トレンド

[楽天]あなたのアカウントを確認、詐欺メール、フィッシング詐欺に要注意!

楽天を装った詐欺メール、フィッシング詐欺が確認されています。

件名としては「[楽天]あなたのアカウントを確認」とあって、シンプルに下記のような内容で送られてきています。

[%ToEmail]様
不正アクセスを検知したため、アカウントのご使用は制限されています。ログインしてからご確認ください。

・ログイン日時: 2022年10月06日
・IPアドレス:[%IPV4] / Microsoft Edge Windows 10

ログインしてご確認ください、お客さまがこのアカウントの正当な保有者であることをお知らせください。
▼ご本人確認

■このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。ご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。
■個人情報の取扱いについては個人情報保護方針をご覧ください。
■ご登録に心あたりがない場合、ご質問等のある方は、こちらのヘルプページご参照のうえ、お問い合わせフォームからご連絡ください。

そもそも [%ToEmail]様 と宛名が怪しい、IPアドレスも [%IPV4] となっていて変なのはわかると思いますが、楽天カードを実際に持っている人は思わずクリックだけでもやってしまいそうな作りにはなっています。

そしてメールの宛名のメールアドレスが「endo-lighting」となっていますし、ご本人確認としてリンクが貼ってある移動先も楽天になっていません。

こういう怪しいメールが来たらまずfromのところ、名前は楽天カードになっていますが、そこを右クリックするとどのメールアドレスから来ているかが表示されるのでチェックしましょう。

そしてリンク先(移動先)については、そこの部分にカーソルを合わせるだけで、画面の左下に移動先のアドレスが出てくるはずです。

ただ注意したいのは今回の場合わかりやすく違う名前になっていますが、ここもそれらしく今回のであれば「rakuten」の文字が入っていて見分けがつきにくくしてあるような詐欺メールもあるので気をつけてたいところです。

とにかくまずはメールの件名をコピーして、ヤフーのリアルタイム検索、またはツイッターで直に検索をかけることをおすすめします。

必ず親切な人が注意喚起を促す投稿をしてくれているので、自分のところにきたものが詐欺メールやフィッシング詐欺かを判断できると思います。

NHKサポートセンターからの詐欺メール(迷惑メール)?本家NHKも注意喚起

[楽天]あなたのアカウントを確認、詐欺メール、フィッシング詐欺、ネットの反応

今回の楽天の詐欺メールでどんな注意喚起をネット上でみることができるかチェックしておきたいと思います。

メールアドレスや誘導先のアドレスも一つだけではないようです。

ページ自体はうまく本物そっくりに作られているので、あまり詐欺メールに慣れていない人であれば入力してしまいそうですね。

詳しい人が見たらすぐにわかってしまう内容のようですが、例えば最近楽天カードで大きな買い物をした人とか、何かしらこのカードのことが頭の片隅に残っている状況の人にとってはとりあえずログインだけして確認してみようか、となりがちなので気をつけましょう。

少し古いものだと2020年から同じタイトルで詐欺メールが送られているようです。

こちらの動画は楽天銀行の詐欺メールを例に説明していますが、高齢の方など、あまりこういうフィッシング詐欺に詳しくない人は一度みておくといいかもしれません。

最近は国税庁やNHK、auなどを語る詐欺メールがニュースなどでも大きく報道されています。

一度こういうのが来るとあなたのメールアドレス自体がこういう業者に漏れているということで、次から次へと名前を変えて送られてきます。

ただ放っておけばいいだけなので特に気にする必要はなく、逆に一回経験するとクリックする前にネットで確認するクセがつくのでいい経験だと割り切っていいと思います。

また怖いもの見たさにクリックするだけというのもおすすめはしません。

サイトによってはウイルスのあるソフトやアプリを自動でダウンロードさせられる場合もあるので、とにかく触らないのが正解です。

国税庁の詐欺メール、フィッシング詐欺が多発!未払い税金お支払いのお願いなどに要注意!

 

-トレンド

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5