家電

【口コミ】LOCABOの糖質カット炊飯器に怪しい、まずいという評判はある?

LOCABOの糖質カット炊飯器とは、普通にいつも通りお米を炊くだけで、糖質を45%、カロリーを44%カットしてくれる魔法のような炊飯器です。

糖質やカロリーを気にして、本当は白米を食べたいけど、玄米や糖質制限米やオートミールで我慢しているという人も多いと思いますが、最大のポイントとしてLOCABOではお米を変える必要はなく、いつものお米を普段通りに炊くだけでその効果を発揮します。

LOCABOの糖質カット炊飯器概要

マイコン式の炊飯器で、炊飯容量は、糖質カット炊飯:2合 通常炊飯:5合まで対応しています。

セットの内容として、LOCABO本体と、付属品としてしゃもじ、計量カップがついておりメーカー希望小売価格は¥24,000(税込み)となっています。

また、特別なお手入れ方法は必要なく、一般的な炊飯器と同様に水洗いで問題ありません。

 

「LOCABO炊き」と言われる、蒸し器のようなザルの形状をした内釜と外釜の二層にすることで、普通であれば水と一緒にお米に付いてしまう糖質(でんぷん)を下へ落とし、糖質45%カットという数字を実現しています。

LOCABOの糖質カット炊飯器、糖質オフの秘密

お米の栄養素は約8割が糖質で、お茶碗1杯分(白米200g)に対してカロリー約312kcal、糖質69g が入っていると言われています。

しかしLOCABOを使うことで、カロリー174.7kcal、糖質37.9gまで落とすことが可能となり、角砂糖約10個分相当の糖質をカットできるといわれています。

 

また、お米のおいしさの決めては、アミロースとアミロペクチンというでんぷんの比率とも言われており、その比率により粘り気と硬さのバランスが左右されます。

 

その糖質のでんぷんを減らしてしまったらおいしさが半減してしまうのではという心配の声もありますが、LOCABOはたくさんの種類のお米を使用し、試作を繰り返すことで、水分量・火力・蒸気量を細部までこだわり、お米本来の美味しさを引き出すことができる製品となっています。

そして、“お米好き”な方々に協力してもらい何度も改良を進めることで、独自製法の「LOCOBO炊き」を開発しています。

 

さらに、内蔵されている機能として、「糖質カット炊飯(ふつう・やわらかめ)、通常炊飯(ふつう・やわらかめ)、玄米、炊き込み、スチーム(蒸し料理用)、再加熱、保温、予約炊飯」

があり、多機能で非常に便利が良い商品です。

※早炊き機能はありません。

※無洗米については糖質カット炊飯・通常炊飯のどちらも可能です。

「LOCOBO炊き」といわれる蒸し器のような形状となっているため、特に蒸し料理にはぴったりで、LOCOBOユーザーは、根菜のカボチャやサツマイモ、レンコンなどを蒸し野菜にしたり、手作りシュウマイ、お魚のホイル蒸しなど様々な料理に活用しているようで、ヘルシーに楽しく食事を楽しむことができるところも、魅力の一つです。

また、LOCABOの炊飯器を採用する飲食店も出てくるなど、健康意識が高まっている今、糖質カットという夢のような家電がどんどん注目されています。

LOCABOの糖質カット炊飯器はコンパクト設計

そしてもう一つのポイントは、「2台目の炊飯器としても使えるコンパクト設計」ということです。お米が大好きな日本人にとって“一家に一台”と欠かせない炊飯器であり、炊飯器が増えてしまったら収納場所に困ってしまうという方向けに、LOCOBOでは、鍋と同じように収納可能なコンパクト設計で、さらにそのスタイリッシュで、デザイン性の高いも見た目も人気の一つとなります。色展開は清潔感溢れるホワイトと、高級感あふれるブラックの2色となっており、ボタンはなく、スイッチは電子表示となっています。

サイズは奥行22cm×横25.5cm×高さ22cmとなっています。

 

