エンタメ

Awichの旦那や生い立ちなどをまとめてみた




Awich(エーウイッチ)の旦那や生い立ちなどをまとめてみた

女性ラッパーの中ではダントツの存在感で他を圧倒しているのがAwich(エーウイッチ)です。和声リアーナと言われたりもするようですが、唯一無二の歌声、グルーブで彼女をけなす業界関係者は皆無と言ってもいいのではないでしょうか。マーケット的には本格的なヒップホップやラップというジャンルは日本ではメジャーにはなりにくいわけですが、世界を視野に入れてもまだまだ伸びしろを感じさせてくれるのがAwichという存在です。(Asia Wish Childの略がAwich)

この投稿をInstagramで見る

My New Album 「孔雀」 2020年1月11日 Release

Awich(@awich098)がシェアした投稿 -

Awichの出身は沖縄

本名は浦崎亜希子(うらさきあきこ)、1986年12月16日沖縄県那覇市出身です。小さいころから米軍基地の向こうの世界に憧れて、小4から英語を学び中学時代に2pacの音楽に出会い自らも歌詞を書くようになっていったようです。14歳で早くも沖縄ヒップホップのコンピレーションアルバム『Orion Beat』に参加するという当時から才能は溢れていたのでしょう。2006年にはEP『Inner Research』でデビューしますが同時に高校卒業後アメリカに留学もしていました。ちなみに高校は浦添市にある昭和薬科大学付属高校、大学はインディアナポリス大学で起業学とマーケティング学の学士号という才女です。大学在学中に14歳上のアメリカ人男性と結婚し長女のToyomi Jah'miraさんを出産しています。娘のトヨミさんは「Jar Love」という曲でラップを披露しています。

Awichの旦那との壮絶過去

Awichの旦那さんはプッシャー、つまり麻薬の密売人だったそうで彼女が妊娠中も刑務所に入っていたそうです。ファイブパーセンターズにも入っていたようでかなりディープです。ファイブパーセンターズはそれだけで何十記事も書けてしまうぐらい複雑でセンシティブな内容なのでここでは割愛しますが、黒人系のイスラム団体の一つでラッパーのJay-Zがユニヴァーサル・フラッグ(Universal Flag)、通称「ファイヴ・パーセント・フラッグ」と呼ばれるどでかいアクセサリーを首からぶら下げてメディアから叩かれたこともあります。Awichさん自身もファイブパーセンターズの教えからインスピレーションを受けていると公言しています。
Awichさんはそんな悪そうな人たち、日本の悪そうそうな人たちとはちょっと比較できない本物の世界のど真ん中にいたようです。
そして出所してからもトラブルが絶えなかった旦那さんは2011年、ちょうど沖縄に里帰りしていたAwichさんをよそに銃殺されてしまったそうです。もともとはアトランタにいたわけですが、お子さんも生まれてちゃんと生活しなくてはということで、旦那さんのお母さんが当時住んでいたインディアナポリスに引っ越して清掃員などをやっていたそうです。しかしそれでもトラブルに巻き込まれてしまったようですね。

沖縄に帰って活動を再開

沖縄に帰ってからは「CIPHER CITY」という映像制作や舞台演出、ファッションイベントの企画などをする会社を設立しています。2017年には自ら脚本・監督を務めた短編映画「aimer」がアムステルダム「ニュールネッサンス映画祭」でベスト・ファンタジー賞を受賞するなど音楽以外でも活躍されています。音楽に関してはYENTOWN率いるChaki Zuluの全面プロデュースで10年ぶりのフルアルバム『8』をリリースしています。

ツイッターは本人のツイートよりもリツイート多めな感じがします。今流行りのワニのプレイリストのパロディにAwichさんの洗脳が入っているようです。

 

各方面から絶賛の嵐

10年ぶりのアルバムリリース後は各方面から絶賛の嵐なわけですが、印象的なものとして音楽界の大御所、湯川れい子さんがさらっと褒めていた映像には驚きました。それは音楽評論で人気のあるユーチューバー、みのミュージックさんの動画です。動画のメイントピックはビートルズの来日時の話なんですが、そこから最後日本からも世界に通用するアーティストが出てきて欲しいという話題になり、湯川さんの口から出たのがAwichさんでした。ユーチューブ発信で世界を虜にする可能性を秘めたAwichさんの活躍に今後も期待です。

後半部分でAwichさんについて触れています。




-エンタメ

© 2020 ザッタポ Powered by AFFINGER5