副業 生活

TikTokでバズる方法まとめ10選プラス!バズらせるヒント集めました

TikTok

 

若い世代を中心に絶大な人気を集めるTikTok。「どうやったらバズるんだろう?」「バズらせたいけどうまくいかない」と思っている人もいるのではないでしょうか?

 

ここでは、TikTokをバズらせる方法について解説していきたいと思います。

芸人さんもTikTokでバズる方法を勉強している時代です。

 

TikTokをバズらせるためのテクニック

TikTokは宣伝ツールとして今や企業も注目するツールに成長しています。

TikTokでバズらせるために運用を承る第三者がビジネスとして成り立つほどに成長しています。

年齢層が高いほど若い人の行動心理がわからず苦戦しやすのがTikTokですが、ポイントを抑えて地道に投稿していけばバズらせるのはそこまで難しいことではないかもしれません。

 

1.ターゲットを明確にする

より多くのユーザーに動画を視聴してもらうためには、ターゲットを明確にすることが重要です。

ターゲットがあやふやなまま作成すると、無難なのですが、特に誰かに刺さることなく終わってしまう恐れがあります。逆にターゲットを明確にしてその相手に刺さる動画を作成することができれば、再生回数が伸びます。

 

TikTokユーザーの年齢層は拡大しつつありますが、メインは10代~20代の若い世代です。その世代にウケる動画を作成するだけでなく、その中でも性別や属性を踏まえてターゲットを明確にすることが大切です。

 

2.冒頭にインパクトをつくる

TikTokは動画の冒頭で「続きも見てみよう」と思ってもらうことが肝心です。

ユーザーは冒頭で「面白くなさそう・・」と思うと、次の動画に移ってしまいます。そのため、開始1秒で相手を惹きつけられるような内容にすることが重要です。

起承転結で言えば起のみでも成立するのがTikTokで、それが強烈な起であればなおバズる可能性は高いとも言えると思います。

 

3.情報量の多い動画にする

情報量の多い動画とは、ユーザーが1回の再生では情報を把握しきれず、何度も再生してしまうような動画のことです。

例えば、画面の中にユーザーの興味を惹くものや思わずリアクションしたくなるようなものを入れておき、「これ何だ?」と思わせることに成功すれば繰り返し再生されます。

 

思わずツッコミたくなるようなものがあると、コメントしたくなりますよね?

恐らく動画を再生しながらコメントを記入する方が大半なのではないかと思いますので、情報量が多い動画を作成すればコメント率だけではなく再生維持率も上がります。

そうなれば、多くのおすすめ欄に載るようになります。

tictok情報

4.アルゴリズムに沿って投稿する

TikTokでは、動画の表示回数についてのアルゴリズムに下記の特徴があります。

・全ての動画におすすめに表示される回数が平等にある

・各動画に最低300~400回の視聴回数が保障されている

 

例えばYouTubeであれば、動画を検索しなければ出てこなかったり、フォロワー数が少ないとおすすめ動画に出てきません。しかし、TikTokは小さくグループ分けされている中から表示されるため、YouTubeよりも初心者がおすすめに載る確率が高いのです。

 

そして、最低回数は視聴されるため、その間に評価を得られれば更に視聴回数が増えることになります。そうなると、次のおすすめ動画に表示される可能性も高くなりますよね。

 

つまり、TikTokではフォロワー数関係なく、誰にでもバズるチャンスがあるということです。

誰にでもチャンスがあるのであれば、より多くおすすめに表示されるようにしたいですよね。

次に、その方法を解説します。

 

TikTokでは、下記の2点を加味しておすすめ欄に表示するか判断されています。

・いいね率+コメント率+シェア率

ユーザーが1本の動画にどれくらい反応しているか

・再生回数+再生維持率

ユーザーが途中でやめることなく最後まで動画を視聴しているか

 

TikTokはYouTubeと比べて動画の尺が短いため、再生回数×再生維持率では動画の評価がしづらいという特徴があります。そのため、いいね率・コメント率・シェア率が重要なポイントとなります。

 

5.投稿時間と曜日を選定する

アクティブユーザーが多い時間帯・曜日に投稿することも重要です。

 

バズりやすい時間帯は下記です。

・7時~9時(朝の通勤・通学)

