家電

電気圧力鍋 Panasonic SR–MP300をレビュー!口コミや評判もまとめてみた

【初めての電気圧力鍋】ついつい使いたくなっちゃうPanasonic SR–MP300の実力

◆憧れの電気圧力鍋を購入

こんにちは。

結婚2年目でパート勤務やっています。

新築戸建への引っ越しを機に、我が家でも前から欲しかった電気圧力鍋を招き入れました。

今回はその使用感を簡単にご紹介させていただきます。

 

◆数ある電気圧力鍋の中でSR–MP300に決定!

自宅の完成を間近に控えたころ、家電量販店で、テレビや冷蔵庫、洗濯機など主要な家電を選び終わり、

 

「圧力鍋も欲しかったんだよな〜」

 

と、調理器具コーナーに足を運びました。

そこで見たものは、いくつも並ぶ同じようなフォルムの電気圧力鍋たち。

 

「正直、何が違うの?」

 

見た目はもちろん違いますが、どれも色んな機能が搭載されていて、なかなか選ぶのに苦労しました。

 

結局何を選んだのか。

それが、

「Panasonic社製 電気圧力鍋 SR–MP300」でした。

 

◆SR–MP300を選んだワケ

とにかく佇まいがシンプルでコンパクト、そしてお洒落。

ウチの調理家電はなるべく黒ベースで統一させたかったので、まずはそこを重視しました。

機能よりもまず見た目です。

お洒落な空間で料理する方がモチベーション上がるでしょ?

 

基本的にウチのもの選びの基本は、それが家のイメージに合っているかどうか。

調理家電だろうがなんだろうが、そこは譲れないポイントなのです。

 

◆電気圧力鍋SR–MP300の機能を紹介

だからといって機能がどうでもいいわけではありません。

ただ、色んな機能があればいいというわけでもありません。

 

【機能面で選びたいポイント】

・とにかく「シンプルな操作」

・多機能よりも高性能(色んな機能があるよりも一つ一つがしっかりしている方がいい)

・お手入れのしやすさ

以上の条件を備え、なおかつ見た目が好きだったのでSR–MP300に決めました。

 

◆無駄なものを排除!シンプルな操作

7種類の自動調理メニューと4種類の手動調理メニューが搭載されている圧力鍋。

機能のスペックはこれで十分。

シンプルな画面デザインとなっています。

 

◆多機能よりも高性能!使いもしない機能なんていらない

以下にメニューの内容を紹介します。

我が家は自動調理メニューよりも手動調理メニューを使うことが多いです。

特に、「煮る」は他の圧力鍋には少ない機能なので、煮込み料理の仕上げに重宝します。

 

【自動調理メニュー】

1カレー

2肉じゃが

3角煮

4ヘルシースープ

5玄米

6黒豆

7甘酒

 

【手動調理メニュー】

・圧力調理

・煮込み

・無水調理

・低温調理(70℃、85℃)

 

◆蓋が取れるタイプだからお手入れしやすい

他の圧力鍋に比べ、部品が少なく手入れが楽です。

蓋の取り外しができ、が外れて丸洗いもできます。

写真の部分は少し手入れがしにくいですが、ウェットティッシュなどで拭き取ることをおすすめします。

 

◆SR–MP300の使用感は?

 

◆とにかく他のことがはかどる

忙しい時、やる気が出ない時に、本当に助かる1台でした。

毎日仕事から帰って夕飯の準備をするとなると、1日や2日くらいはそんな日もあります。

控えめに言ってそれくらいです。

 

だから、具材を切って入れておくだけで勝手にやってくれるので、他のことがはかどります。

ウチは犬を2匹買っているため、その時間を使って犬のおもちゃやトイレを片付けたり、食事の準備に充てることもできます。

 

一般的なご家庭なら、お風呂を洗ったり、洗濯物を取り込んだり、子供の世話をしたり…とにかく世のお母さんたちは忙しいのです!!

その時間に勝手に作ってくれているなんて、本当にありがたい限り。

夫より使える…なんて口が裂けても言えませんが、そのくらい頼りになります。

 

◆実際に電気圧力鍋を使って調理してみました

今回作ったのは、「鶏のさっぱり煮」

鶏の手羽元を、ポン酢と水で煮込む料理です。

私はピリ辛が好きなので鷹の爪を少々入れます。

 

準備は、

「材料を全て釜の中にぶち込むだけ!」

 

設定は、「手動調理」の圧力調理15分としました。

ここまでの所要時間3分弱。

 

あとは出来上がりまで待つだけ。

 

「ピピーピピーピピー」

圧力調理終了の合図です。

 

その後、自然減圧が始まるため、「圧力ピン」が下がるまで待っておきます。

これが「蒸らし」の時間となります。

今回は、15分程度で減圧ができました。

 

