トレンド

小室圭さんが7億円?小室圭さんに7億円?




小室圭さんが7億円?小室圭さんに7億円?

2021年7月5日のツイッター上でトレンドに上がってきた小室圭さん問題。

今度は何?とみていると「小室圭」「7億円」の文字が飛び交っていました。

一瞬小室圭さんが7億円払うのか、小室圭さんに7億円が払われるのか、混同してしまったので内容をまとめてみました。

発端は週刊ポストの記事

トレンドに上がってきたのはヤフーニュースで週刊ポストの記事が取り上げられたからのようです。

内容をまとめると、もし小室圭さんと眞子内親王の結婚問題(婚約問題)が破棄される結果になった場合、小室圭さんが宮内庁を訴えて最悪の場合7億円を慰謝料として宮内庁側が小室圭さんに支払うという想定もあるのではというものです。

小室さん自身弁護士の資格を取ろうとしている法律の専門家というところから、勝手に予測をしている記事なのであまり真に受けてる必要はない記事かなとは思います。

7億円という数字がどこから来たかといえば、過去、大正天皇と婚約された禎子女王(山内 禎子)が結婚直前で肺病の疑いがるという理由で白紙に戻され、その際に今でいう慰謝料にあたるような形で、5万円の公債証書が渡されたという実例から今回の推測に至っているようです。

小室さんが慰謝料として7億円ゲットできるのでは?という内容です。

当時の5万円が今の7億円にあたるというところから出てきた数字のようです。

ただ裁判というような形式もないく、お相手は同じ皇室内の方なので、単純に今の状況と比較はできないのではないかと思います。

また小室圭さんの場合、以前にも書きましたが婚約の内定が決まっただけで婚約はまだされていないというのが現状です。

小室圭の母、小室佳代さんの弟が反社(ヤクザ)って本当ですか?

これを弁護士的には婚約と同等の立場で慰謝料も請求できるだろうという立場で、記事は書かれているようですが実際の裁判にもしなったとしてどのように司法が判断するかは全くわかりません。

小室さん7億円に対するネットの反応は?

しかしこの小室さん問題はいつまで続くのか、皇室にとっては本当に頭の痛い問題だと思います。

天皇陛下の祈りの力をもってして、最終的には解決されると信じていますが、難しいのは外野から出てくる金銭的な問題とは別に二人の間の「愛」という気持ちのところが当事者にしかわからないというところではないでしょうか。

ロミオとジュリエットではにですが、純粋な愛が二人の間に存在しているかもしれないし、メディアが騒ぎ立てる黒い思惑によるものかもしれないし、なかなか周囲にはその真実が伝わってこないというところが難しい問題です。

ネタがありすぎる小室圭さんなので、話題になる度に過去の報道もほじくり返されます。

女性宮家の話や、旧皇族の復活の議論なども今後増えていくと思いますが、どうしても皇室をつぶしたいメディア側の戦略に乗ってしまわないように注意が必要です。

慰謝料云々の前に白黒はっきりさせなければいけない問題が山積みの小室氏。

しかしここまでお相手に相応しくない人が出てきてしまうって現実はどんなフィクションよりも不思議ということでしょうか。

プレミアムブラックシャンプーの口コミで白髪効果を調べてみる

 

この投稿をInstagramで見る

 

須田祥介(@dj.higashi)がシェアした投稿

なにかの呪いと考えるのは私だけでしょうか…




-トレンド

© 2021 ザッタポ Powered by AFFINGER5