エンタメ

Aimer(エメ)の本名は藤本恵美で慶応大学出身?熊本出身の噂についてもまとめてみた

Aimer(エメ)さんはプロフィールのほぼすべて公開されていない、謎に包まれた歌手であり、作詞家でもあるアーティストです。

 

Aimerさんの芸名は昔からの愛称である「エメ」と、フランス語でLIKE・LOVEの意味がある「aimer」という単語から名付けたそうです。

 

近年は社会現象と呼ばれるほどの人気アニメ『鬼滅の刃』の主題歌を歌ったことで話題になりました。

鬼滅で一気にブレイクです。

 

幼少期から育てた音楽への愛。Aimerが歌手になった理由

 

Aimerさんの父親はあるバンドのベーシストだったそうで、ジャズやブルースなどの音楽がとても身近な環境で育ちました。

 

Aimerさんは小学生のときにピアノを習いはじめ、中学生の頃からはギターもはじめました。

 

更に英語の作詞に力を入れたいという理由から海外での生活を経験したこともあります。

 

Aimerさんは幼少期から宇多田ヒカルさんや椎名林檎さんが好きで、声真似をして歌を歌っていたこともあるそう。

 

小学校低学年のときにミュージカル『アニー』で歌われる劇中歌を見て、歌手になることを夢見るようになりました。

 

好きなアーティストにはギターをはじめるきっかけとなったアヴリル・ラヴィーンさんの他に、戸川純さん、スピッツ、syrup16g、ザ・エッ○ス・エッ○ス、ラ・ルーさん、マーカス・ミラーさん、Coccoさん、ミシェル・ブランチさん、ビョークさんなど、日本だけではなくさまざまな国のアーティストを挙げており、Aimerさんが音楽をどれだけ愛しているかがわかります。

 

幼少期から音楽に触れ、音楽を深く愛してきたAimerさんが歌手・作詞家の道に進んだのは必然だったのかもしれませんね。

 

声が出せない病気?Aimerが15歳で味わった挫折

 

音楽を愛し、幼少期から歌いつづけてきたAimerさんは15歳のときに声が出せなくなるという挫折を経験しています。

 

幼い頃から歌い続けてきたことが原因で痛めてしまった声帯を守るために、沈黙療法という声を出さない治療をしていたからです。

 

Aimerさんが声を出すことができなかった期間はおよそ半年間だったそうですが、この苦しい期間の中でAimerさんは歌への想いを強くし、「歌手になりたい」という夢を強く持つようになりました。

 

声帯の傷は今でも完治しておらず、声帯結節として残っているそうですが、喉を守るために発声法と歌唱法を工夫しているそうです。

 

声帯結節が完治してしまうと今の声は出せなくなってしまうことを主治医からも伝えられており、Aimerさん本人も「この喉でずっとやってきた」という思いがあるとのことで、声質を保つために声帯結節の治療は行わず、現状を保っています。

Aimer(エメ)の本名は藤本恵美で慶応大学出身?のなぞ

ネット上にはすでにAimerさんの本名が藤本恵美に違いないという情報が溢れています。

よくぞネット民は調べあげるなあという内容ですが、発端は2010にあった「レコチョクオーディション」に遡るようです。

このオーディションの最終審査に残った三人のうちの一人が藤本恵美さん。

引用:https://www.barks.jp/news/?id=1000063602

向かって一番右側の方です。

このオーディションでは優勝ということにはならなかったようですが、審査で歌った歌が「pray」という曲。

そしてプロデュース、作詞は玉井健二さんという方。

Aimerとしてデビューして2曲目が「Re:pray/寂しくて眠れない夜は」という曲で、同じく作詞は玉井健二さんになっています。

玉井さん本人もAimerさんと出会ったのは6、7年前と2017年のインタビューで答えており、2010年のレコチョクのオーディションとも一致するわけです。

Aimerさんと顔の印象が違う藤本恵美さん

しかし金髪に派手なメイク姿と今の純朴なイメージとはまるでかけ離れているのが正直な印象。

黒髪プラス眼鏡をかけていることが多いので、前述の藤本さんとは似ていないように見えますが、アゴの感じ、唇、目元はかなり似ています。

じっくり見れば見るほど、ああ同一人物だなと感じてくると思います。

右頬のほくろが2個で一致しているという情報も…

なにか映画の真犯人を探しているような心境…

恵美(エミ)とエメが似ている

また名前のエメがもともとのあだ名から来ているというところも、同一人物だろうという理由の一つになっています。

エミという本名をエメと呼ぶ可能性は結構あると思います。

そこに後付けでうまくフランス語がハマったのでアルファベットで表記しているのではないでしょうか。

 

 

そしてAimerさんは慶応大学出身?

