フード 生活

【口コミ】ゆめぴりかは美味しくない?評判や偽物の噂などまとめてみました

ゆめぴりか

おいしいブランド米として知られるようになったゆめぴりかですが、その成り立ちに北海道民の強い想いがこめられていることを知っていますか?

 

ここでは特徴、価格や偽物の騒動などについて詳しく紹介していきます。この記事を読んで、ぜひおいしいゆめぴりかを食べてみてください。

 

ゆめぴりかとは?名前の由来は?

 

「北海道産のおいしいお米をつくる」という夢がこめられたお米として生まれ、2011年から販売されるようになった品種です。

 

皆さんも知っての通り、北海道は寒さの厳しい地域なので、昔からお米は作られていたものの、おいしいお米を作るのは難しいと言われていたのです。

 

そんな中でも、北海道の農家は「日本で一番おいしいお米を北海道でつくろう」という強い想いを持っていました。たくさんの試行錯誤を重ねていき、その結果、北海道の寒い気候でもおいしく育つ品種が見事に開発されます。

 

そうしてできたのがゆめぴりかなのです。長い時間をかけた、農家のたゆまぬ努力でできた、まさに「夢」のお米の誕生です。日本の品種改良の話を聞くといつも思うのですが、農家の方々のあきらめないで取り組む力には、本当に驚かされます。

 

特徴は、甘い香りと粘り気のあるやわらかさです。冷めても美味しいといわれ、お弁当やおにぎりに最適です。そのおいしさからコシヒカリと同じ「特A」と評価され、他のブランド米を差し置いて総合評価1位となった実績があります。

 

そのおいしさは、国際線のファーストクラスの機内食に選ばれているほどなのです。まさに日本を代表するお米だと言えるでしょう。

 

「ゆめぴりか」とは、北海道の農家の「夢」と、アイヌ語の「ぴりか」を合わせた名前です。聞きなじみのないもののように感じられるかもしれませんが、それもそのはず、「ぴりか」とは「美しい」という意味のアイヌ語なのです。

 

この名前は北海道での一般公募3,422通から選ばれたものでした。北海道民の強い期待、想いが込められているのがわかりますね。北海道に昔から住むアイヌ民族の言葉を使っているのも、北海道としての誇りが感じられます。

ゆめぴりか米

電気圧力鍋 Panasonic SR–MP300をレビュー!口コミや評判もまとめてみた

ゆめぴりかの価格はいくら?

 

現在の価格を調べてみたところ、5㎏で大体3000円前後で購入できます。

 

ここで注意が必要です。スーパーなどで平均よりかなり安く売っている場合があるのですが、買って食べてみたら「あんまりおいしくない…」となることがあるそうです。

 

「それって偽物なの?」と思うかもしれませんが、偽物というわけではなく、品質の良くないお米をブレンドされたものの可能性が高いのです。そのため味が落ちてしまい、本来の美味しさではなくなってしまっています。

 

そういった商品は「複数原料米」と書かれていることがあります。同じ品種で同じ生産地で同じ生産年度のお米で100%の割合で作られたものを「単一原料米」といわれるのに対し、それ以外のものを複数原料米といいます。

 

つまり、品質の良くないものを混ぜている可能性がある商品なのです。そのため安く買えたと喜んでも、本来のおいしさを味わうことはできません。

 

おいしいゆめぴりかが食べたい場合は、信頼できる販売先で購入するのが安心ですね。今はネットでも購入できますが、トラブルのない信頼できるところを探しましょう。

 

スーパーなどで購入する場合は、農家が提示している価格と比べてみてください。その価格を下回っていたら、品質の良くない商品である可能性が高いと言えるので、味は保証できません。価格をよく見て購入するのが、失敗しない方法なのです。

ゆめぴりかを徹底解説してくれている動画、参考になります。

 

ゆめぴりかに偽物が売られているという噂がある?

 

実は「ゆめぴりかの偽物が売られている」と騒動が起きたことがあります。しかし、偽物が売られているのではありません。これは先に述べた、品質とはまた別の問題です。

 

北海道の農協の連合会である、「ホクレン」が「北海道米の新たなブランド形成協議会」を立ち上げました。目的はその名前の通り、ブランドの形成です。

 

そしてこの協議会が、生産についての取り組みを定め、その基準をクリアしているゆめぴりかには「認定マーク」をつけることとしたのです。

ゆめぴりか品質

 

加盟している販売会社は、マークのついたパッケージで売り、それ以外の加盟していない会社は、このマークがついていません。

 

これは安全が保障された証なのですが、「これがないと偽物なのでは?」と思われてしまい、マークのないものが売られていることに対して騒動が起きたのです。これが偽物の噂の原因となってしまいました。

 

しかし、経緯がわかればマークがないものも本物だとわかりますよね。マークがないものが売られていても、偽物?と疑う必要はないのです。加盟していない会社なだけで、ちゃんと本物を作っています。

 

北海道のブランド米を確立していこうとした結果、このような騒動になってしまったのはとても残念です。本当においしいものでも、買い手に安心してもらえる売り方が重要なのだとわかりますね。

ゆめぴりかをマツコ・デラックスさんが食べると説得力があります。

 

美味しくない?ゆめぴりかの実際の口コミや評判は?

