エンタメ トレンド

参院選に出馬した生稲晃子の現在、旦那や若い頃、選挙で無回答炎上などまとめてみた

生稲晃子

生稲 晃子(いくいな あきこ)さんは1968年4月28日生まれの54歳、東京都出身です。

プロダクション尾木に所属し、女優・タレントとして活動しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

生稲晃子(@akiko__ikuina)がシェアした投稿

2022年夏の参議院選挙で盛り上がる生稲晃子さん。

この記事ではそんな生稲晃子さんの選挙に出馬した現在、 旦那や若い頃、選挙で無回答炎上のことなどをまとめています。

 

生稲晃子さんのデビューのきっかけは?若い頃の活躍

 

生稲晃子さんのデビューのきっかけは、オーディションです。とはいえ、芸能界に入りたいわけではなかったようです。実は優勝賞金目当てでオーディションを受けていたのだと、あるインタビューで語っていました。

「ホリプロスカウトキャラバン」の賞金が優勝者に100万円、推薦者に50万円だったことに惹かれ、「2人で山分けしよう。」とのことで兄が写真を撮り推薦者となって応募したそうです。「ホリプロスカウトキャラバン」は3次選考で落選となりますが、その際にホリプロ系列のモデル事務所からスカウトされ、所属することになりました。

 

事務所に所属しCMのオーディションなどを受けたものの、なかなかうまくいかず、次第に生活の中心が部活動に移っていったといいます。

大学進学に力を入れている私立高校に通っていたこともあり、周りも受験モードに突入していた高校3年生の頃、「芸能界で手っ取り早く稼ぐ」という幻想を捨てて大学受験に集中するため、最後の思い出作りのつもりで「タッチ」のヒロイン・浅倉南のイメージガールを選ぶ「ミス南ちゃんコンテスト」に出場します。

原作者のあだち充さんが生稲晃子さんを気に入ったこともあり、決勝戦前にコンテスト関係者から「優勝する可能性があるので当日は制服を着てくるように。」と言われたそうです。そのため、決勝戦当日は南ちゃんと同じようなジャンパースカートで参加したのですが、「芸能界に所属していないこと」が条件だったということもあり、グランプリを逃してしまいます。悔しかったでしょうね・・。

 

しかし、このコンテストで生稲晃子さんに魅力を感じたレコード会社から、「おニャン子クラブのオーディションを受けてみないか。」と電話があったそうです。

「ミス南ちゃんコンテスト」のグランプリを逃して落ち込んでいたこともあり、「嫌です。」と即答したそうですが、「一度スタジオに来てください」と言われ、一度は訪問することにします。レコード会社に行くと、その当時田原俊彦さんがその会社から曲を出していたこともあり、レコードやポスターをたくさんもらって説得されたそうです(笑)。

そこで「だめでも普通の生活に戻ればいいだけ。」と考え直し、おニャン子クラブのオーディションを受けることにしたといいます。

 

当時放送されていたテレビ番組「夕やけニャンニャン」内のオーディションを受け見事合格し、1986年6月に会員番号40番としてデビューしました。

 

 

生稲晃子さんのおニャン子クラブでの活躍

 

おニャン子クラブに加入後は、「夕やけニャンニャン」で活躍するのはもちろんのこと、渡辺満里奈さんのソロデビュー曲「深呼吸して」のバックコーラスを工藤静香さんと共に務めました。

加入した年に発売されたおニャン子クラブの6thシングル「恋はくえすちょん」ではフロントボーカルの4人のうちの1人に大抜擢されます。

また、同年にローソンのからあげクンのCMに単独で出演しました。

グループ加入間もないにも関わらず、この活躍はすごいですね!

 

加入翌年の1987年になると大学受験のために芸能活動を控え、「夕やけニャンニャン」への出演も1か月ほど休んで受験勉強に専念しました。その結果、見事短期大学に合格しています。

 

受験を終えて芸能活動を再開しましたが、なんと生稲晃子さんが休んでいる間に「うしろ髪ひかれ隊」というユニットで工藤静香さん、斉藤満喜子さんと共にデビューすることが決定していたことを知らされます。

その時は「3人だからみんなに迷惑をかけなければいいだろう」くらいに考えていたそうです。

デビュー曲の「時の河を超えて」はオリコンシングルヒットチャートで初登場第1位を獲得し、順風満帆なスタートを切りました。

当時の人気アニメ『ハイスクール!奇面組』 のエンディングで使われていました。

工藤静香さんがどうしても目立ちますが、顔の可愛さで生稲晃子さんも負けずの人気だったと聞いています。

 