さらに彼女の出身大学が慶応という噂も広まっています。

ネット上に散乱する慶応情報と共に、彼女が海外での生活経験があるというプロフィールも、慶応に行くような環境の家庭であれば不思議ではないというところが後押ししているようです。

 ネットで独り歩きするAimer熊本出身説

そして彼女の出身地については熊本であるという情報が流れています。

これも現段階ではあくまで噂、公表されているわけではありません。

以前熊本市長がネットの情報を鵜呑みにして彼女が熊本出身とつぶやいてしまったことも大きく影響しているようです。

慌てて市長は否定というか、そういう公式の情報はありませんというツイートをしており、そのツイートにAimerさんがレスを送るという事態にまで発展しました。

ここも熊本でワンマンができたらと思っていますというナイスな切り替えしで、肯定も否定もしてはいません。

将星さんというミュージシャンが熊本出身について言及したという情報もありますが、市長同様に勘違いしただけかもしれませんし、何とも言えません。

ただネットではAimerさんは熊本出身という既成事実が出来上がっているようにも感じますし、なにか有力な裏付けがあるのかもしれません。

熊本でお父さんがミュージシャンというよりは、東京でお父さんがミュージシャンで慶応出身という方がしっくりくるのですがどうなんでしょう。

出身といっても生まれただけの場合もありますし、小さい頃に引っ越している可能性もあるのでなんとも言えません。

また中学高校が女子学院という話も出ているので、そうなると育ちは東京で決まりのような気もします。

安井レイコさんという方が 藤本恵実さんが後輩と記述しているようで、その関係から女子学院という名前が挙がってきたようです。

もしこの慶応説や藤本恵実説などがあっているのであれば、何故謎の存在で売りに出しているのかが疑問。

そもそもこのご時世で素性がバレないということはまず無理なわけで、事務所などの売り方に疑問を感じるファンも多いのではないでしょうか。

 

 

口コミでAngellir ふんわりルームブラの効果を探る!悪い評判はどんな感じ?

Aimerは顔出しNGだった!その理由は?

 

Aimerさんは2016年8月19日に放送された『ミュージックステーション』に出演する前までは、顔出しをしていませんでした。

 

それまでもライブ後の集合写真では、顔の下半分を隠すように手で覆っている写真が公開されています。

 

顔出しをしていなかった理由をAimerさん本人は語っていませんが、ネット上やファンの間では「Aimerさんは顔やルックスではなく自分の歌を純粋に評価してもらいたくて顔を隠していたんじゃないか」という説が有力だと言われています。

 

他の歌手や著名人からのAimerさんの評価は?

 

他には見られないハスキーな声質でパワフルに歌唱するAimerさんの評価は、Aimerさんと同じ歌手たちからも評価されています。

 

日本音響研究所の所長を務めていた鈴木松美さんは、Aimerさんの声質を「振幅ゆらぎと周波数ゆらぎが同時に発生する、非常に稀な声」と分析。

 

西川貴教さんや佐々木美玲さん、倉科カナさん、阿部真央さん、松井美緒さんなどがAimerさんのファンだと公言しています。

 

また桑田佳祐さんは自身のラジオ『桑田佳祐のやさしい夜遊び』にて、その年に発表された邦楽の中で桑田佳祐さん自身が選ぶトップ20の曲に、2012年は5位に『あなたに出会わなければ ~夏雪冬花~』、2016年の4位には『insane dream』というAimerさんの曲を選出。

 

他にも梶浦由記さんや藍井エイルさん、先述したLisSAさんなど、多くの著名人からも、Aimerさんは高い評価を得ています。

 

鬼滅の刃でLiSAから繋がったバトン

 

Aimerさんは人気アニメ『鬼滅の刃・遊○編』の主題歌を担当して話題になりました。

 

それまで『鬼滅の刃』の主題歌は歌手であるLiSAさんが担当してきましたが、遊○編からはAimerさんが担当しています。

 

LiSAさんは「煉獄(れんごく)さんの想いと共に、私LiSAもAimerちゃんへと歌い繋げられたら、と思います」とコメント。

 

『鬼滅の刃・遊○編』の前にアニメと映画になった『鬼滅の刃・無限列車編』で主人公に想いを託して死んでしまったキャラクターである煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)に絡めたこのコメントに、Aimerさんは『LiSAさんありがとうございます。想いと共に大切なバトン受け取らせていただきます。よろしくお願い致します』というコメントを返しています。

 

『鬼滅の刃・遊郭編』の主題歌を歌ったことで、一気に知名度を高めたAimerさん。

 

元々アニメとのタイアップが多いアニソン歌手として知られていたAimerさんが、今後放送が決定している『鬼滅の刃・刀鍛冶の里編』でも主題歌を担当するのか、またどのような曲を発表してくれるのか期待です。

鬼滅で今年は紅白出場という感じなのでしょうか、注目です。

 

-エンタメ

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5