毎日お弁当を作って会社に持っていっていますが、冷えても味がおいしい思います。普通のスーパーのノンブランド米をずっと使っていましたが、なんとなく名前が気になってゆめぴりかを試してみたのですが、当たりだと自分では思ってます。おにぎりにすると余計おいしく感じますが、これは好みかもしれません。炊飯器はかなり昔から使っているものなので、単純にお米のクオリティということなのだと思います。年のせいかお米にこだわってみようという気持ちが芽生え、今度はちゃんとした最近の炊飯器を買って違いを試してみたいと考えています。

 

味ですが、少し粘り気がある感じで甘いように感じます。旦那が言うにはもっちりしているという感想。唐揚げや炒め物など普通に食卓でおかずと一緒に食べることに関しては非常にオイシイと思います。ただチャーハンを作る場合はちょっと不向きかもしれません。私の家ではあまりチャーハンを作らないので実際どうだったかということは言えませんが、もっちり感がなんとなくそんな風に思わせました。でも素直においしいです。ブランド米だけあるなあという感じです。

 

コシヒカリなどの昔からあるブランド米になんとなく慣れてしまい、気分転換に買ってみました。正直お米でこんなに味が違うことに驚き。おいしいです。もちろん味に慣れたら最初の感動も薄れていくのかもしれませんが、たまには違うお米も買ってみるものだなあと思いました。個人的には水を少し少なめで炊くと好みの固さと粘り気かなあという感じです。ママ友の家が最新の高い炊飯器を買って同じゆめぴりかを炊いたやつを味見させてくれましたが、さらにふっくらしててびっくりしました。お米より最新家電に目が行ってしまい、でもちょっと高いので我が家ではもう少し我慢かなあといったところです。

 

ゆめぴりか、近所のスーパーより通販の方が安かったので初めて通販を利用してみました。実際お米は重いので安いのであれば通販の方が便利かもと今さらですが気づきました。味はもちろんおいしかったです。正直もちもちしているということ以外、どう表現していいかわからないのですがおいしいです。知り合いは同じゆめぴりかでもメーカーであったり、獲れた年だったりで味が変わってくると言っていましたがたまにハズレもあるようです。何か別のお米と並べて比較したら味おんちの私にもわかると思いますが、とにかく安いスーパーのやつよりかはおいしいので試してみて損はないと思います。あとは金額の問題。

 

無洗米のゆめぴりかを買いましたが、普通においしかったです。粘りがあって、米粒が立っていると言えばいいのでしょうか。今まで食べていたものとは明らかに違っています。なんとなく名前は知っていたし、スーパーでも目にしてはいたと思うのですが、あまりお米にこだわりがなかったのでスルーしていましたが、土鍋を人からもらったので試してみることにしました。最初土鍋の効果かなと思い、残っていた普通の米も試しましたが、やはり味は全然違いました。一度おいしい米に変えると戻すのが難しくなるかもしれません。我が家では少しコストがかかるので2,3回に1回ぐらいの割合で買おうかなと考えています。

 

実際あまり美味しくないという口コミはほとんど見られません。
ただパッケージの破れであったり、虫がいたというようなレアなケースでのクレームがちょこっと見られ感じでしょうか。

 

夫婦二人だけなので少しの注文ですが、この米はほんまに気に入ってます。
冷めた握り飯にすると美味い米か?美味くない米か?が良く分かるがこの米は素晴らしいね。
前はコシヒカリ専門でしたが、今はこれにはまってます。(^^♪

引用:アマゾン

 

結果で言うと大満足です。お昼におにぎりにしてもっていくのですが冷えるともっちり、甘いご飯になります。個人的に冷えたごはんが好きなのですが、冷えるとパサパサになってしまう種類もある中、このお米は本当に当たりでした。また買います。

引用:アマゾン

 

夏に大量のお米は買わないと決めていましたが、昨年7月白米30Kgを購入。少人数家族ですが毎日お弁当を作るので食べきれるでしょうと簡単に考えていました。ところが想定外に時間がかかってしまい、残り2袋・そのうちの1袋を開けた瞬間、変色・臭いに気づき…炊いてはみたものの…処分も考えましたがそれも出来ず、毎日チャーハン&炊き込みご飯&五穀米を多めに入れて炊く等で何とか乗り切りました。家族から「どうしたの?味かえた?」と聞かれてもスルーしました。そして最後のひと袋。そうだ!ひとつだけ真空パック無料サービスを利用しているんだ!やった~これって凄いですよ!真夏で冷蔵庫に入れてもいないのに(冷蔵庫いつも一杯でお米入れるスペース無し)変色・臭くなく、炊いたらいつも通りの味でした~♪
それからその都度食べきれる分だけ10Kg買っていました。でもすぐ注文する事となり面倒だな~と感じ、
今回30Kg全部真空パックで注文しました。実は先程届いて確認した所、一番下のひと袋だけ真空パックが壊れかけていました。(板状は何とか保っていますが袋の角・お米がパラパラとしていました)
段ボールに平積み2×3で間にプチプチが挟んであり、お店の方々も細心の注意を払って下さってくれていると分かりますが、念のためお知らせいたします。
毎回のおまけ楽しみにしています。(お弁当ですぐに無くなりますが。)
お世話様でした!

引用:楽天

ブランド米は全て試して好みを見つけるしかないと思います。

やはりおにぎりの相性がいいような気がします。

 

ゆめぴりかとこしひかりやつや姫との比較動画なども参考になると思います。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

北海道03(@hokkaidou03)がシェアした投稿

同じ品種でも農家さんによって味は変わってくるようです。

-フード, 生活

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5