蓋を開けてみると、

湯気と一緒に美味しそうな匂いが立ち込めます。

 

箸でホロホロと崩れるほどしっかり煮込めています。

味の染み具合も丁度いい。

夫婦ともに大好きな定番料理の完成です。

 

 

◆SR–MP300のちょっと気になるところ

購入してからこれまで何度も使用してきましたが、本当に満足しています。

ただ、その中でも少し気になるところがありました。

 

それは「圧力ピン」です。

これは圧力がかかっている時は上に頭が飛び出ていて、減圧が完了したら下がる、そんな動きをするピンのことです。

このピンにより、調理が終わったかどうか最終的に確認できます。

 

しかし、稀に減圧が完了したにも関わらず、このピンが上に飛び出たまま止まってしまうことがあります。

軽くポンと押してあげると下がるのですが、もし減圧が完了していない場合は、吹きこぼれ等が起きる可能性もあるため、少し注意が必要です。

確認する際は、火傷などに注意し、箸やミトンを使って確認するようにしてください。

プラズマクラスターで除霊ができるってホント?シャープのIG-NX15を買った体験談

Panasonic SR–MP300の口コミや評判は?

楽天やアマゾンを見てもこのパナソニックのSR–MP300はかなり売れているみたいです。

アマゾンでは1000近いレビューが書き込まれていて、概ね好評価、我ながら良い買い物をしたと満足しています。

今まであまり聞いたことが無いメーカーの電気圧力鍋を使っていたが、そろそろ新調しようとちょっとだけ奮発して家電量販店で購入させていただきました。使用感としては、前に使っていた電気圧力鍋とは次元が違うほど良いです。おそらく、電気圧力鍋のなかでもかなりのハイグレードなクオリティだと思うほどすごい。豚の角煮からデザートのプリンなど、意外とシンプルな色々な料理を作れます。これ一台で令和乗り越えられそうなレベルで何でもできるという感じです。総評としては、色々な料理ができるのはもちろんですが、パワーがすごい一台だと思います。満足!

引用:アマゾン

やはり大手メーカーの実力はすごいと実感できる商品だと思います。

とくに調理家電は安物との差が顕著に表れます。

妻に便利だからと購入を薦めました。いざ届いてみると、自分で使いたくなり、電気圧力鍋に付属していたレシピ集に従って早速、タコと里芋の煮物に挑戦。「一寸、薄味じゃない?」と妻の評価。本屋さんの圧力鍋レシピを参考に調味料を調整して再挑戦。妻も柔らかく且つ美味しく煮えたタコに合格点。今日、筑前煮に挑戦、これも好評でした。この電気圧力鍋にかかれば、こったおふくろの料理さえ男の人でも簡単に出来そうです。今度は、是非お正月の黒豆煮に挑戦しようと思っています。

引用:アマゾン

レシピはネットにもたくさん溢れているので、毎日違うメニューでも際限なく楽しめると思います。

操作が単純でわかりやすいです。前持ってた電気圧力鍋はこれの前の型で、10年以上使いました。今や各メーカーから出ている電気圧力鍋。T-falやアイリスなど、店頭で触ってみたり、ネットでクチコミみたり沢山調べた結果。やはりPanasonicに。届いてから、スペアリブを作りました。とても柔らかく美味しくできました!容量3リットルは小さいか心配でしたが、スペアリブ8本できましたよ。お米も5合まで炊けるそうです。

引用:楽天

操作は本当に簡単なので機械音痴の人でも大丈夫だと思います。

悩んで悩んでおうちごはんが、増え。ずっと悩んでいた電気圧力鍋。パナソニックに決め、購入。すぐに届き感謝です。火の圧力鍋より簡単で、悩んでいた時間が勿体なかったと後悔しました。大活躍してくれそうです!

引用:楽天

従来の火をつかう圧力鍋はやはり手軽にとはいかないのが難点かと思います。

絶対にツイッターなどのSNSで自慢したくなります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

asa(@keepsmiling.asa)がシェアした投稿

10分で出来るのはかなり感動的で、ぜひ皆さんにも体験してほしいです。

 

 

◆まとめ

「Panasonic社製 電気圧力鍋 SR–MP300」の購入から使用感を紹介しました。

調理メニューは自動7種、手動4種と、とにかくシンプルで使いやすい電気圧力鍋です。

部品が少なく、お手入れも比較的簡単な構造となっているため、電気圧力鍋を使ったことがない人でも、安心して使用できると思います。

SR–MP300を使うと新たな料理のレパートリーを増やすとともに、時間の有効活用もできます。

ぜひこの機会に検討してみてはいかがでしょうか?

-家電

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5