しかし、うしろ髪ひかれ隊結成から2か月後に、おニャン子クラブの解散が発表されます。

生稲晃子さんはおニャン子クラブの解散とともに芸能活動を終了するつもりでしたが、うしろ髪ひかれ隊がおニャン子クラブ解散後も存続したことから、芸能活動を継続しました。

 

おニャン子クラブは多くの曲を出していますが、生稲晃子さんはYouTubeの動画で、「STAGE DOOR」が特に好きだと話していました。

口コミからオンライン家庭教師 Wam(ワム)の評判をチェック!料金は初期費用などまとめてみた

生稲晃子さんのおニャン子クラブ解散後の活躍、現在まで

 

うしろ髪ひかれ隊の活動が続く中、生稲晃子さんはおニャン子クラブ解散から8か月後に「麦わらでダンス」でソロデビューします。

 

ドラマにも数多く出演し、「キッズ・ウォー」シリーズや「暴れん坊将軍」シリーズに長期間出演していました。

 

2003年には当時CM制作会社プロデューサーだった佐山智洋さんと結婚し、2006年には第一子を出産しました。

現在は夫が鉄板焼き屋を経営しており、生稲晃子さんもお店に顔を出すことがあるそうです。

生稲晃子さんの旦那が経営するお店は「鉄板焼・佐吉」

生稲晃子さんの旦那さんが経営するお店は東京六本木にある鉄板焼・佐吉(さきち)です。

お好み焼きやお肉の鉄板焼きなどを六本木という立地にしてはリーズナブルな価格で提供するお店です。

コロナも乗り越え評判は上々のようです。

食べログの評価は3.24となっていますが、最近のこの手のサイトの評価はあまり信用できないのかなと思います。

特に芸能人が関係している店だと意地悪に低評価をつける人も少なくないのでなんとも言えません。

グーグルの口コミなど見ていると高評価も多いので、ここまで長くお店を続けてこられているということがちゃんとしたお店という証明なのかもしれません。

 

生稲晃子さんと病との闘い

 

生稲晃子さんは、42歳の時に受けた人間ドッグで右胸にしこりがみつかり、後に乳がんを告知されました。

当時は「ちい散歩」、「若大将のゆうゆう散歩」といった健康番組に出演していたため、公表はせずに治療を行ったのですが、2度再発を繰り返し、右胸の全摘手術を受けました。乳がんを公表した後は闘病の様子を綴った手記も出版しています。その後、講演などの啓発活動も行うようになります。

 

生稲晃子さんが参議院選挙に出馬?

生稲晃子さんは、2022年夏の参議院選挙東京選挙区(改選数6)へ自民党から出馬することを表明しました。

「おニャンコの名を汚さないように頑張って当選したい」と意気込んでいます。

参院選公示後最初の日曜日となった6月26日には、SPEEDの元メンバーである今井絵理子さんと合同演説を行い、約2000人(生稲晃子さん事務所発表)もの聴衆を集めました。

生稲晃子さんは選挙が始まって早々に当選確実のラインにいることが報じられています。

自民党の看板と知名度で言えば誰も驚かない結果ではあるのですが、やはりもういい加減タレント議員はやめようという声もネットには多く聞かれます。

生稲晃子の選挙で無回答炎上の内容

そんな中、生稲さんの政策アンケートが大炎上してしまいました。

アンケートの内容は「対露制裁」「日中関係」「防衛費」「敵基地攻撃」など今の世界情勢の中で非常に重要な項目がいくつもあったのですが、生稲さんの回答は「憲法改正」に対して賛成という一個だけの回答。

これにはツイッター民がさすがに怒りました。

その後生稲さんは謝罪し、回答をあげたのですがこれがまた「どちらとも言えない」というものがあったりで彼女を叩く流れは止みそうにありません。

出馬会見で発言した「おニャン子クラブの名前を汚さないように頑張って当選したい」 という言葉が再度やり玉にあがったり、当確ラインにいるとはいえ大丈夫かニッポン?、東京都民正気か?という声が後を絶ちません。

芸能人の人気を利用した選挙戦略は今に始まったことではありませんが、世界が激変していく中で今までのやり方にうんざりしている人が多数いるのも事実。

自民党が従来通り圧勝する形で終われば、本当に日本は終わってしまうかもと危機感を抱く人も少なくありません。

生稲晃子さん本人が悪いということではないのですが、出馬したからには責任をもって働いてほしいものです。

ツイッターでは「#生稲晃子に投票する意味が分からない」ハッシュタグで落選運動まで起きています。

当初の当確ラインがこの流れで変わっていくのかも注意してみていきたいところです。

【口コミ】レゾナンス(バーチャルオフィス)の評判は?料金や使い方などまとめてみた

 

-エンタメ, トレンド

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5