トレンド 生活

自転車が品薄、買えないってホント?ロードバイク、電動自転車在庫を調べてみた!

最近よく耳にする自転車が買えない、売っていない問題。

ネット上では「ロードバイクが買えない」「電動自転車が品薄」など今の内に自転車買っておけといった声が多くあるのですが、実際本当に自転車は品薄になっているのでしょうか。

ネット上の在庫や、実店舗での在庫状況などを調べてみました。

ネット上では在庫切れ続出の自転車、ロードバイクなど

ユーチューブの動画などでも業者さんたちが自転車が買えなくなりますよと警鐘を鳴らしています。

まず自転車が品薄になっている原因ですが、一つはコロナ禍において流通が滞っていること、そして世界的な自転車需要の増加で各国で奪い合いが起きていること、各部品の高騰などで部品自体が手に入りにくい状況にあるなどが考えられようです。

これは自転車に限らず、ゲーム機やパソコン、建築資材などあらゆるところで言われ始めていることです。

一部国や企業の意図的なものなのか、自然に品薄になってしまっているのか、複雑すぎる現代の流通事情などを考えるとどれか一つが原因ということではなく、総合的にいろんな要素が絡みあって現状の品薄が発生しているのだと思います。

ネットショップの在庫はどんな感じ?

まず自転車通販の大手「サイマ」を見てみたいと思います。

一番一般的な通学などに使われるシティサイクルのカテゴリーを見てみると、とくに在庫が切れているような様子はありません。

1万円台の自転車がないので少し前の感覚でみると若干値段は上がっているのかなあという感じはしますが、もともとここのサイトでの最安シティサイクルがいくらだったのかわからないので、単なる素人の感想にすぎないのかもしれません。

人気の電動自転車も1~3日で出荷となっているので在庫はあるのだと思います。

ブリヂストン、ヤマハ、パナソニックなどの主要メーカーの在庫をみても同じで現状は問題なさそうです。

ロードバイクはどうでしょう?

ユーチューブで自転車業界の惨状をアップしてくれているCycleLifeShop KOGさんの動画。

在庫がないというのは、2022年モデルに関するものが多いというのがわかります。

カタログは出ていてこれが新商品となっているのですが、それを頼んでも納期が来年、もしくは未定、そういうことで業界の人たちは危機感を持って発信しているようです。

GIANTやキャノンデール、FELTにGTなど有名メーカーどこも似たような状況だそうです。

CycleLifeShop KOGさんは個人経営なのだと思いますが、ショップの在庫状況を見るとなかなか厳しそうな感じなのはわかります。

ただ大手のワイズロードさんのサイトを見ると在庫はあるのはある感じです。(ニューモデルではないのかと思いますが)

決算セールなどもやっているので今のところ在庫自体、商品を選ばなければあるにはあるという感じでしょうか。

各店舗のブログなどを見ても〇〇入荷しました!という感じで景気よさそうなタイトルの記事が並んでいるので、いまいちこういう所を見るとひっ迫感は感じられません。

新商品の入荷が困難になっている状況で、街の自転車屋の在庫がなくて全く買えないという状況ではなさそう。

ガンプラの品薄の原因は?転売ヤーだけでない再販や入手困難の事情

実際の店舗の状況は?

では実店舗での在庫状況はどんな感じでしょう。

実際に池袋に行ってどんな感じかをみてきました。

まず足を運んだのがビックカメラ。

ママチャリなどポイントがつくので量販店で買う人は多いと思います。

店内に並ぶ自転車を見ても通常を特に変わりはありません。

最初自転車品薄のニュースを見た時は、お店の中がスカスカの状態なのかと思っていましたが、普通に潤沢そうに在庫は並んでいました。

続いては前述もしたワイズロードさんの実店舗。

お店の外、中共に自転車はたくさん並んでいました。

例えば自転車がなくなると騒いだとしても、今ここにあるものを全部売り切ること自体難しそうという感じがするのですが、それは素人の甘い考えなのでしょうか。

さらにヤマダ電機にも寄ってみましたが、在庫はここもまたたくさんありそう。

いまいち自転車品薄の実感がわきません。

恐らく一部の人気車種や新商品に関しては、入ってきにくい状況、高級車やロードバイク専門でやっているところなどは死活問題だと思いますが、一般的な消費者としては車種を選ばなければ自転車自体はあるということではないでしょうか。

もちろんこれからますます入ってこないという状況が続けば、店頭などでもスカスカの状態になるのかもしれませんが、いくら春の入学シーズンなどとは言っても、街のお店から自転車がなくなるということが起きるのかどうか、ちょっと疑問ではあります。

毎日ものすごい数の自転車が撤去、処分されていることを考えれば、最悪中古をうまく活用する動きも出てくるでしょうし、そこまで深刻に考えなくてもいい気はします。

自転車品薄、ネットの反応

ネット上では自転車品薄の問題についてどういう反応になっているでしょうか。

シマノの部品が手に入りにくいと報道されたのが去年の7月、そして今年の2月に自動変速機の値上げを発表しました。

好転はしていないようです。

自転車ファンは細かいパーツにこだわり、その値段も驚くほど高かったりします。

そういった自転車マニアの間ではかなり現状は厳しいという感じのようです。

個人でやられているようなショップは品薄になるので早めの購入をと注意喚起しているところが多いような気がします。

 

楽天やアマゾンでもママチャリ的な安価なものであれば普通に在庫はあるようです。

 

確かにパーツは少ない、入荷も通常より減っている、ただ全くないというわけではないようなので、店頭から自転車が消えるというような状況ではなさそう。

ワイドショーなどが取り上げ出したら、慌てて買いに走る人も出てきそうですが、PS5などのような絶望的状況とは違うようです。

ただ業界の人が次々に声を上げ始めているので、本当に自転車ショックのような現象が起きる日もあるかもしれません。

注意してみておきたい自転車品薄の記事でした。

-トレンド, 生活

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5