・17時~21時(学校や会社からの帰宅途中や帰宅後)

・22時~23時(就寝前に携帯を触る時間)

 

バズっているTikTokerを見ると、17時~21時の間に投稿している方が多いですね。

 

また、アクティブユーザーが多い曜日順は下記の通りとなりますので、併せて意識してみてください。

土日>金>月>火>木>水

 

6.投稿時間を統一する

TikTokでは、投稿してから1時間以内に再生数が伸びない動画はその後も再生されないことが多いです。つまり、投稿してから1時間以内により多くのいいね・コメント・シェアを集める必要があるのです。

 

ユーザーである10代~20代は学生であることが多く、TikTokを利用する時間帯は平日であれば通学時間や昼休み、帰宅途中や就寝前と固定されている可能性が高いです。

 

過去に投稿を見てくれたユーザーは次の投稿にも反応してくれる傾向があるため、同じ時間に投稿することで過去の投稿に反応してくれたユーザーが再度視聴してくれる確率を高めることが出来るのです。

 

多く視聴されることで反応をもらいやすくなるため、結果的にバズりやすくなります。

 

7.トレンドを意識する

トレンドをキャッチすることも重要な要素の1つです。

 

TikTokのユーザーは若年層が多いため、トレンドが頻繁に変わります。

そのため、最新のトレンドに着いていけるようにしましょう。

 

また、多くのユーザーが検索するため、アプリ内で流行っている曲やフレーズを取り入れて動画を作成することで露出を増やせる可能性が高まります。

 

8.ハッシュタグを工夫する

検索にヒットしやすくなるため、トレンドや内容に関するハッシュタグを入れましょう。

ハッシュタグの数については4~6個くらい入れると良いと言われています。多すぎると動画の邪魔になりますし、見づらくなるのでたくさん入れ過ぎないよう注意が必要です。

 

また、トレンドの内容はすぐに変わってしまうため、出来るだけ早めに動画をアップしましょう。せっかくトレンドに合わせたハッシュタグをつけても、流行に乗り遅れてしまっては意味がありませんよね。

 

9.フォロワーを大切にする

フォロワーは固定客(≒固定再生回数)だと考えると、増やすことが出来ればおすすめ欄に自分の動画が表示される確率が高くなり、多く視聴されますよね。

 

フォロワーからのコメントやDMに返信し、積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。

「この人は返信してくれる人だ」という印象を与えると「また返信くれるかも」と思い継続的にコメントをくれる可能性があります。

 

最初はなかなかフォロワーが増えないこともあるかもしれませんが、だからといって投稿頻度が落ちるとこれまで視聴してくれていたフォロワーも離れていってしまいます。

すぐに結果が出なかったとしても、継続的にチャレンジしましょう。

 

10.バズりやすいジャンルの動画を投稿する

下記がバズりやすいジャンルです。参考にしてみてください。

・おすすめ、ランキング系

・赤ちゃんやペットなどの癒し系

・かわいい系、イケメン系

・おもしろネタ系

・ノウハウ系

・すごい特技披露系

 

ツイッター、ユーチューブでのTikTokの情報収集

TikTokでバズる基本のようなものを10個上にあげましたが、流行や手法は常に変化していきます。

バズった動画を真似していってもすぐに飽きられて、また違うものが流行っての繰り返しになります。

「TikTok バズる」「TikTok コツ」「TikTok 流行り」などTikTokと何かワードの組み合わせで検索をツイッターやユーチューブで直接かけて、常に情報をアップデートしていくことが重要になってくると思います。

使う音楽はかなりTikTokで 重要になってきます。

まずはどんどん人のものを真似することからスタートで問題ないと思います。

TikTokのノウハウに特化したアカウントをフォローしていくのはマストです。

ユーチューブの動画ももちろん有益です。

二倍速にしていろんな人の動画を短時間でマスターしていくと効率的です。

 

 

ということでここまで、TikTokをバズらせる方法について解説してきました。

ユーザー目線で動画を作成することが重要になるため、フォロワーとも真摯に向き合いながら実践してバズった時の興奮を手にいれてください。

 

TikTokで稼げるの?収益化の方法を具体的に解説、投げ銭はTikTokの救世主になるのか?

-副業, 生活

© 2022 ザッタポ Powered by AFFINGER5