「あれば便利、邪魔にならない」というコンセプトのもと開発されたLOCABOですが、在宅時間が増えた今、現在の暮らしや生活のリズムを変えず簡単に糖質カットができる炊飯器であり、一人暮らしのご家族や友人へのプレゼント、送別祝い、そしてダイエット中のパパだけなど、様々な場面で大活躍の製品です。

 

また、現在注目されている “糖質制限ダイエット”にもピッタリです。

“こんなのあったらいいな”という点に着目し、多くの人にいつものおいしいお米を健康的に味わってほしいという開発者の思いも込められています。

 

実際の製品のレビューにはこんな意見がありました。

「炊き上がりは美味しく、違和感がない」「おいしさはカットされず、無理なく続けられる」「高級炊飯器に比べれば、多少味が劣るが、十分耐えられる」「コスパが良く、大満足」「コンパクトでデザインも気に入っている」

このようにお米の味については、満足しているという意見が多数見受けられました。

 

しかし、このような意見もありました。

「内釜が穴あきそしてステンレス製のため、炊き上がり後、米がこびりついて洗いにくい」「糖質カット炊飯は2合までしか炊けず、家族全員分の炊飯では足りず不便」「お米の旨味が抜けてしまっている」「タイマー機能がなく不便」「炊き上がり後保温にしたままにするとお湯の水分でご飯が水っぽくなってしまう」

機能について、少し面倒・不便だとも言われており、これからの改善に期待しているという意見も多くありました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FORTYFOUR 糖質カット炊飯器 (糖質カット炊き2合まで 通常炊き5合まで) JM-C20E-B
価格:15423円(税込、送料無料) (2022/7/4時点)

楽天で購入

 

 

楽天のポイントマラソン期間に購入するとかなりお得に買えます!

アマゾンの方は品薄状態が続いているようです。

ユーチューバーのレビュー動画は参考になると思います。

【口コミ】Biople(ビープル)の評判は?通販、どこで買える?コスメキッチンとの違いなど紹介

LOCABOの糖質カット炊飯器の口コミや評判は?

LOCABOの糖質カット炊飯器の口コミや評判を要約すると以下のような感じになります。

LOCABOの糖質カット炊飯器の口コミ要約(良い口コミ)

 

・とにかく糖質カットという他にはない機能で健康面で助かる

・いつも食べてるお米の味と比較すると落ちるという人もいるが、実際そこまで気にならない

・価格もリーズナブルで二台目としても買えるところ

・健康重視の商品にありがちなダサいデザインでなくスタイリッシュなところ

・お米を脇役と考えると今までの普通の炊飯器のお米よりおかずにあう気がする

・洗いにくいという意見もあったので心配だったが実際そうでもない

・本当に血糖値に良い影響が出ていて驚き

・サツマイモなどを蒸してもなぜか美味しくなる点

 

LOCABOの糖質カット炊飯器の口コミ要約(悪い口コミ)

 

・糖質カットのお米の炊ける量が限られている。

・タイマー機能が使いにくいところ

・少しぼそぼそした感じがある

 

LOCABOの糖質カット炊飯器の怪しい口コミやまずいという評判はなくはないのですが、あくまで糖質カットが目的なのでおいしさを求めた普通の炊飯器とは別物と考えないといけないのではないでしょうか。

糖質カットについては実際実感している人がほとんどなのでそこに怪しさはないと思います。

今までにない商品なので、本当に?と疑いをかけて検索をする人がいるという事実があるだけで、この商品自体が怪しいということではありません。

また味についても口コミを見ていると、そこまで気にならないという人が大半、レビューではどうしても辛めにつかたがる人間の習性でしょうか、とにかく健康のための商品として割り切れば気になることはほとんどないと思います。

一度贅沢を知ってしまうと人の舌もわがままになってしまうということでしょうか。

 

そもそもLOCABOの糖質カット炊飯器は味を追求する商品ではないことを理解しましょう!

