん、恋愛事情の真相は?

坂口健太郎さんの引退や脳梗塞の噂はどこから?

坂口健太郎さんで調べていると出てくる「引退」や「脳梗塞」「難病」のワード。

 

実際この辺の噂がどこから出ているかといえば、一つは坂口健太郎さんではなく坂口憲二さんと間違えて検索している人が多いことからきているものと思われます。

 

坂口憲二さんは難病の「特発性大腿骨頭壊死症」で芸能界を引退、現在はコーヒー焙煎士として活動されている方です。

 

ドラマ「医龍 -Team Medical Dragon-」などもヒットした人気俳優の突然の引退だったので記憶にある方も多いと思います。

 

この同じ坂口姓で「けん」というところまでが同じというだけでミスリーディングされて、グーグルが間違えて記憶してしまっているということではないでしょうか。

 

また脳梗塞については、坂口健太郎さんのお父さんが65歳の若さで急死されいて、その死因が脳梗塞ではと囁かれていること、これが検索ワードに出てくる要因ではないでしょうか。

 

特に病気で苦しんでいたというような兆候もなく突然亡くなったと、坂口健太郎さんが2021年3月18日テレビ朝日放送の「徹子の部屋」で告白したことで、突然死であれば脳梗塞や心臓発作などだろうという勝手な憶測で書かれている記事なども多いので、その辺が原因ではないでしょうか。

 

なので引退や脳梗塞などのワードは坂口健太郎さん本人のものではなく、周囲の人や勘違いで検索されている結果から来ているものと思われます。

お父さんがいないのでお母さんと会う時はハグするという坂口さん、泣けてきます。

-エンタメ

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5