生活 雑記

ダウジングとは何?占いのやり方や信憑性などを解説

 

ダウジングといえば、今ではペンデュラムを使う占いの方法の一つとして広く知られています。その歴史は古く、なんと数千年前からダウジングが使われていたという記録もあるくらいなのです。ではそもそもダウジングがどのようなものなのか、知っていますか?

 

ここではダウジングとはどのように使われてきたのか、またその原理について詳しく紹介していこうと思います。

 

ダウジングって一体どんなもの?

 

そもそもダウジングとは、棒や振り子などを使い、その道具に動きがあることによって水脈や鉱脈など、隠れたものを発見する方法です。

 

しかし、なぜそれをするだけで隠れたものが発見できるのかということについては、科学的な根拠はありません。驚くことにダウジングとは、人間の直感に頼った方法のことを指すからです。こちらについての詳しいことは後述します。

 

実際そんな方法で「本当に隠れたものを見つけられるの?」と思うことでしょう。しかし古代ギリシャではダウジングの具体的な記録が残っています。当時はダウジングによって隠れた水脈などを探し当てていたというのです。

 

しかもそれは昔だけの話ではありません。近現代でもダウジングが実際に使われていて、成果を上げているのです。

 

有名なエピソードだと、ベトナム戦争の時に地雷による被害が大きかったため、アメリカ軍がダウジングで地雷を探し当てて被害を抑えることに成功した、というものです。

 

最初は「非科学的だ」という批判があり、中々受け入れられませんでした。しかしその後ダウジングを使ってみたところ、次々に地雷を発見し、被害が大幅に減るという成果を上げ、世界を驚かせました。

 

最初は非科学的だと言われていたのがとてもリアルですよね。しかし使ってみたところ効果があったということで、またしても歴史に記録されることになったのです。単なるスピリチュアルなものではないということがわかりますね。

 

また、日本でも破損した水道管を見つけるためにダウジングを使用したこともあります。現在はダウジングを使わなくても破損を見つけることができるようになったため、使われてはいないようです。日本でもその効果を見せるダウジング、恐るべしですね。

 

このように、科学的な根拠がないにも関わらず、世界各地で成果を上げているのがダウジングなのです。

 

ダウジングロッドというものを両手に持って、例えば森を彷徨って、このロッドが反応するところに水脈がある、そこを掘って井戸水をゲット、そんな感じで使われていたようです。

家の中でなくした鍵とかリモコンとかを探すのに役に立つかもしれません。

ヒプノセラピー(催眠療法)の料金は?受けた人の口コミなどココナラでチェック!

ダウジングの原理とは?

 

では実際のところ、ダウジングとはどのような原理なのでしょうか?

 

ダウジングとは、棒や振り子を静止させた状態で持ち、ひとりでに動くことで判断するものです。そしてその動きは、無意識の「筋肉の収縮」によるものなのです。意識していない脳からくる変化が、筋肉に刺激を与えている、ということなのです。

 

つまり、自分の直感、潜在意識からくる動きであり、実は自分で動かしているということになります。

 

実際に動かすことができた方は、「え?自分で動かしてるだって?そんなことしてないけどな…」と思うかもしれません。しかし、その動かしている自覚のない脳の反応が、筋肉に刺激を与えて動かしている、と考えられているのです。

 

なので、先ほど説明したように、ダウジングは科学的な根拠があるとはいえませんが、原理としては超常現象的ではないと言えますね。その動きで実際に隠れているものを見つけているわけですから驚きです。

 

しかし、そもそも人間とは「直感で生きている」ことが多いのです。今日何か食べようと思ったら、勝手に食べたい物が頭に浮かぶと思います。休みの日に何かしようというのも、「なんとなく」予定を決めることもありますよね。いわゆるこれが直感というものです。

 

そういった直感は、人間誰しも備わっているものです。ダウジングとは、それを利用して隠れているものを見つける方法なのです。そう考えると今までの経験した中に答えがある、とも言えますね。

 

ダウジングはそのような人間の無意識からくる動きがそのままあらわれ、隠れているものの発見にいたっている、という原理なのです。

コックリさんも似たような原理だと思います。

 

その関係でダウジングも危険なのではと考える人もいるようです。

こっくりさんは何か霊が降りてきて指を動かしているという説もありますが、基本は潜在意識、自分が動かしているのだと思います。

 

占いのダウジングの具体的なやり方とは

 

ダウジングは、資源や探し物の発見だけでなく、人間にも活用することができます。

 

例えば行方がわからなくなってしまった人の居場所を突き止めることもできます。また、病院の検査ではわからなかった、体の病気になっている部分を発見する、なんていうことも。

 

このように人に対しても見えないものを探し当てることができるダウジングですから、占いにも使われているのです。

 

実際に占いで使われているのは、最近だとペンデュラムという振り子が多いですね。こちらは占いだけでなく、心理療法にも使われるため、広く利用されています。

 

占いの方法は簡単で、何か悩んでいる時、判断に迷っている時に、「はい」か「いいえ」で答えられる質問をしてみます。

 

その後、動きを見ることで自分の無意識的に出ている答えを知ることができます。こちらは自分で簡単にできる方法なので、日常に取り入れてみるといいかもしれませんね。

 

もう少し具体的にダウジングを使った占いの方法を解説します。

 

まずは上のようなYES,NOのチャートを用意します。

 

手書きでも構いません。

 

そこにペンデュラムという振り子を用意(下の写真)、ない場合は五円玉にひもをつけたもので代用も可。

この振り子を持ってまず自分は男であると自分に問いかけます。(あなたが男性の場合、女性の場合は女である問いかけます)

 

当然答えはYESなので振り子はYESの方に向かって振られます。

 

こういうイエスかノーか歴然とした質問を自分に投げかけ、振り子がまず正しい方向に動くことを確認します。

 

他には自分の名前や血液型を唱えるなどして、もちろん答えがノーになるような逆の質問もして、正しい答えの方向に振り子が動くプリセットのような行為をまずすることから始めます。

 

初期設定のような感じで、このイエスノーが決まったら、次に本題のあなたが知りたい質問、あなたの潜在意識が何を思っているかを自分に問いかけるわけです。

 

例えば、○○君のことが私は好きであるとか、恋愛で迷っている時など本当の自分はどう感じているかを知ることができたりします。

 

このチャートなしでも例えばイエスを左周り、ノーを右周りに自分で設定してやっていうくこともできます。

 

また写真のような数字のチャートを使って、自分が感じる今日のナンバー、遊びで宝くじなどに利用したり、いろんな活用法はあると思います。

 

チャートをアルファベットや五十音などで作れば、コックリさんのようなことも出来ると思います。

 

単純に潜在意識がどう感じているかを表に出してくれるツールと考えればわかりやすいかと思います。

 

ハマるといろんなやり方を思いつくと思います。

逆に自分のことを相手がダウジングで判定するというケースもあります。

タロットなども結局潜在的に勝手に動いた結果を相手に伝えることなので近い感じはあると思います。

-生活, 雑記

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5