 

糖質オフで炊くと普通でも柔らかいです。
外釜はコーティングされておりご飯のくっつきは少ないですが、内釜はステンレス製のコーティング無しなので、ご飯もくっつき着け置き洗いが必要です。
味はそんなに変わりは無いと思いますが、洗米後直ぐに炊かずに浸水させる事が大事です、芯が残るって評価有りますが直ぐに炊いているのではないでしょうか?
炊飯後そのままにしておくと、下に溜まった湯の湯気の影響でべちゃべちゃに成るので、お櫃に移すか外釜の湯を捨て外釜に移し保温するのがお勧め。
この炊飯器、普通に炊くのは普通の炊飯器と同じですが、糖質オフで炊くのは炊くではなく米を茹でて糖分の減った米を蒸し器で蒸し上げる構造のようです、なので普通の炊飯より柔らかいのはしかた無いかも?
でも、言われなければ普通の炊飯器と変わらないレベル、高級炊飯器とは比べ物に成らないですが、ひと昔前の炊飯器で炊いたような感じです。

引用:アマゾン

 

実際人間の舌がどれだけこえているかは微妙なところではないでしょうか。

 

糖質カットと言うからにはちゃんと理由があっての内側にステンレス容器なんだろうけど、2ヶ月経たずステンレスと外釜の接地面が擦れて剥がれた。
炊飯後どれだけ丁寧に洗っても釜が白くなる。
味などは拘りが無いため、特に問題無いけれど…とにかくステンレス容器と外釜にストレス感が否めない。。
因みに我が家は釜の傷が予想されたので使用初日から炊飯後すぐステンレス容器を取り出して土鍋に炊き上がった米を移して釜への負担が最小限ですむようにしています。
余りにも弱すぎる。改良希望。
ステンレス容器に米がくっつき取り出しにくいのも何とかならないものなんだろか。

引用:アマゾン

 

容器に米がくっつくことでストレスを感じる人が多いようですが、これも慣れ。
糖質オフを選択する以上は仕方がないのではと思います。

気に入ってます味は普通に炊いたご飯とほぼ変わりありませんでした。最初は「あー、糖質がカットされてるってこんな味か」と思うほど、甘味を感じ無い気がしましたが、その後普通に炊いたご飯を食べてみたらその違いがあまり感じられませんでした(気のせいだったのでしょうか?)あと、炊けてすぐに食べると「糖質カット普通」で炊いても少しベチャベチャした感じになりました。それと少し保温状態が長くなるとご飯が内釜にこびりついて、半日くらい水に浸けておかないと洗うのが凄く大変でした。なので、炊けてすぐに外釜ごと取り出し、外釜のお湯を捨てて炊けたご飯を外釜に移して保温をすると上記の悩みが解決されました。もちろん少しは内釜を水に浸けて置かないと綺麗にはとれませんが、雲泥の差でした。内釜もフッ素加工だったらどんなに良かったかと思います。あと、造りが少し華奢で外釜と内釜の相性が良くなくて、ご飯をほかしたりよそったりする時にガタガタ、ズレまくるのが気になるところでした。でも、その華奢な分その他のお手入れが簡単です。気に入ってます。2月1日に到着して2週間、少しずつ体重が減っています。

引用:楽天

 

糖質オフを実感している人がほとんどな気がします。

とにかく反響が大きいようで、2022年のヒット商品としてすでに名前が挙がっています。

locaboのノンフライヤーも売れているようです。

糖質に対する意識、知識ともに上昇している印象があります。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

FORTYFOUR 糖質カット炊飯器 (糖質カット炊き2合まで 通常炊き5合まで) JM-C20E-B
価格:15423円(税込、送料無料) (2022/7/4時点)

楽天で購入

 

 

セカンド炊飯器として売れまくっています。

北陽の伊藤さおりさんも以前から気になっていたとしてLOCABOの炊飯器をレビューしています。

芸人さんですが忖度なしに感想を述べている感じが伝わってきて参考になると思います。

あえて欠点をあげるとすれば冷めた時の味が通常の炊飯器の方が甘みなどが残るかもと評しています。

 

アスリートには必須のアイテムになりつつあります。

今後大手メーカーも参入してきて糖質カット炊飯器の戦国時代がやってくるかもしれません。

【口コミ】ソニーの着るエアコンREON POCKET(レオンポケット)のレビューや評判は?

-家電

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5